スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
アイビーリーグ卒という看板が邪魔をする!?

先日、韓国系アメリカ人の同僚とランチをしました。下のお子さんはYuzyと同い年ということもあり、一度ランチに行くと話しが止まらず・・・^^;同僚と言えども、結局はママ友話のようになってしまうのですが、この日のハイライトは教育について。

先日、インターネットの記事で、母親が高学歴なほど我が子への教育に熱心という記事を読んだばかりだったママ。だからこそ、彼女の子どもへの教育観は非常に興味があったものの、実際は驚くほどシンプル。好きなことを好きなだけやらせたい。勉強よりも、他に大事なものがたくさんある!そんな価値観を持ち始めたのは、まさに自分の経験からのようです。

というのも、彼女は大学、院共に、アイビーリーグ卒。しかも、主席で卒業するほどの頭脳の持ち主。そういうと必ず、「頭が悪かったから、努力をしただけ」と言うのが彼女のお決まりの台詞ですが、そこにはきっと本来の頭脳に加え、他人が驚くほどの努力があったのだと思います。

"The biggest lesson I learned and the biggest mistake I made are..."(過去最高のレッスンでもあり、過去最大の過ちは・・・)と切り出した彼女。

その後に続いた言葉は「大学選び」

がむしゃらに勉強し、アイビーリーグという切符を手に入れたものの、実際は学校が大きすぎて内気だった彼女は圧倒されてばかりの大学時代だったといいます。これほどbig nameの学校でなくても、これほどの学費を負担しなくても、自分自身にとって価値ある学校はもっとあったのではないのかというのが正直な心境だとか。

その後の人生においても、どこか学校名ばかりが一人歩きしてしまい、なかなか自分という個人をきちんと見てもらえないのが残念だという彼女。

だから一生懸命勉強するだけが道ではないというのが、彼女の率直な想いのようです。

そんな話を聞き、「好きなことを好きなだけ」という言葉の意味が分かりました。もしYuzyが大学進学の時期を迎え、仮にアイビーリーグのようなスクールにいける環境があったとしたら・・・。もちろんもろ手を挙げて賛成するでしょう。(それだけの経済力があるかは別の話ですが・・・^^;)

親子英語的に言っても、もう万々歳(笑)。でも実際こうして話を聞いてみると、それほど単純な話ではないと感じた時間でした。

親子英語を続けていると、この先、何処に行き着くのだろうと考えることがあります。遊びたい気持ちよりも英語を優先するべきなのか、それとも思う存分遊ばせてあげるのが良いのか・・・。なかなか答えが出ません。

日本で大学進学を目指したとしても、海外に行くことがたとえなかったとしても、それでも決して邪魔にはならない英語という言語。勉強という括りではなく、コミュニケーションの手段として普通に存在して欲しい。好きなことを見つけながら、そこに英語があったら、尚更良い。ちょっぴり、そんなことを感じた2015年の夏のある昼下がりでした^^

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらは毎日更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
◆ バイリンガル育児 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。