スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
アメリカンキッズたちとのプレイデートに大興奮!?

英語をやっているというと、以前からプレイデートに誘ってくれる同僚もしばしば。日頃から教育談義はしても、あまりにも低レベルな我が家の親子英語の姿をさらす気にはなれず、今まで一度もしたことがありませんでした^^;けれども、少し発話が出始めた今、これはいい機会かも!ということで、勇気を振り絞り初めてのプレイデートへと出かけてきました。

同じ職場で働くアメリカ人の彼女は、同年代であるにも関わらず、肩書きは弁護士兼大学教授^^;彼女の自宅に、5組の親子が集まり、日曜日の昼下がりを満喫しました。

こんな初めての環境に大はしゃぎのYuzy!家へとお邪魔してまず最初に彼女の心を鷲掴みにしたのは、自転車で走り回れるほどの広さのウッドデッキに置かれたトランポリン!!"I want to jump!”と飛び込んだみたものの、"Do you want to bounce?"と言われ、どうやら早速「跳ねる」と「跳ね返る」の違いを理解した様子。体験しながら言葉を学んでいくことの大切さを感じました。

子どもたちが勢ぞろいしたところで、クラフトタイムの開始。手や足に絵の具をつけて作る蝶々に大興奮の子どもたち!!Yuzy以外の8人の子どもたちは全員イングリッシュスピーカーであるため、ちょっと気後れしちゃうかな?と不安を抱きながら見ていると、一番最初にペイントをもらいに行っていました(笑)。まだこの年齢の子どもは、言語なんて関係ないようです・・・^^;

お次は、みんなでイタリアンピザ作り!!自分のピザに思い思いのトッピングをのせて、出来上がり。「クラフト&クッキング」という娘にとっての2大大好物が体験できて、本当に素晴らしい時間となりました。

ママたちはワイン片手に様々なトピックに花を咲かせている間、ガールズたちは「こんなにあるの?」と驚くほどのコスチュームに袖を通し、ファッションショー開催。娘は最後までノースリーブのプリンセスでこの肌寒い1日を過ごしました(笑)。

肝心の英語の方は、日本語を話すお友達がいなければ、英語で通すしかなく・・・^^;言葉をスイッチするという概念さえ生まれないこの環境は、英語を身につけるという意味ではこれ以上の環境はないのかもしれません。でも、このアメリカ人のお友達たちに囲まれた中でYuzyを見た時に感じたことは、やはり彼女は日本人であるということ。こんなお友達たちと小さな国際交流を体験できたことを幸せに感じながらも、やはりいつもの幼稚園のお友達たちとプリパラごっこをしている姿の方が、彼女にはしっくり来るような感じがしました(笑)。これは言語の不自由さが一番の理由かもしれませんが、どこか英語だけに熱を上げる傾向にあるママに、現実を見せてくれる良い機会にもなった気がします。

"You should come back every Sunday!"という言葉に、「ママ、来週も行こうね。」などと、思った以上に心地が良かった様子の娘^^;ママにとっては敷居が高かったプレイデートですが、神経が図太い5歳児には、全然このママの不安感は伝わっていません。

次回、いつ訪れるプレイデートか分かりませんが、少しでも楽しい時間にするために、親子で日々精進したいと思います。そしていつか、親子英語ママたちともプレイデートできる日を夢見ながら、一歩一歩いきたいと思います^^

IMG_3792-2.jpg

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらもゆるやかに更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
◆ バイリンガル育児 | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
こういうの、勇気いりますよね
こういうの、いいな~と思いつつ、そして実際にお誘いを受けたことも皆無ではないのですが、人見知りの自分が勇気を出せず・・・(><)

溶け込んで楽しめちゃうYuzyちゃん、素晴らしい♪
おもてなしの内容も、子供心がわかってていいわ~♡

ここのところ、楽しいイベントいっぱいですね~。
No title
わぁ、Yuzyちゃん、楽しかったみたいで良かったですね!わたしも昨日ちょうどブログにプレイデイトのことを書いていたので嬉しくなってしまいました!

教室やおうちの外で、どれだけ実際の英語環境に慣れるかで、長い目で見たときに英語に対する意識が変わってくるのかなぁと思いました。Yuzyちゃんの歳であれば、快適ゾーンがほぼ出来上がっていて、異色なものに対しては抵抗を感じる可能性もあるだろうに、その場を楽しめたというのは素晴らしいと思います^^ 新しい環境に順応できるのですね。

うちはまだまだちびっ子なので、Yuzyちゃんの遊び相手にはならないかもしれませんが、いつかプレイデイト設けたいです♪
Re: こういうの、勇気いりますよね
Cassisさん、

え〜!Cassisさんって人見知りなタイプでいらっしゃるんですか!?いつも楽しませていただいているコメントを拝読すると、初対面ですぐに打ち解けられるタイプの方なんだろうなぁと想像していました。私もこういった場は苦手で、一時は親子英語のサークルなどにも興味を持った時期もあったのですが、なかなか一歩が踏み出せず終わってしまいました^^;

子どもってやっぱり、国が違おうと年齢が違おうと関係ないようですね。
でも、これも幼児期ならではかもしれないですね!

そうそう、本当におもてなしの内容も素晴らしく、我が家には夢のような時間でした^^
このまま親子英語の方も急上昇してくれればいいのですが^^;
Re: No title
smile0922さん、

smile0922さんの記事を拝読しながら、すごくたくさんのことを気づく機会を与えていただきました。娘にとって、英語を話す機会を今後どう儲けるか、そしてできれば英語教室だけではなく自然なシチュエーションをいかに作っていくか・・・そんなことを、改めて見直す機会になりました。ありがとうございます。

英語に対する意識・・・あまり今まで深く考えたことがなかったのですが、年齢が上がるにつれ、やはり難しくなってくるのは事実なのかもしれないですね。娘の先日のプレイデートも、あと1歳、2歳年齢が上だったら、今回のようにすっと入っていくことは難しかったかもしれません。幼児期のうちに当たり前のものとしておきたい・・・そんな想いもあります。

Smileちゃんだったら、もう小さい子大好きなYuzyはどれほど喜ぶか・・・♡それと同時に母である私が一番喜んでしまいそうです^^ぜひ、いつか実現する時が来たら、嬉しいです!!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。