スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
英語講師のママさんから頂いたヒント!?

今日は姉妹ブログの方でお世話になっているママさんに職場の近くに来ていただき、一緒にランチをさせていただきました。元々はモンテッソーリつながりで知り合った方ですが、英語育児もされていて、またこの親子英語に対するスタンスもとても似ていることもあり、話は尽きることを知らず・・・。そして、またご職業が小学校のお子さんをメインにした英語講師ということもあり、とても有益なお話をたくさん聞くことが出来ました。

娘の英語力が伸びない原因・・・。
かけ流しの有効性・・・。
フィリピン人オンライン英会話に対するスタンス・・・。

などなど。

日頃自分ひとりでは、なかなか解決できないような問題も、新たな視点を伺うことで、大変参考になりました。

そんな数々のお話の中で最も印象に残ったのは、親子英語の救世主は、ネイティブ講師でもなく日本人講師でもない。それは、まさに「ママ(もしくはパパ)」であること。

ネイティブだとかノンネイティブだとか言うことは関係なしに、救うも救わないも、親子英語を主導している大人次第であると強く感じました。

英語が苦手と言われるママでも、お子さんの英語力は素晴らしいケースが、この親子英語ブログでもたくさん見られます。逆に、我が家のような、ママは英語屋として生計を立てていても、娘の英語力はまったく・・・^^;というケースも中にはあります。

これは、やはり親の英語力の問題ではなく、親のモチベーションの問題。
英語教育にかける情熱が、すべてモノを言うのだと痛感しました。

同時に、我が家のような、ゆるゆるの取り組みの状態で、娘の英語力が伸びないと嘆くのは筋違いだとも感じた瞬間・・・。親子英語とはまさに、親と子の日々の努力の成果。ママが真剣にならなければ、成果も当然現れないのだと痛感しました。

何のために英語を学ぶのか。
一体この時期にどうして英語学習が必要なのか。

もう一度根本的な部分を考え直す必要があると感じた今日のランチ・・・。毎週ネイティブ講師、日本人講師の両方から学んでいても、なかなかこういった根源を見直す機会はありませんでした。

娘のサマースクール選択の前に、もう少し考えることがありそうです。

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらは毎日更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
◆ バイリンガル育児 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
先日はありがとうございました。
もっともっとお話したいことはあったのに、時間が本当にあっという間に過ぎてしまって足りなかったですね。

ホームモンテッソーリのことなど、参考になるお話をたくさん聞かせていただきありがとうございました。Yuzyママさんとはお話したいことがありすぎて、話が尽きません。

「何に優先順位を持ってくるのか。」「限られた時間の中で何をすることが一番有効なのか。」

本当に難しいですね。

そんななかでもいったい何ができるのか。お互いに試行錯誤しながらも、ぜひ今後とも情報交換等させていただけたら嬉しく思います。
Re: No title
>ごんごんママさん、

こちらこそ、貴重なお時間をありがとうございました。
きっとモンテッソーリのお話をもっと色々と出来れば良かったのですが、ついつい最後は親子英語話に落ち着いてしまいましたね^^;

専門家のごんごんママさんのご意見がどうしても伺いたくて、ついつい質問攻めとなってしまい申し訳ありませんでした^^;

本当に親子英語に関しては万年難航といった状態ですが、これからもいろいろアドバイスいただけたら嬉しいです。こちらこそ、どうぞよろしくお願いいたします。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。