スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
英語はやらなければならないもの!?

娘が5歳となり、やっと始めた親子英語の見直し。過去の過ちを様々な側面から思い返しみると、すっぽりと抜け落ちていたものがあることに気付きました。

それは、「自己選択」。

一応、娘が興味があるであろう素材を探してみるものの、実際はただの推測。果たして、本当にそれに興味があるのかどうか分からないまま、用意したものだから、進めてみる。購入したんだから、使ってもらわないと!そんな鬼母の目線で、恥ずかしながらも我が家の親子英語は展開されていました。まだ、幼児だから自分の意志がそれほど出来上がっていないことをいいことに、ママがぐいぐい進める(怖)。でも、なかなか身に付かないことに、これまたヤキモキしてみたり。本当に親とは勝手なものです(^^;;

5歳になった娘を相手に、気持ち新たに進めようとした時、必然的に見直す必要があったのは、ここの部分でした。果たして、彼女が欲しているものであるかどうか。もちろん、これから小学生になり、学習が進んでいくと、当然やりたくないことをやらなければならない場面は多々出てくることでしょう。けれども、英語は今のYuzyには「やらなければならないもの」ではないのです。けれども、ママの中ではもちろんやって欲しいもの。だとしたら、この両者のギャップを上手く埋めるために、押し付けではいけないと今回強く感じました。

娘の気持ちに寄り添った親子英語を展開したい。

そう素直に思えた時に、ふと思い出したのが「自己選択」という言葉。

モンテッソーリ教育では、ここが原点であるにも関わらず、なぜか親子英語はつい親が主導かつ主体になってしまっていた我が家。主役は子どもでなければならないのに、どこか「親」ばかりが色濃く出てしまっていた気がします。もしかすると我が家においては、親子英語と呼ぶよりも、子ども英語と呼んだ方が良いのかもしれません(笑)。

そんな中、まず見つけたのがYuzyの楽しめること。それが、彼女にはジャズチャンツであり、音楽でした。ふとした瞬間に、口ずさむことが多くなり、気付くとママがかけ流す前に、自分でその時の気分に合わせて、かけ流すことが多くなりました。

このチャンツの流れで用意したのは、単語やその例文を記したカード。今までカードの導入は行ったことがない我が家でしたが、保持教室におけるカードの効果が大きいため、真似してみることに。ここにチャンツを乗せるのが面白いようで、単語云々よりも英語の世界を楽しんでいます。

ママ側の準備として行っているのは、テーマ学習の活動。保持教室のテーマに合わせたものを、触ることのできる具体物(実物やミニチュアなど)を用意し、語彙や構文などを確認する程度ですが、ここで少し準備しておくだけで、Yuzyの気分に合わせてどちらの方向にも行くことができるため、案外マストな部分です(^^;;また、モンテッソーリの活動と絡められるのもこの部分。分野に合わせて、あらかじめ語彙を確認してみたり、海外にホームスクールママたちのアイディアを拝借したり、様々な引き出しを準備中です。

これらの中で、何を実践するかはYuzy次第。欲を言えば、その時その時、親目線で今はこれが必要だと感じても、娘が選ぶのは違うものだったり(^^;;でも、長い目で見たら、無駄になることものなんて存在しない!だから、その時、Yuzyが惹かれるものがあれば、きっとそれが一番必要なものなのかもしれません。

こんな娘主体の取り組みを開始して、約1ヶ月。リーディングに主軸を置く我が家のベッドタイムストーリーにも変化が出てきました。英語のリズムを意識した再読、今までよりも様々なジャンルの絵本を手に取るなど、少しずつ何かが変わりつつあるようです。

「これ、やろう!」は卒業して、「どれにする?」が合言葉になりつつある我が家。
今日も少しでも魅力的な選択肢を生み出せるよう、Yuzy観察を楽しんでいます(笑)。

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらもゆるやかに更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
◆ バイリンガル育児 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。