スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
日常と違う空間を体験するということ。

平日休みだった今日は、Yuzyの保持教室へ。5・6歳児が集まった8名のクラスですが、この中にいるYuzyは本当に楽しそう。少し前までは、ほとんどが帰国子女のお友達ということで、気後れしているような場面も見受けられたのですが、数日前のアメリカ人のお友達たちとのプレイデートが効いたのか、若干いつもより余裕があるように見えました(笑)。

5歳というのは、本当に微妙な年頃。先日の初プレイデートを思い返してみても、もし娘がもう少し大きかったら、なかなかあの中に入っていけなかったのではないかと感じます。幸い、1人の子以外は皆年下のお子さんたちだったため、それほど疎外感というのは感じずには済んだようです。けれども、途中、ちょっぴり苦い思いも経験しました。ピザが出来上がり、みんなを呼んできてと伝えると、蚊の鳴くような声で"Pizza is ready."を繰り返す娘。誰にも振り向いてもらえず、「ママ、ダメだよ〜」と困った顔で日本語でやってきたYuzy。日本語であれば、みんなが振り返るまで、叫び続けたのでしょうが、英語だと一度振り向いてもらえなければ、もう諦めてしまう。言語以上に自信を持つことが大事なのだと痛感しました。

そして娘の行動以外にも、ママにとって非常に勉強になったことがありました。それは、アメリカ人ママたちの子どもに対する接し方。日本人のママたちは、「迷惑をかけない」ことに主眼が置かれているためか、人前でもついつい我が子を叱ってしまうこともありますが、アメリカ人ママたちは、子どもたち全体に対してとにかく寛容!!もちろん相手の子に何か害を加えるようなことがあった場合は、語気も強めるのでしょうが、そうでなければ注意をするにしても、とにかく言葉がポジティブ。まさに、モンテッソーリ教師養成講座にて学習したような、子どもとのポジティブなやり取りが印象的でした。

ママが他のママとおしゃべりをしている中、割り込みたくて仕方がない3歳の女の子。けれども、"You know you're not supposed to interrupt."(話している間は、割り込んじゃダメでしょ?)などと言う代わりに、"I've noticed how patiently you're waiting. Thank you."(ちゃんと待っててくれているのね。ありがとう。)と感謝を述べるところからスタート。「ママはちゃんとあなたを見ているよ」と伝えることで、その子の表情は一気に明るくなりました。

Yuzy自身も、日本人のお友達であればママの存在なんて全く必要ないほど子ども同士で遊べる年齢ですが、この日は"Mom, Mom!"と叫び続ける場面もちらほら。ついつい、"Stop that yelling!"(叫ばないで)なんて言いたくなったところでしたが、ここはアメリカ人ママたちを見習い、"Yuzy, I see that you are having trouble talking without shouting. Let's find quiet ways to talk!"(Yuzy、叫ばないでお話することが難しいみたいだけど・・・。静かにおしゃべりする方法、探してみる!?)なんて、ちょっぴりおどけながら伝えてみると、思わず本人苦笑い(笑)。5歳児でもハッとすることってあるようです^^;

初プレイデートは我が家には敷居が高いものでしたが、日常とは違う空間を体験することは、英語という言語面だけでなく、非常に参考になる部分が多いと感じた時間でした。娘にとってもママにとっても、気心知れた日本人のお友達たちと日本語で過ごす時間が一番快適な時間であることは、間違いないでしょう。でも、この快適な日常から一歩踏み出し、新たな刺激をいただけるという経験は、何事にも代えがたいと感じています。こんな英語だけでなくすべてが超初心者親子を受け入れてくれた皆に感謝の気持ちで一杯ですヽ(≧∀≦)ノ

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらもゆるやかに更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
◆ バイリンガル育児 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
うぐぐ・・・
迷惑をかけないことに主眼が置かれている・・・ええ、ワタシ、まさにそうです(=_=)

その状況で、その声かけか~。ポジティブに、って、訓練しないとなかなか難しそう。
思考の癖がついているので、思いつきもしないです(T_T)
意識するだけでも違うかな。
自分自身に余裕が必要ですね(^^;)たら~り
Re: うぐぐ・・・
Cassisさん、

案外日本のママたちは、子どもにも我慢させちゃうことって多いんだろうなぁと、改めて感じました。きっと私は「迷惑をかけないように」と思いながら、あちこちでかけているタイプですが(笑)。

このポジティブな声かけは、本当に思考の訓練がされていないと出来ないと思います。私はモンテッソーリの教師養成講座で嫌というほど、シチュエーション別に行なってきたこともあり、最近では台詞を丸暗記状態です(笑)。でも、我が家においては、娘が単純なせいで、案外効き目ありなんですよね^^

自分自身に余裕・・・うーん、これはまったくありません(^^;)

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。