スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
時間的な余裕と気持ち的な余裕!?

細々と続けていた母と娘の「ままえいご」の時間ですが、最近はこれがどうも押しやられ気味になっています(汗)。

その分、何を行っているかと言うと、メインはひらがな練習。一通りマスターした後は、お友達とお手紙交換をしたり、文字を積極的に書くような場面も多かったのですが、最近はこれが「修行」へと変わりつつあります(笑)。今まで好きに書いていた遊びの字ではなく、本人もキレイに書けるようになりたい様子。ひたすら、砂文字板と呼ばれるモンテッソーリの教具をなぞりながら、ノートへと書いていく時間。そんな修行のように見える時間ですが、娘には案外快適な時間のようです。
121815_1 (1)

そして最近、書く敏感期にいる彼女にとって、英語も書きたい!という欲が渦巻いてきたようです。英語の先生へお手紙を書いたり、5歳児なりの作詞をしてみたり、書く場面は様々。ライティングは小学校高学年くらいで良いと思っているため、もちろんスペルを直したりすることはなく、自由に創作活動を楽しんでいます。

最近は、お教室で学んできたことを、まとめる作業が彼女の中でブームの様子。字だけではつまらないので、絵も載せて自分なりに得た知識を整理しているようです。決して「ままえいご」というくくりの時間でなくても、遊びの延長で出来ているこれらの作業は、娘には必要な時間なのだと感じています。
121815_1 (3)

・・・ということで、我が家の最近の親子英語は、お風呂時間のみ(´・_・`)
けど、ここで年中の娘を"Grade1"の設定にすると、お姉さんぶって、驚くほど「出来るふり」をしてくれるから面白いです。案外、英語を引き出すのに役立っています。

来週からは家族3人とも休みに入る我が家。お友達とのお出かけやクリスマス会、小旅行、帰省など、取り組みの時間がどこに持てるのか分からない状態ではありますが、最近は時間的な余裕よりも、気持ち的な余裕の方が大事だと感じています。気持ちに余裕があると、お風呂や読み聞かせといった、日常の隙間時間の中でも、案外実りある英語時間だったりすると気付き始めました。

自由遊びの中で、英語が入ってきたのは、もしかすると娘にとっても英語が少し前とは違った存在になってきたのかもしれません。・・・と、希望的観測を述べてみるママでした(笑)。

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらもゆるやかに更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
◆ バイリンガル育児 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。