スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

5歳2ヶ月の成長記録

2015/10/13 Tue 01:17

ピッチャーの母と、バッターの娘!?(笑)

今までなおざりにしていた親子英語を見直し始め、そろそろ2ヶ月が経とうとしています。英会話教室や保持教室での周りのお友達とのスピーキングの差を5歳児にしてすでに感じていたYuzy。もどかしい思いが、どこか「つまらない」というネガティブなサイクルに陥り始めたのをきっかけに、「だったら、まずは家庭では楽しい時間を!」と立ち上がりました。

けれども、今まで隅っこに追いやられていた英語が入る隙が急に出来たわけではなく、隙間時間を利用しながらの親子英語。それでも、この2ヶ月の間に、どうやったら英語と向き合う時間を捻出出来るのか、色々と試行錯誤した結果、少しずつ環境が出来上がってきています。今まで視聴したことすらなかったDlifeの利用や、YouTube素材の利用。そして、かけ流し素材も同時に探すなど、外野から固めていきました(笑)。けれども、一番大事なのはピッチャーであるママと、バッターであるYuzy^^

毎晩、ママの帰宅後、食卓を囲みながら聞く幼稚園の話は日本語オンリーでも、それ以外の時間は、意識的に英語での語りかけもスタートしました。・・・といっても、これはパパが帰宅するまでの2人だけの時間限定。きっと、オンライン英会話の1コマ分にもならないでしょう。けれども、継続は力なりと信じて、まだ試験的ではあるものの、日々試みています。

今月の英語です。

◎リーディングに特化した取り組みはほぼないものの、スピーキングを意識し始めたことで、読み方に変化が出てきた。乏しかった抑揚やリエゾンが、少しずつ身についてきた感じ。
◎読める単語は以前よりもだいぶ増えた。読めなくても、以前は止まってしまっていたのが、間違っていてもなんとなく読むことで、ある程度リーディングに対して自信がついてきた様子。
◎完璧に言えないと、センテンスで答えることは嫌がっていたのが、少しずつセンテンスで答えることも増えてきた。これは、英語力云々ではなく、単純に英語で話す場面が増えたから。当たり前だけれど、場面が増えれば、その分、発話は増えるのだと、最近身を以て感じた。


今月の日本語です。

◎最近、話し方がもう幼児ではないなぁと思う場面が増えてきた。
◎日本語の取り組みは、毎日のおうちゼミ。週末にモンテッソーリの活動というサイクルが定着。
◎相変わらずのブームは世界の国と国旗。世界地図と向き合っている時間は、英語と向き合っている時間よりも長いかも^^;

語りかけを再始動するにあたり、親子英語を始めた当初に購入したこちらの2冊を再読。語りかけ表現はもちろん、親子英語の心構えといった観点から読むだけでも価値あるシリーズ。まだまだお世話になりそうです^^

井原さんちの英語で子育て―超使いやすい!表現集の決定版
井原さんちの英語で子育て―超使いやすい!表現集の決定版

ヘンリーおじさんの英語で子育てができる本―ネイティブが答える英語Q&A
ヘンリーおじさんの英語で子育てができる本―ネイティブが答える英語Q&A

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらもゆるやかに更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
◆ Yuzyの成長記録 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
同じだ!
Yuzyママさんも、井原さんの本を読んでらっしゃったんですね~! ワタシも、最初に読んだ本がそれでした(^^)
マンガじゃなかったら、あの簡単な表現だらけじゃなかったら、きっと親子英語の取り組みは始めていなかったと思います。
Yuzyママさんちの仕切り直し、って、ほんの2ヶ月前のことだったんですね。驚きました。
Re: 同じだ!
Cassisさん、

本当に背中を押してくれる一冊ですよね!勤務先の言語学のアメリカ人教授が、たまたま公園で井原さん親子が英語でお話されているのを目撃し、そこから研究対象になった話を娘が産まれて間もない頃聞き、それ以来バイブル化した一冊でした^^

とは言え、我が家の親子英語が遠のくと、なかなか触ることもなかったのですが、今回親子英語復活にあたり、また出してきました。そうなんです、まだ我が家は2カ月なんです。実際、たった2カ月でも、こんなにやれることは多いのだと驚いています^^;

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。