スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

宿題地獄にはまる4歳児!?

2015/04/14 Tue 12:17

宿題は学習サイクルを作るためのもの!?

Yuzyの新生活がついにスタートを切りました。新しい幼稚園、新しい英語教室とまだ慣れない中大変だなぁと思っていましたが、心配しているのは親だけで、本人は至って平気な様子・・・。子どもの適応力にビックリしているママです。

けれども、平気でなさそうなことが一つ。

それは、帰国子女スクールの宿題

実際には、フォニックスやサイトワードのプリント3枚程とテキストだけなのですが、モンテッソーリ教育に傾倒してからプリント学習は一切排除していた我が家。周りのお友達は幼稚園入園に向けて、朝から決めたれただけのプリント枚数をこなし、きちんとノルマも達成していく中、だらだらと過ごしてきた娘には、どうもこの宿題が負担で負担で仕方がない様子。

けれども「やらない」という選択は本人の中でも思いつかないらしく(当たり前^^;)、ひぃひぃ言いながらなんとかやっています。

けれども、ここに来て思わぬ副産物が・・・。

英会話教室も通い続けている娘ですが、こちらのレッスンで行なうリーディングが飛躍的に伸び始めているそうです。家庭では、自力読みの時にその都度出てきた単語の読み方を教える程度で、取り組みと言えるほどのことは出来ていない我が家。

けれども週2回の新たなスクール+宿題で読める単語が増えてくると、楽しいらしく、自分からStarfallのリーディング等も積極的に進めるようになりました。宿題地獄と言っても、それは学習の「サイクル」を作るためのものであるということを、ママ自身がここに来て、再確認。

習ったことを定着させるだけの時間は、あまり楽しそうにも見えなかったのですが、「できる⇒もっとやりたい」という図式が少しずつ見え始めた今、ここは親も踏ん張り時なのかなぁと感じています。

文字の敏感期にいる今だからこそ、ここはぐぐぐっといきたいところ。

どうすれば、もう少し楽しく宿題に取り組めるのか・・・ママは色々と模索中です^^;

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらは毎日更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
 帰国子女保持教室 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。