スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
母語の対話の重要性を感じ始めた日

一つ前の記事で「親子英語観が一変した日」と書きましたが、あの日以来、我が家の読み聞かせ時間に少し変化が出てきています。

この日、娘が選んだのはこちらの1冊。

The Paperboy
The Paperboy

新聞配達をする少年の朝の光景。日々寒さが増してくるこの季節、布団から出るのが辛い中、これを読むと、急に今日も1日頑張ろうと思える不思議な力を与えてくれる1冊です。
IMG_4064.jpg

娘は体験したこともない、早朝という時間。まだ世界が眠っている中で、男の子は新聞を心待ちにしている人たちに、一生懸命と運びます。
IMG_4065.jpg

きっとこんな空を見ることが出来るのも、新聞配達をしているからこそ。新聞配達という仕事の醍醐味は、こんなところにもあるのかもしれません。
IMG_4066.jpg

今まで何度も再読している本ですが、どうしても今の娘の英語力を考えると、せいぜい出来ることと言えば、絵本の中の描写に関する質問であったり、確認であったり。なかなかそれ以上に話が広がらないのが、悩みでした。

前回の個人面談の際に、そんな悩みを打ち明けると、先生は「親子の対話は日本語でもいいんじゃないですか。」と一言。洋書を読み聞かせる際の、日本語の混用は、どこかタブーだと思っていたママ。実際に、言語学者の先生にお話を伺っても、「日本語が入ってしまうと、英語のリズムが崩れてしまう。」とアドバイスを頂いたこともありました。

でもこの日。英語による読み聞かせ時間が終了し、ふとこの本の話題を日本語でしてみると、娘から次から次へと疑問が湧き上がりました(笑)。

「どうして朝なのに、こんなに暗いの?」
「じぃじが、夜新聞を読んでるのを見たことがあるけど、これはいつ配達されるの?」
「新聞ってどうやって作られるの?」

などなど。
なかなか、英語では出てこない質問です。
そしてこんな日本語の対話には、パパも加わります(笑)。

「パパのお父さんはね、大学時代、新聞奨学生だったんだよ。」
「しんぶんしょうがくせいってなに?」

初めて「奨学金」というものを知った5歳児。完全に理解しているとは到底思えませんが、それでも日本語の対話により、以前よりもこの絵本を深く理解できたのは確かなようです。

読み聞かせ時間の後、こんな対話時間を母語で行うことも実はとても大事なのではないかと悟ったママ。洋書にも素晴らしい素材は多く、いづれ英語で会話が膨らませることが出来たらそれは理想ですが、今は娘の好奇心を満たす意味でも「理解力」に焦点を置くことも重要なのではないかと感じ始めています。前回記事にした「行間を読み取る力」という点においても、この部分は、英語という言語の問題だけではなく、思考そのものに繋がる部分のため、我が家の言語環境において言えば、母語を育てることを今まで以上に意識していきたいと思います。

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらもゆるやかに更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
 リーディング | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。