スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
ママの職場で世界を感じる!?

姉妹ブログでも綴っていますが、Yuzyには年に1度のお楽しみが夏にやってきます。それは、「ママの職場訪問」。

皆の仕事の邪魔にならないよう、教授陣、学生のあまりいない夏休みを敢えて選んでいるのですが、それでも嬉しいのが日頃のYuzyの日常では会えないような人々に会えるということ。特に英語面に関しては英語スクールでしかなかなか外国人の先生と会う機会がありませんが、ママの職場では日本人がマイノリティー^^;

・・・ということで、今回も職場に付くや否や英語のシャワーを浴び、いきなり実践と化しました(笑)。

ハイライトは最近着任したイギリス人上司との一コマ。
今までイギリス人と一緒に働いたことがなかったママにとって、この上司と働くことは、英語面において非常に不安でした。最近でこそやっと耳慣れた感じもしますが、着任当時は発音はもちろん、語彙の使い方に違和感を覚え、果たして大丈夫かと・・・^^;

・・・が、5歳になったばかりの娘。

質問自体がもちろん単純だということはありながらも、全く躊躇せず英語で答えてる!
というか、一回で聞き取れてる・・・!

親子英語的には、あまり順調とは言えない我が家ですが、ちょっぴり日頃の成果を感じた時間でした。
そして、英会話教室で聞かれるような「練習のための会話」とは違い、リアルなコミュニケーションに、本当に嬉しそう。当たり前のことながら、上司が聞いた質問に対してYuzyが返事をすることで、また次の会話がスタートする。まさに、これが会話のキャッチボールなのだと感じた瞬間でした。

もし、英語を続けていなければ、きっとママの職場に来てもこれほどまでに楽しめなかったでしょう。
特に、上司のような日本に来たばかりで、日本語を話さない場合には、英語がなければ、コミュニケーションはできません。でも、会う人会う人、簡単なやり取りながらも、娘が心地よさを感じられていたのは、やはり英語があったから。なければ、疎外感すら感じてしまっていたかもしれません。

4歳の職場訪問のときには、まだ自己紹介的な英語しか出てこなかった娘ですが、やっぱりこうして1年経つと少し違うと感じられました。ついつい出来ないことばかりに目がいってしまっていましたが、ちょっぴり自信が持てた5歳の職場訪問。

6歳のその時を、また1年、楽しみに待ちたいと思います^^

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらは毎日更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
◆ つぶやき | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。