スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
一手間加えたテーマ学習がやっぱり楽しい!?

先日、帰国子女保持教室で序数詞の宿題が出ました。少し前までは日本語でも、「8日(ようか)」や「9日(ここのか)」はさっと出ず、ついつい「8日(はちにち)」や「9日(きゅうにち)」などと出てしまう。英語なら、なおさら正しく言えるはずもなく(^◇^;)ただ無機質に覚えるのではつまらないので、今回は時間を軸にした取り組みを行ってみました。

単調になりがちな宿題をどうしたら楽しいものへと変えていくことができるか。そもそも幼児に宿題が必要なのか。以前より、これはママにとっての永遠のテーマだったりします^^;そんなことを考えるうちに辿り着いたのは、やっぱりテーマ学習!目で見て、手で触れて、時には匂いも嗅いだりして、そんな五感をフルに使った学習は、娘が最も楽しみにしている取り組みです。

この日のテーマは「時」。今を生きる子どもたちにとって、過去や未来を理解することは、なかなか難しいこと。けれども、5歳になり、こういった時間的概念は以前よりも確実にクリアーになってきた気がします。

モンテッソーリ教育がベースにある我が家では、こういった取り組みの際の流れは、常に大から小へ。1年は12ヶ月からなることを理解した後で、1ヶ月は31日、1週間は7日、1日は朝昼晩といった流れに沿って進めてみました。

【テーマ】
Time(時)

【準備したもの】
⚫︎ 月、曜日、朝昼晩のカードと説明文
⚫︎ 序数詞
⚫︎ ブランクのカレンダー
⚫︎ 画用紙で作成した太陽
⚫︎ 地球儀

IMG_3829-2.jpg

【導入】
12ヶ月の名称を確認するために、地球は1年かけて、太陽の周りを回っているお話からスタート!まずは、幾何タンスという教具にて黄色の画用紙に円を書き、太陽を作ります。

IMG_3830.jpg

PACON CONSTRUCTION PEPER アシッドフリー工作用紙12色 648枚入り (12色の色画用紙)
PACON CONSTRUCTION PEPER アシッドフリー工作用紙12色 648枚入り (12色の色画用紙)

12ヶ月のカードを適当に散りばめ、時計の12時のポジションに1月、1時のポジションに2月と順に12ヶ月分置いていってもらいます。「January, February・・・」などと歌を歌いながら該当するカードを取っていく娘^^長い単語でも、日頃見慣れている綴りは、幼児にもわかりやすいようです。

“These are the names of the months in one year. There are 12 months in one year and it takes one year for our planet Earth to circle the Sun.” (これがそれぞれの月の名前。地球は1年かけて太陽の周りを回っているんだね。)そんな言葉に合わせて、地球儀を転がす5歳児(笑)。常に具体物が必要な我が家です^^

IMG_3831.jpg

<ボーネルンド> ミニ地球儀 (ボーネルンドロゴ入り)
<ボーネルンド> ミニ地球儀 (ボーネルンドロゴ入り)

【アクティビティー1】
1年は12ヶ月で構成されていることを再確認したら、お次は1週間。もちろん"Sunday, Monday..."という順序は理解していても、案外間違いやすいのが"Tuesday"と"Thursday"。ママの中学生時代も英語のテストで逆に書いてしまった経験があります^^;

けれども間違いを大人が指摘しないモンテッソーリ教育では、「自己訂正」と呼ばれる自分で間違いに気づけるような工夫がしてあります。それが、コントロールチャートと呼ばれる正誤表です。自分で順に並べた後、確認をしていきます。

IMG_3835.jpg

【アクティビティー2】
次に娘が楽しんでいるのはカレンダー作り!曜日だけが書かれているシンプルすぎるカレンダーですが、ここに数字を書き入れ、予定を書き入れていくのは、書く敏感期にいる子どもにはすごく楽しいようです^^

IMG_3832.jpg

【アクティビティー3】
カレンダーが完成したら、もちろん日にちも読めるようになりたいもの。お友達と出かける日、英語のレッスンに行く日、幼稚園のイベントの日など、日にちを一緒に確認していきました。

IMG_3833.jpg

【アクティビティー4】
1年と1週間の構成を理解した後は、過去・未来へと行ってみましょう(笑)。以前も記事にしたこちらの書籍で知ったことですが、「先月」「今月」「来月」、「昨日」「今日」「明日」といった概念を問うものは英検などでも出題されるのだとか^ ^

知力も伸びる英語脳の育て方-3歳で英検5級に合格できた!-CD付き
知力も伸びる英語脳の育て方-3歳で英検5級に合格できた!-CD付き

モンテッソーリの活動でもこのような時間の流れを意識する取り組みはよく見られます。

IMG_3834.jpg

IMG_3836.jpg

【アクティビティー5】
時間の流れが確認できたら、お次は1日を朝・昼・晩に分けて、絵カード合わせ(写真と単語を合わせる活動)を行いました。

IMG_3837.jpg

この辺りは5歳ともなれば簡単なため、ここからが正念場(笑)。モンテッソーリ教師養成講座で使用した説明文を利用してのクイズ大会。

"We take off the clothes we slept in and change into clothes that we will wear during the day."(寝ていた服を脱ぎ、日中着る服に着替え・・・)なんて来ると、元気よく"morning!"のお答え。子どもってこういうクイズ大会大好きですよね〜^^

IMG_3838.jpg


ここから、時計の読み方や、生まれてからのタイムラインなど、色々と発展させたいことはありますが、やはり現在の彼女の英語力を見ると、そういった活動は今後のお楽しみ。発話を引き出すような活動は、やはりLet's Goなどのコースブックを使用したパターンプラクティスの方が、我が家には有効で、このようなテーマ活動は、あくまでもお楽しみの位置付け。

・・・でも、やってて楽しいからついつい背伸びしたくなる親子です(笑)。

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらもゆるやかに更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
 テーマ学習 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
すっごく手厚い♡
テーマ学習の記事、いつも、「素敵だな~、楽しそう♡」と思いながら読んでます。

地球が太陽の周りを1年かけて1周するっていう話をどうやって理解させるのかな、と、難しそう~と思っていたんですが、なるほど!!
太陽の周りに月の名前のカードがぐるりと1周!
分かりやすそう~♪ なんだかそれ自体が、太陽の光みたいですね(^^)
Re: すっごく手厚い♡
Cassisさん、

いつも温かいコメントありがとうございます。私たち親子も、テーマ学者が一番の楽しみだったりします(*^^*)

宇宙などなかなか目に見えないストーリーを幼児に理解してもらうことは至難の技ですが、具体物を用意すると、案外想像しやすくなるようです^ ^でも、こんな想像力も子どもならではだな〜と感じます。大人はどうしても難しく考えがちですよね^^;

柔軟な思考力が欲しいです(^^;;

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。