スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
リーディングに力を入れてみる!?

2回に渡り体験に訪れた帰国子女スクール。現在の英会話教室と上手く併用ができるのか色々と考えましたが、新年度より申込みをすることにしました。(過去記事1過去記事2

4月からは新たな幼稚園もスタートするため、果たして降園後に週2度も通うことができるのか不安要素は残るものの、本人の「できる」という言葉を信じての決断。

会話重視の英会話教室とは異なり、こちらのスクールの目的は「読解力」の育成。小学生からは現地校のLanguage ArtsとScienceのテキストを中心に授業は進み、スペリングコンテスト、スピーチコンテスト、プレゼンテーションなど校内イベントも充実しています。

プリスクールを退園してから、母語を育てることへ注力、ある意味、路線変更をしたとも言える我が家。英語に関しては、少なくとも小学生になるまでは、現在の週1英会話教室さえキープできればと思っていたのですが、今回申し込みを決めたスクールは小学生になると帰国子女のみの受け入れしか行なっていないため、ここに来て滑り込むことにしました^^;

前回の体験の結果、来年には小1クラスへ進級できるように、この1年でしっかりとベースを作っていくとのこと。今の英会話教室でのできなさを見ていると小1?と耳を疑いましたが、「聴く力」「読む力」の育成に力を入れているこちらのスクールでは、Yuzyの評価も決して悪くはなかったことに驚きました。

少し前までは会話至上主義に陥り、文字教育は幼児期にはいらないと思っていたママ。けれども、驚くほどの読み書きの敏感期を迎えている本人を見ると、ここは上手く引き出してくれる環境に身を置くことも有効的なのではないかと感じています。

モンテッソーリ教育の見方をすると、子どもが一番能力を発揮するのは、子どもの興味、教師、環境の3つが整ったとき。スクール任せにするのではなく、長期的かつ多角的な視点で、家庭でサポートしていくことも、必要でしょう。

親子英語と言いながら、長い間迷走し続けてきた我が家ですが、どこか今後の娘の英語教育への指針となれば良いと感じています。

どうか走り続けられますように・・・(笑)。

Bingo.jpg
スクールのテキストを使ったビンゴゲーム。語彙の定着には素晴らしい方法だと今頃気付く母^^;

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらは毎日更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
 帰国子女保持教室 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: No title
鍵コメさん、

こんにちは。アメーバーからこちらにまで足を運んでいただき、とても嬉しいです。

とても興味深いお話、ありがとうございました。海外で教鞭を取られていただなんて、とても優秀なお友達がいらっしゃるんですね。

私も、今までどうしてもスピーキングばかりに目がいってしまったのですが、自分のアメリカの大学時代を思い返すと、スピーキングは後からでも十分付いてくるけれど、リーディングはある程度読めないと厳しいことを思い知られました。もちろん、その読んだ内容を自分の意見としてアウトプットする、ライティングが非常に大事なのは言うまでもないのですが。

確かに、最近の大学入試の傾向を見ても、私たちの時代とは変わってきていますし、これからの子どもたちに期待すべき英語力というのは、スピーキング重視だけでは難しいというのは感じます。

実際、帰国子女スクールが始まるのは今月末からなのですが、また何かレポートできたらさせていただければと思います。ぜひ、これからのお子さんとの英語子育てに何かお役に立つことができたら、嬉しいです^^

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。