スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
「Let's Go」を主軸に四方に広がるアクティビティー

我が家が2ヶ月前に親子英語を見直すと決めてから、メイン教材として使用し始めたのは英語教材の定番「Let's Go」シリーズです。非英語圏で英語を学ぶ子どもたちが英語でコミュニケーションを図ることが出来るように作られたこのテキスト。もう誕生25年のようです。

「出発点は子どもから」をモットーに育児をしてきた我が家にとっては、あらかじめ決まったメニューよりも、その都度Yuzyが興味を持てるものを準備する・・・。そんなパターンの方が理想であったため、なかなかこういったコースブックは乗り気ではありませんでした。けれども、あまりにも英語が話せない娘を目の前にし、やはりこれは段階的に習得する必要があるのかもしれないと、素人の一母の勘で、コース変更。彼女の大好きなテーマ学習は週末のお楽しみとし、平日はこの「Let's Go」シリーズを1ページ、できれば2ページというゆっくりなペースでスタートしました。

そして使用しているコースブックはこちら。我が家は旧版の3rd Editionを使用していますが、こちらは、これまで英語を学習したことがない子ども向け。アルファベットも初めて学習する子ども向けです。現在通う保持教室のレベルと比較すれば、もちろん簡単なレベル。けれども、迷わずこれを選択したママ。リーディングはどんどん加速する一方で、スピーキングがからっきしダメだった娘には、とにかく「できる」という自信をつけてあげたかった。なので、この超初心者レベルよりスタートを始めました。

Let's Go: Fourth Edition Let's Begin Student Book with Audio CD Pack
Let's Go: Fourth Edition Let's Begin Student Book with Audio CD Pack

新版は日本語による指導書も出版されているため、お子さんを見ながら家庭で少しアレンジを加えるなどすれば、より最適なレッスンが出来上がるのでしょう。

Let's Go 4/E: Begin Teacher's Book (Japanese)
Let's Go 4/E: Begin Teacher's Book (Japanese)

けれども、「ママ主導」に慣れていない娘。どんどん、自分がリードしてアクティビティーを始めていきます^^;

この日のテーマは"shapes"。"Is it ○○?""Yes, it is.""No, it isn't. It's a ○○."という文型を練習するというもの。モンテッソーリ教育がベースにある我が家では、とにかく具体物が必要。すぐに部屋の中を歩き回り、色々な形を集めてきます。5歳ともなると、あまり不自然な会話には興味がないのか、四角を指しながら、"Is it a triangle?"などと言う会話はほぼ成立しません(笑)。でも、最近、ママが習得しつつあるのが「ボケ」(笑)。"Look, I found an oval!"などと、三角形を指しながら言うと、もう否定せずにはいられない!!すごい勢いで英語が爆発します。この「ボケ」と「ツッコミ」が、案外このパターンプラクティスには効いているなと感じます^^

shape.jpg

とにかくその文型さえ、自分のものになっていると感じれば、次へと進め、今では確認のためのツールのような位置づけとして定着しています。難易度順に進むのは、やはりコースブックならではのメリット。多くの英会話教室で取り入れられる理由が、ここに来て分かった気がします。

そして、もう一つの大きなメリットはスターターレベルでもそれぞれのチャプターにはテーマが決められていること。コースブック自体の語彙に留まらず、どんどん自分で肉付けしていくことを楽しんでいるようです。ちなみにこの日の"shapes"の学習ではテキスト内に出てくる基本の名称以外にも、"pentagon""hexagon"などの多角形や、Yuzyのお気に入りの"rhombus"などの形を描いてみたり、切ってみたり、組み合わせてみたり・・・。アクティビティーは無限大に広がる様子。、ただの語彙の暗記やパターンプラクティスだけであったら、この時期の子どもは飽きてしまうところですが、自分なりに楽しめる活動を模索しながら進めています。英語といえば、シャワーのように浴びることしか頭になかったママには、現在のような第二外国語として英語を学ぶことの意義や楽しさをしっかりと実感し始めています。

相変わらず一段ずつの我が家ですが、何よりも「楽しい時間」を目指していきたいと思います^^*

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらもゆるやかに更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
 Let's Go | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
No title
「ボケ」と「ツッコミ」の効果は、絶大!ですよね。わが家もカードゲームなどでよくやります。でも、やりすぎると子どもの方もボケるようになって、ドヤ顔でツッコミを待つようになりますよ~。ご注意あれ~。
プリの先生が同じ手法です
ルルーの通っていたプリの先生が、同じ手法(ボケとツッコミ)でやってましたー。
授業参観のたびに、「また?!」くらいボケてて、大人は飽きているけれど、子供の盛り上がりはすごいんですよね。
「No~~~!!」の大合唱です(笑)
Yuzyちゃん、純粋でいいな~♡
ルルーは、ボケても、「は?そんなわけないでしょ?」みたいなテンションの時が・・・(T_T)
(笑)
Re: No title
ものぐさハハさん、

うわ〜、ものぐさ家の「ボケ」「ツッコミ」めちゃくちゃ見てみたいです!!しかも、なぜかレベルが高そうな予感が・・・(笑)。やりすぎ・・・注意ですね^^;うちも、そろそろ立場が逆転しそうなので、気をつけたいと思います^^:
Re: プリの先生が同じ手法です
Cassisさん、

ルルーちゃんのプリでも同じ手法が取られていたんですね!きっと、すごく楽しい時間だったんでしょうね。確かに、子どもはすごい盛り上がりますよね。我が家は、まだまだこのボケのレパートリーが少ないので、今後いかに幅を広げていくかが課題です(笑)。

娘が純粋でいられるのも、残りわずかな気がしています。ルルーちゃんくらいの年齢になったら、一気に冷めてしまうんでしょうね^^;その時期までに次の手法を開拓せねばと感じています(汗)。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。