スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
楽しいボール遊び!!

51H8C6Mt3xL__SL500_AA300_.jpg

Stage 1 Biff and Chip Stories [Wordless Stories]
LLY: 0.5 to 0.5 | LL: 0.5 | YL: 0.0 to 0.0
総語数:3
Decodable Words: -
Tricky Words: [the] [swing] [ball]
NC level: Towards 1
Bookband level: Pink

庭でボール遊びをするChipとBiff。何の遊びをしてもボールを壊したり、シャトルを屋根の上にあげてしまったりする子どもたちを見て、お父さんがとった対策とは?(多読多聴ステーションより)

Yuzyママのやり直し注目表現

have a go
⇒ 「やってみる」という意味のこの表現。ORTの色々な場面で出くわす表現のようですね。

ex) We want to have a go.


Yuzyママのやり直し英単語

□ shuttlecock:(バトミントンの)羽根
□ cricket:《スポーツ》クリケット
□ groan:不平を言う
□ gasp:〔+引用〕〈…と〉あえぎながら言う
□ shed:車庫、倉庫
□ puncture :パンクさせる
□ thorn:トゲ
□ whack:強打
□ whiz:風を切って飛ぶ
□ corkscrew:〔ワインなどのボトルの〕コルク栓抜き、コルク・スクリュー


Yuzyママのやり直し英語表現

□ You go, first:あなたが先どうぞ。
□ have a go:やってみる
□ How on earth :一体どうやったら


Yuzyママの取り入れたいActivity
それぞれの解説書にはActivityのヒントがいっぱい!ママがYuzyがもう少し大きくなったら、一緒にやってみたいActivityを取り上げてみました。

Throw and Catch Game
→ 風船やボールなど、投げるときには"Throw"、取るときには"Catch"といいながら、投げあいをする。また、ボールを取ったら、色の名前を英語で言ってみるなど、応用も可能^^


Yuzyママの一言メモ

今回「Yuzyママのやり直し注目表現」で取り上げた"have a go"という表現。いかにもイギリス英語という感じがして、アメリカ人の上司に聞いてみたところ、やはりアメリカではあまり使わないという答えでした。では、代わりにアメリカではなんと言うのかというと、"try"(笑)。"I want to have a go"は、"I want to try."と、これなら納得!というお答えでした^^

このBritish EnglishとAmerican English、とっても悩むところです。おうち英語をされている方たちは、皆さんどちらか一方と決めているのでしょうか・・・?学校英語となると、やはりAmerican Englishをベースにしておいた方が無難だとは思うのですが、ORTのような魅力的な教材がイギリスにはたくさんあるようですし。正直、Yuzyには両方知っておいてもらいたいというのが今のYuzyママの希望です。といっても、自分自身がイギリス英語に全く慣れ親しんでいないので、辞書をせっせと引きながら、自分がまず勉強・・・という状態が続いているのですが(汗)。

ORTを全巻読破(するつもり?)の頃には、少しはイギリス英語が身についているでしょうか・・・。そんなことを楽しみにしながら、今日も一歩一歩いきたいと思います^^

こんなつぶやきに今日もお付き合いいただき、ありがとうございます♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
 ORTで始めるママのやり直し英語 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。