スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
9月は我が家も新年度のつもりで!?

9月と言えば、海外のホームスクール家庭では新年度。我が家もこれにちなんで、新たな1年のスタートのつもりで、進めてきました。この日選んだのは、"Character Education(品格教育)"。日本ではなかなか耳慣れない言葉ですが、アメリカの教育改革の一つとも言われている良い行為・良い習慣を主とするCharacter Education。「良いキャラクター(人格)になるために必要なこと」をテーマとして、日ごろの幼稚園でのお友達との接し方などをもう一度見直しながら、ゲーム形式で進めてみました。

【テーマ】
Character Education(品格教育)

【準備したもの】
Character Fish(Just Montessoriより)、フランネルボード・割り箸と磁石を付けた釣竿、Safari Ltd Coral Reef TOOB、Children's Talking Dictioanry、アルファベット表(線つきテンプレート)、単語カード
Fish1.jpg

Safari Ltd Coral Reef TOOB Set
Safari Ltd Coral Reef TOOB Set

Franklin KID-1240 Children's Talking Dictionary and Spell Corrector
Franklin KID-1240 Children's Talking Dictionary and Spell Corrector

【アクティビティー1】
Character Educationのキーワードが印刷された魚を海に泳がせます(笑)。
Fish3.jpg

5歳の誕生日は水族館で過ごしたYuzy。それ以来、海の生物の虜になり、サンゴ礁のブックレットを作ったり、ミニチュアの出番も多くなっている我が家。これも、一緒に散らしてみます。
Fish2.jpg

目をつぶりながら、狙いの魚を定め、キャッチ!
Fish4.jpg

釣った魚に書かれた文字を読みながら、どんな意味の言葉なのか話し合います。
Fish7.jpg

【アクティビティー2】
釣った魚に書かれた単語の意味が分からなければ、電子辞書で意味を調べ、あらかじめ用意しておいた単語カードに書き入れていきます。
Fish5.jpg

線の付いた紙に単語を書いていく際、まだ位置が定まらないことがある娘。モンテッソーリではコントロールチャートと呼ばれるお手本を置き、分からないものは見ながら書いていきます。溜まった細い単語カードは、後ほど自分のノートに絵と共に貼っていきます^^
Fish6.jpg

【アクティビティー3】
英語とはまったく関係ないアクティビティーですが、色のグラデーションを意識しながら、クリップで全部留めています^^;まさに、モンテッソーリのおしごとです。
Fish8.jpg


今回このようなテーマで進めてみて、思わぬ収穫だったのは、幼稚園の様子がよく分かったこと。日ごろ、出てこないような話が続々と出てきて、案外こういったテーマを設けることは大切だと感じました。ただ、これがすべて英語で表現できるかというと、まったくそうではなく・・・(笑)。何度も日本語に逃げるところを見ると、スピーキング強化を目的とするのであれば、別メニューも必要だと痛感しました(^^;;

ただ、英語云々よりも得られるものも多かった今回のテーマ。今後も定期的に触れていきたいと思います。

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらもゆるやかに更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
 テーマ学習 | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
堅苦しくなくていいですね~
「品格教育」という四字熟語に、堅苦しいイメージを持って読み始めたんですが、楽しそう♪
楽しみながら、ちょこっと意識してみる、というその塩梅が素敵♪ と思いました。

あと、うちは、すぐにモノがとっ散らかってしまうんですが、このお盆の上に必要なものだけ揃っている感じ、やりやすそうだし、集中できそうだし。

良い行い、良い習慣・・・自分もそうあらねば!(^^)
いい気づきをいっぱいもらってます♪
No title
初めまして。アメブロから辿り着きました。3歳になったばかりの娘もモンテッソーリ式のプリスクールに週2回だけ通っているので、非常に勉強になります。娘はまだワークに入ったばかりで簡単なものばかりですが、年上の子たちに足し算や引き算を教えるときに、必死に予習している感じです^^; 

わたし自身はモンテッソーリの知識があまりなく、スクールの先生にワークショップを開いてもらったり、予習したりして子ども達を見ています。産前、いつかはちゃんと勉強したいなぁと思っていたら、もう3歳になってしまいましたT_T
Re: 堅苦しくなくていいですね~
Cassisさん、

そうなんですよね。日本語にすると、妙に堅い響きになってしまいますが、実は日頃家庭でも幼稚園でも行っていることなんですよね。こうして改めてテーマを設けて話し合ってみるのは、とても大事なことだと痛感しました。でも、娘にとってはただの魚釣り大会だったようです(笑)。

このお盆はモンテッソーリ教育で行われているものですが、こうしてそのときに必要なものだけをまとめておくと、取りやすいだけでなく、片づけがしやすいという利点もあります。我が家も娘が片づけができないときは、よく見てみると、片付ける場所がわからなかったりするんですよね^^;定位置に置いておくことの重要性をひしひしと感じています。

Cassisさんから頂くコメントやブログ記事で私も良い気づきをたくさんいただいていますよ^^
Re: No title
smile0922さん、

はじめまして。最近、smile0922さんのブログを知り、大変惹きつけられていました^^そんなsmile0922さんから、コメントいただけて、とても嬉しいです。

娘さんのバイリンガル育児、とても参考になります。モンテッソーリ式のプリスクールへと通われているんですね!とても羨ましいです。私も実際モンテッソーリ教育と出会ったのは娘が2歳半で、本格的に実践をし始めたのは3歳半頃でした。まだまだ間に合いますよ^^

バイリンガル育児+モンテッソーリはまさに私の目指すところなので、ぜひこれからも、色々とプリスクールの様子等も合わせてブログを拝読させていただけたら嬉しいです。拙いブログですが、今後とも宜しくお願いします^^

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。