スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
児童英語教師トレーニングワークショップで感じたこと

OUP Training

昨日は、Yuzyをパパに預け、IIEC-Oxford University Press児童英語教師トレーニングのワークショップに参加してきました。朝から夕方までかなりIntensiveな1日でした。

メイン講師は、世界的に有名な英語教材Let's Go共著者の仲田利津子先生。気さくに色々と話しかけてくださり、ワークショップでも冗談を交えながらも、でもとっても内容の濃い有益な時間でした。

今回このワークショップを参加して、一番考えさせられたのは、仲田先生のおっしゃったこの事実。

週1回の英語教室(1時間)では、一ヶ月で4時間。
年間にすると48時間。
48時間とは、たったの2日分にしかならない。


仲田先生の意図は、英語教師に向けてのワークショップなので、この限られた時間で、どれだけ効率よく教えることができるか・・・というものでしたが、親の立場で考えると、いかに家庭での取り組みが重要になってくるかということを痛感させられたひと言でした。

そうやって考えると、家庭で出来ることと、英語教師というプロからでないと学べないこと、きちんと分けて子どもへのレッスンプランを考える必要があると思いました。また、英語圏の子どもたちが学ぶ方法だけを真似していれば、同じように英語力が付くのかというと、やはり答えはNO。日本で暮らす、英語を母国語としない子どもたちへの指導は、やはりそれなりのアレンジが必要だと実感。

現在Yuzyママが具体的に取り組んでいるものとしては、英語圏のキンダー、小学校のカリキュラムのチェックです。どのような教材で、どのようなことを、どういったペースで学んでいるのか・・・。実際には、ネットだけでは情報が限られているので、ネイティブの知り合いにアドバイスをもらったり、英語を教えている友人たちに話を聞いたりと、周りに助けられながらの作業^^;こういったリサーチを繰り返すことで、今後のおうち英語は、どの部分を取り入れ、どの部分をアレンジしなければならないのか・・・そんなことを少しずつ見極めながら、試行錯誤したいと思います。

でも、やっぱり一番の大きな情報源は、ブログ村 親子英語に登録されているブログの数々!ここには貴重な情報源が満載です。多くの方のブログを参考にしながら、我が家も一歩一歩、歩いていきたいと思います^^

こんなつぶやきに今日もお付き合いいただき、ありがとうございます♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
◆ バイリンガル育児 | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
No title
たったの2日?!
計算したことなかったけど本当に少ないですね^^;
それで喋れるようになるわけないですね(苦笑)

面白そうなワークショップ!
良い刺激がいっぱいありそうです☆
No title
ほんと、週1回教室に通っても話せるように
なるには何年かかるんでしょう・・・
よく2000時間必要だっていいますもんね。
うちも日々英語が聞こえる環境だけは
頑張って作っているけど
話せるようになるアプローチはまだまだ
いろんな工夫がいるんだろうな。
私も時間ができたらワークショップとか
参加してみたいです♪
Re: No title
Carriexxxさん、

ビックリですよね。
私も最初、聞き間違いかと思いました!
確かに、日本にいたら、親が与えてあげない限り、そういった環境なんですよね。
でも、その点Carriexxxさんは、本当に英語だけでなく、そろばん等も含めバランスよくyunちゃんを引っ張っていかれていて、素晴らしいです。

ワークショップ、刺激がたくさんありました!残りあと4回あるので、また何か感じたことは記事にしたいと思います。いつもお付き合い、ありがとうございます。
Re: No title
maomaoさん、

本当に1週間に1時間のペースだと、2000時間に到達するまでにどれくらいかかるのでしょう・・・。幼児が大の大人になっちゃいますね(笑)。

maomaoさんのお家が実践されている絵本のある子育て・・・。とても参考になります。我が家も、Yuzyが自力読みできるくらいにまで、ママもなんとかサポート頑張りたいと思っています。

ワークショップ楽しかったですよ。案外、フィリピンの方の受講者が多いのにビックリしました!最近、オンライン英会話でもフィリピンの方は人気ですよね。また、ワークショップの感想など、書き留めたいと思いますので、良かったら覗きにいらっしゃってください。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。