スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
不用意な英語を子どもの日常に取り込まない!?

最近の英語育児で心がけていることがあります。

それは、むやみに英語での語りかけをしないこと。

日ごろ娘と過ごす時間が限られたワーキングマザーにとって、いかに英語時間を確保するかということは、永遠の課題です。特に現在までの接触時間も、まだ600〜700時間程度にしか満たない我が家において、まず不足しているのがこの接触時間。量より質を考慮したとしても、圧倒的に不足していることには、変わりありません。

だとしたら、なおさら、接触量と言う意味でも、手っ取り早い語りかけで時間を稼ぎたいところですが、以前にも書いた通り、英語のスイッチが入っていない娘に語りかけても、返ってくるのは、日本語のみ。そして、英語による質問と、日本語による返答のパターンが定着してしまうと、ここを脱却することが、どんどん難しくなることを感じています。

自分自身に置き換えてみても、日英バイリンガルの友人たちに英語で話しかけられると、つい日本語で返答してしまうことがあります。どちらの言語でも意思疎通ができるならば、自分にとってもラクな方を無意識にも選択してしまっているようです。

親子英語のやり直しを決めるまで、英語による語りかけはなくなりつつあった我が家ですが、それでも一時は試みた時期もありました。しかし、何を言っても日本語で返ってくる、このパターンを変えることはできませんでした。なぜなら、娘の日本語による返答に、さらに母がボールを投げ返してしまっていたから。当然キャッチボールは続きます。

「言語は強制できない」と言うTESOL専門の友人の言葉を受け、一番の話し相手であるはずの母と娘の会話を、娘にその気がない以上は、無理やり英語にすることは出来ませんでした。それよりも、たとえ日本語で返事が返ってきても、英語を理解していることを喜ぶべきだと自分に言い聞かせてきました。

でも、英会話教室で見せる娘の楽しくなさそうな姿。言いたいことが言えずに、もどかしい時間ばかりが続く現実。一体、娘にとって何が本当に必要なのか。英語を続ける選択をした以上、やはり上達していることを感じることが出来なければ、モチベーションを保つことは難しいでしょう。

だったら、親子の日常会話を英語に変えるのではなく、親子で英語を学ぶ時間を設けよう!そんな、試みがスタートしました。こう時間を区切ることで、娘の日常は何も変化をしないまま、英語時間が少し加わっただけのこととして、上手く捉えられているようです。

だからこそ、Yuzyの日常の中には不用意な英語な取り込むべきではなく、今の段階では、英語はスクールのレッスン、ママとの英語時間、プレイデートの時など。きちんと場面設定することが効果的だと感じています。この設定があって、初めて娘の英語スイッチが入るようです。

「前は英語がつまらなかったけど、最近は英語が楽しくなってきたよ。少しだけ話せるようになったから、楽しくなってきたんじゃない?」

と、5歳の自己分析(笑)。

うん、大正解(*´v`)

満足感を感じることで、楽しさを味わうこともできる。
そんな段階に、ちょっぴり来ているようです。

上手くいかない時は、たいてい母の勝手な思い込みが原因であることが往々にしてある我が家^^;もう少し柔軟な思考が持てれば、もう少し違った道もあったのかもしれません。プリスクールという近道に見えたかの選択肢からスタートした我が家の親子英語。けれども、これほど遠回りをしている今を考えると、やっぱり語学に王道はなし!なのだと、ついつい感じてしまいます。

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらもゆるやかに更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
 スピーキング | コメント(6) | トラックバック(0)
「手」に関するテーマ学習で気づいた動詞の大切さ!?

約2ヶ月ほど前からスタートしたコースブック"Let's Go"シリーズ。全7レベルに分かれるシリーズですが、やっとスターターレベルが修了します。英語に初めて触れるお子さん向けに作られているスターターレベルでは、少し物足りない部分もあったので、その都度肉付けしながら進めてきました。

Let's Go: Fourth Edition Let's Begin Student Book with Audio CD Pack
Let's Go: Fourth Edition Let's Begin Student Book with Audio CD Pack

この日のテーマは"My Body"。基本的な体の名称を学習します。ここから、もう少し発展させてみようと、試みたのは「手」について。

モンテッソーリの言葉を借りれば"The hands are the instruments of man's intelligence."教育者であると共に医師でもあったモンテッソーリは、「手と精神の関係」について深い考察を示しています。

親子英語が低空飛行になっている間、我が家が注力してきたことといえば「手を育てること」^^;姉妹ブログの方でも記録していますが、今までも手について考える機会を度々持ってきました。

今回は初めての英語版「手」のテーマ学習です^^

【テーマ】
hands(手)

【準備したもの】
⚫︎ 手を使う動作の語彙
⚫︎ 指の名称のプリント
⚫︎ クラフト用の画用紙、糊、色鉛筆 

IMG_3880.jpg

【導入】
右手、左手、腕、指、手のひら、爪などの語彙の確認から始めました。

Let's talk about things we do with our hands! 手を使ってできることを促してみると、予想以上に色々な単語が出てきました。あらかじめ、"shake hands, wave, clap, pat back, hold things..."などリストは用意していたものの、日頃手を使ったおしごとが多いせいか、"sweep, pour, trace”と言った単語なども登場。けれども、動作自体は思いついても、なんと言えば良いのか分からない"sew, spoon, sort"などといった語彙もありました。

【アクティビティー1】
それぞれの指の役割を探るために、まずは親指を隠して、物が取れるか試してみました。ビックリするほど上手く取れなくて、大爆笑のYuzy。日ごろ当たり前のように使っている5本の指ですが、1本でも欠けると急に不自由になることを理解したようでした^^

【アクティビティー2】
この日のメイン「手を作ろう!」のアクティビティー。まずは、画用紙に自分の手の形をなぞっていきます。
IMG_3877.jpg

そして、なぞり終えたら、切り取って、画用紙に貼り付けます。正誤表の役割をしている指の名称のプリントを見ながら、それぞれの名称を書き入れます。今まで聞く機会はあっても、なかなか定着していなかったため、良い機会となりました。
IMG_3879.jpg

彼女のハイライトはここ。今日は普段塗ることの出来ないマニキュアを塗っちゃいます!
IMG_3881.jpg

左手は英語、右手は日本語になりました^^;
IMG_3882.jpg


時間切れで結局この日はこれで終了。一見、ただのクラフト時間のようですが、"Pinky...!? What color should I paint?"などの独り言で、だいぶ定着した様子^^

ただ親子英語の観点から言うと、今回の収穫は「動詞」!!日頃何気なく行っている動作が、案外まだまだ知らない言い方があるということに気付いたこと。そして思った以上に知っている言葉も多かったこと。小さい頃から、名詞は比較的触れる機会が多くても、案外なおざりにされていたのが動詞。けれども、動詞を知らないから、単語だけで答えるしかなく、なかなかセンテンスで答えることができない。そんなパターンが見えてきました。

「手」に関するアクティビティーは次回にまた続きます^^;

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらもゆるやかに更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
 テーマ学習 | コメント(0) | トラックバック(0)
英語という敷居が低くなる瞬間!?

毎晩、細々とママと娘の"English Time"を続けています。と言っても、時間がなくお風呂の時間だけになってしまったり、就寝前の読み聞かせ時間だけになってしまったりすることも、しばしば。時間的には非常に限られているものの、今まで何を言っても日本語でしか返って来なかったのが、英語のスイッチを入れようと努力し始めただけでも、万々歳のママ(≧∇≦)

でも、どう言って良いかわからないと、なぜか小声で日本語で伝えてきたり、黒板に書き始めたり(もちろん日本語で!)、密談のような手段を駆使してきます^^;

娘との英語時間、ママが最も興味があるのは、娘の話す英語そのものよりも、いつ英語のスイッチが入るのかということ。英語時間だから、なんとか英語で試みようと頑張っていることも多い娘。本来であれば、日本語を使いたいのでしょうが、ここは5歳児なりの理性と言うか意地と言うか、頑張って自分を奮い立たせようとしています。

でも、唯一そんな努力を伴わなくても、英語が自然に出るときがあります。それは「感情を伴ったとき」。正確には、「プラスの感情を伴ったとき」。もっと言ってしまえば、笑いが付随しているとき(笑)。

ボケ担当ママと、ツッコミ担当Yuzyの役割分担が十分に発揮されているとき、鎧を身にまとっていた難しい英語が、急に敷居が低くなる瞬間のようです。"Mommy say....I say..."などと三単元のSもなければ、時制もない(笑)。とにかく言いたいことが次々と浮かんできて、全く考えずに口から出てきたものを発している。

でも、これがママが長い間待ち望んだ英語の形である気がします。もしかしたら親にしか分からないかもしれないけど、でも言いたいことは分かる。そんなレベル。

変なところが完璧主義の娘には、「間違った英語」を話すことが、とてもハードルが高いようでした。でも、これは実際母も同じだなぁと最近感じます。度胸だけで過ごした若かりし頃とは違い、今ではミーティングなどでは意見を言うことを臆してしまう自分がいたりします。聞き返されたりすると、「あっ、ごめんなさい。」と思ってしまうタイプ(笑)。

親子でそんなだからこそ、娘の殻を破れなかった苦しさが痛いほど分かるのです^^;

だからこそ、笑いが必須の我が家の親子英語!!
伝えたいことが溢れ出るそんな時間を目指して、今日も一歩一歩いきたいと思います。

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらもゆるやかに更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
 スピーキング | コメント(0) | トラックバック(0)
一手間加えたテーマ学習がやっぱり楽しい!?

先日、帰国子女保持教室で序数詞の宿題が出ました。少し前までは日本語でも、「8日(ようか)」や「9日(ここのか)」はさっと出ず、ついつい「8日(はちにち)」や「9日(きゅうにち)」などと出てしまう。英語なら、なおさら正しく言えるはずもなく(^◇^;)ただ無機質に覚えるのではつまらないので、今回は時間を軸にした取り組みを行ってみました。

単調になりがちな宿題をどうしたら楽しいものへと変えていくことができるか。そもそも幼児に宿題が必要なのか。以前より、これはママにとっての永遠のテーマだったりします^^;そんなことを考えるうちに辿り着いたのは、やっぱりテーマ学習!目で見て、手で触れて、時には匂いも嗅いだりして、そんな五感をフルに使った学習は、娘が最も楽しみにしている取り組みです。

この日のテーマは「時」。今を生きる子どもたちにとって、過去や未来を理解することは、なかなか難しいこと。けれども、5歳になり、こういった時間的概念は以前よりも確実にクリアーになってきた気がします。

モンテッソーリ教育がベースにある我が家では、こういった取り組みの際の流れは、常に大から小へ。1年は12ヶ月からなることを理解した後で、1ヶ月は31日、1週間は7日、1日は朝昼晩といった流れに沿って進めてみました。

【テーマ】
Time(時)

【準備したもの】
⚫︎ 月、曜日、朝昼晩のカードと説明文
⚫︎ 序数詞
⚫︎ ブランクのカレンダー
⚫︎ 画用紙で作成した太陽
⚫︎ 地球儀

IMG_3829-2.jpg

【導入】
12ヶ月の名称を確認するために、地球は1年かけて、太陽の周りを回っているお話からスタート!まずは、幾何タンスという教具にて黄色の画用紙に円を書き、太陽を作ります。

IMG_3830.jpg

PACON CONSTRUCTION PEPER アシッドフリー工作用紙12色 648枚入り (12色の色画用紙)
PACON CONSTRUCTION PEPER アシッドフリー工作用紙12色 648枚入り (12色の色画用紙)

12ヶ月のカードを適当に散りばめ、時計の12時のポジションに1月、1時のポジションに2月と順に12ヶ月分置いていってもらいます。「January, February・・・」などと歌を歌いながら該当するカードを取っていく娘^^長い単語でも、日頃見慣れている綴りは、幼児にもわかりやすいようです。

“These are the names of the months in one year. There are 12 months in one year and it takes one year for our planet Earth to circle the Sun.” (これがそれぞれの月の名前。地球は1年かけて太陽の周りを回っているんだね。)そんな言葉に合わせて、地球儀を転がす5歳児(笑)。常に具体物が必要な我が家です^^

IMG_3831.jpg

<ボーネルンド> ミニ地球儀 (ボーネルンドロゴ入り)
<ボーネルンド> ミニ地球儀 (ボーネルンドロゴ入り)

【アクティビティー1】
1年は12ヶ月で構成されていることを再確認したら、お次は1週間。もちろん"Sunday, Monday..."という順序は理解していても、案外間違いやすいのが"Tuesday"と"Thursday"。ママの中学生時代も英語のテストで逆に書いてしまった経験があります^^;

けれども間違いを大人が指摘しないモンテッソーリ教育では、「自己訂正」と呼ばれる自分で間違いに気づけるような工夫がしてあります。それが、コントロールチャートと呼ばれる正誤表です。自分で順に並べた後、確認をしていきます。

IMG_3835.jpg

【アクティビティー2】
次に娘が楽しんでいるのはカレンダー作り!曜日だけが書かれているシンプルすぎるカレンダーですが、ここに数字を書き入れ、予定を書き入れていくのは、書く敏感期にいる子どもにはすごく楽しいようです^^

IMG_3832.jpg

【アクティビティー3】
カレンダーが完成したら、もちろん日にちも読めるようになりたいもの。お友達と出かける日、英語のレッスンに行く日、幼稚園のイベントの日など、日にちを一緒に確認していきました。

IMG_3833.jpg

【アクティビティー4】
1年と1週間の構成を理解した後は、過去・未来へと行ってみましょう(笑)。以前も記事にしたこちらの書籍で知ったことですが、「先月」「今月」「来月」、「昨日」「今日」「明日」といった概念を問うものは英検などでも出題されるのだとか^ ^

知力も伸びる英語脳の育て方-3歳で英検5級に合格できた!-CD付き
知力も伸びる英語脳の育て方-3歳で英検5級に合格できた!-CD付き

モンテッソーリの活動でもこのような時間の流れを意識する取り組みはよく見られます。

IMG_3834.jpg

IMG_3836.jpg

【アクティビティー5】
時間の流れが確認できたら、お次は1日を朝・昼・晩に分けて、絵カード合わせ(写真と単語を合わせる活動)を行いました。

IMG_3837.jpg

この辺りは5歳ともなれば簡単なため、ここからが正念場(笑)。モンテッソーリ教師養成講座で使用した説明文を利用してのクイズ大会。

"We take off the clothes we slept in and change into clothes that we will wear during the day."(寝ていた服を脱ぎ、日中着る服に着替え・・・)なんて来ると、元気よく"morning!"のお答え。子どもってこういうクイズ大会大好きですよね〜^^

IMG_3838.jpg


ここから、時計の読み方や、生まれてからのタイムラインなど、色々と発展させたいことはありますが、やはり現在の彼女の英語力を見ると、そういった活動は今後のお楽しみ。発話を引き出すような活動は、やはりLet's Goなどのコースブックを使用したパターンプラクティスの方が、我が家には有効で、このようなテーマ活動は、あくまでもお楽しみの位置付け。

・・・でも、やってて楽しいからついつい背伸びしたくなる親子です(笑)。

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらもゆるやかに更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
 テーマ学習 | コメント(2) | トラックバック(0)

親子英語の難しさ

2015/11/08 Sun 20:22

母語の取り組みの後に感じた外国語の難しさ

過去にも似たような記事を何度もアップしているような気がします。きっと、その都度、「難しさ」を感じては、ここで綴ってみるという似たようなことを繰り返しているからなのでしょう^^;

この週末は、久しぶりに母語によるモンテッソーリ活動をじっくりと取り組んでみました。モンテッソーリ活動一本だった頃は、とにかく上手くいかない部分が多く、常に焦燥感でいっぱいだったママですが、こうして英語に日々向き合った後に、母語による取り組みをしてみると、なんて簡単なんだろう・・・母語があるって素晴らしい!ついつい、感じてしまいます。

それに比べての親子英語。やっぱり、難しいと感じます。母も子も外国語という言語に向き合うこの時間。不自由さは否めません。でも、以前よりも継続してできるようになってきた理由は、娘の年齢的な成長があるからだと思います。

どう考えても、日常で英語という言語は必要のない娘。どうして英語を学ばなければならないのか。そんなことが全く理解できず、日本語でしか何を言っても返ってこなかったあの頃と比べ、なんとなく英語を学び続けていく理由が5歳になりに理解し始めたようです。そして、もう一つ理解しているのは、英語はママにとっても難しいということ。でも敢えて二人で頑張ることに意義があることを理解してくれているような態度を示すことがあります。

この難しさをどう打破してくのか・・・。それは、「楽しさ」を見出すこと以外にないと思います。先日のプレイデートを思い返しても、娘があれほど楽しめたのは、遊ぶ相手がアメリカ人のお友達だったからではなく、トランポリン、クラフト、ピザ作りなどのコンテンツがすべて大好きなものだったから^^;英語を話すお友達!ということでドキドキしてしまったのは親の方で、子どもは言語など全く関係なく、楽しい時間を一緒に過ごしたお友達がたまたまアメリカ人だったという感覚なのでしょう。

やっぱり我が家にとっては、「楽しいことプラスα英語」くらいのスタンスの方が上手くいくのかもしれません。そう考えると、どこか相反すると思っていた「母語の活動」「英語の活動」といった言語の境界線はそれほどきっちり引く必要はなく、まず第一に考えたいのは娘の興味のあるコンテンツ。

英語そのものをどう身につけるかに注力するよりも、やっぱり娘観察の方が我が家には大事な気がする今日この頃。しっかり目を見開いて観察したいと思います^^;

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらもゆるやかに更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
◆ バイリンガル育児 | コメント(0) | トラックバック(0)
« Prev | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。