スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
ついに新たなスクールがスタート!!

「帰国子女スクールへの申し込み」と綴ってから1ヶ月。ついに新年度のクラスがスタートしました。

今回参加をさせて頂いている年長クラスは1回50分週2回のレッスン。ネイティブ講師と日本人講師がペアとなり、週の前半にネイティブ講師と学習したことを、週の後半に日本人講師が定着しているか等の確認も合わせ、授業が進められていきます。

初回のレッスンを迎えた昨日。親も子も少しドキドキしながら、スクールへと向かいました。すると、同じ時間帯にクラスがある小1、小2のお兄さん、お姉さんがたくさんいて、お子さん同士が当たり前に英語・・・。帰国子女のお子さんの日常を垣間見た瞬間でした^^

プリを退園してからは、プライベートで好き放題やってきたYuzy。机と椅子にきちんと座り、お勉強スタイルで進められていく授業は果たしてどうなのか不安でしたが、周りのお兄さん、お姉さんを見習いなんとかついていこうと頑張っている様子^^;

初回レッスンということで、自己紹介や前年度の復習をベースに進むのかと思いきや、そこは全然(笑)。年度ごとの目標が明確なスクールだからなのか、CVC Wordsもそこそこに、Sight Words、ダイグラフなど驚くスピードでどんどん進んでいきました。

面白いのは、机に向かっての学習時間と、床に座って生徒自身が操作する電子黒板の時間が分けられていること。これらの時間が50分の中で適宜繰り返されることで、子ども達は飽きることなく目の前のタスクに集中できるようでした。

リーディングがメインと言えども、昨日で言えば、比較級の学習など文法を扱う時間も設けられており、また電子黒板には世界地図が映し出され、各大陸の位置を確認したり、日本の位置、先生の出身国など、子どもたちの知的好奇心をくすぐるような教材にYuzyもとっても楽しんでいた様子。

家に帰ってきてからも、"Australia is larger than Japan."などと、日頃は上手く使えないこれらの文法も、自然に口にしていたことに驚きました。

年長クラスでも授業の進みの早さに驚いたママですが、もっと驚いたのは隣の教室で同時進行されていた小1クラス。滞在国や滞在年数により実年齢は年長~小2くらいまで開きはあるものの、最初の自己紹介からクラスで如何に笑いを取るか、皆頑張っていた様子(笑)。まだセンテンスで話すこともままならないYuzyが、こんなクラスに進級することができる日が来るのか、遠い目で眺めていたママでした^^;

英会話教室の1週間1ページの宿題ですら手こずっていた4歳児ですが、どうやら今回のスクールの宿題のボリュームに心を改めた様子(笑)。早く行なわないと次のレッスンが来てしまうので、帰ってすぐ取りかかっていました。なんだか急に小学生になったよう・・・^^;周りのお友達はプリント学習等できちんと家庭学習をしている中、モンテッソーリにかまけている(?)我が家は、ほとんどこういった時間がないため、これは小学生への準備としても良さそうな予感。

果たしてどこまで付いていかれるのか・・・。
相変わらず楽しみと不安な気持ちが交錯していますが、親子共々頑張ってみたいと思います・・^^;

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらは毎日更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
 帰国子女保持教室 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: No title
鍵コメさん、

はじめまして。ブログへのご訪問ありがとうございます。

ご質問いただきました件、メールにてお返事差し上げております。ご確認いただければ嬉しいです。

今後ともどうぞよろしくお願い致します^^

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。