スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
たくさんの点が線になるとき!?

先日、帰国子女保持教室にて来年度の進級テストがありました。実際には、3月の2度目のテストでクラスが確定となるようですが、まずは前期終了の時点でどれほどの力が付いているのかを確認。この後、面談にて詳細は分かるようです。

テストは先生の前で本を読み、その後口頭試問。本は読めたけれど、答えられない質問もあったのだとか・・・。リーディングとスピーキングのバランスの悪さは、ここでも発揮されます(笑)。

最近スピーキング強化を始めた我が家ですが、長期的な視点で見たときに軸となるのは、やはりリーディングであると感じます。今の娘は、読んだり聞いたりして分かる受容語彙と実際使うことのできる発信語彙に大きく開きがあるため、ある程度自分の思いを伝えることが出来るよう、スピーキングの強化を試みています。しかし、今後の長い英語との付き合いを考えると、幅広いジャンルの受容語彙の構築は必須であると痛感。まさに専門分野以外は、幼児と変わらない自分を見ると、ますますその必要性を感じるのです。

娘の保持教室のクラスでも、2学期を前に海外から帰国される方たちが多く、新たなお友達たちが増えました。年齢は皆5歳、6歳の同じ帰国子女でもバックグラウンドはそれぞれ。非英語圏でもバランスよく英語力を身に付けてきたお子さんもいれば、英語圏でもスピーキングはネイティブレベルだけれど、読み書きはまだ学習前というお子さんもいます。

そんな多様なバックグラウンドを持つ児童を相手に、スクール側も大変なのではないかと思うのですが、実際には目指す方向が確率しているため、全くそうではないようです。この時期は、まずリスニングとリーディングを通したインプット。大量の良質な英語のインプットがあってこその、アウトプット。まさに、英語の点をたくさん与えることで線にしていく。そんな活動が、日々繰り返されています。

娘の英語をやり直しを始めてつくづく感じるのは、彼女の総合英語力を見ても、穴だらけということ。幼児期はある程度仕方がないのかもしれませんが、案外まだまだ知らない身の回りの語彙があったり、リスニングはほぼ出来ているのかと思いきや、実は全然意味が分かっていなかったりと・・・思い込みって恐ろしいと感じています(笑)。

やり直しを始めたら始めたで、ついつい色々なことを望んでしまうのですが、親子英語は長期戦。
一時の発話量よりも、英語ということばを楽しめる環境が、いつもあるかどうか・・・。
そんなことを意識しながら、ゆっくりと進めていきたいと思います^^

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらもゆるやかに更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
 帰国子女保持教室 | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
No title
点をたくさん作る。私も同感です。

私も、Michelleの発話が後退の一途をたどっているので、Speakingは強化したいのですが、子どもたちを見ていて思うのは、引き出しが空っぽでは何も引き出せないということ。

はじめから線で繋げることができることもあるかもしれないけど、ほとんどは接点のない点が混在して、その密度が高くなった時に繋がるんですよね。でも、点すらなかったら繋がることはいつまで経ってもないんですよね~。

幼児期は、文法も、語彙も、とにかく様々な角度から何度も繰り返して、たくさんの点を作ることが大事なんだなって思いますね。

Michelleはまだ、Yuzyちゃんのように読むこともできないので、まだまだ読み聞かせが必要ですが、かけ流しと読み聞かせとレッスンで、インプットとアウトプットを繰り返していこうと考えています。

点を増やすためのYuzyちゃんとの取り組み、また参考にさせて下さい。楽しみに待ってま~す♡
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: No title
Laylaさん、

まさに仰る通りだと思います。本当に中身が空っぽでは、アウトプットに繋がらないのは当然のことですよね。私自身、娘の英語歴を辿ったとき、そろそろアウトプットに繋がるようなものも蓄積されたのではないかと感じていたのですが、実際時間数に直してみて、あまりの英語との接触量の少なさに愕然としました。

本当に様々な角度からのインプット確保がなければ、今後どこへも繋がっていかないと感じます。

Michelleちゃんも、Laylaさん宅の充実した親子英語の環境があれば、きっと何かのきっかけで爆発的なことが起きそうな気がします。ついつい、親の方が焦ってしまいますが、私も気長にいきたいと思っています^^

こちらこそ、いつも参考にさせていただきとても嬉しいです♡
Re: タイトルなし
鍵コメさん、

わざわざご丁寧にコメントありがとうございます^^

まだまだ英語初心者の域から抜け出すことのできない娘には、今のクラスはレベルも高く、我が家にとっては非常に満足なのですが、もっとレベルの高いお子さんだと、もしかすると同じクラスでも満足いかない点もあるのかもしれません。そう考えると、やはり子どもの経験と能力によるのかなとも感じています。

興味深いだなんて、言っていただき大変恐縮しております^^;全く内容がないただの親子英語日記ですが、お付き合いいただけて、とても嬉しいです。姉妹ブログの方へのご訪問もありがとうございます。

こちらこそ温かいメッセージ、ありがとうございます♡

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。