スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
帰国子女スクールの日本人教師から学んだこと。

以前体験へと訪れた帰国子女スクールの2回目の体験に出かけてきました。

1回目はネイティブ教師によるプリ時代を彷彿させる授業。
そして、2回目の授業は、日本人教師による授業。

授業を終えたYuzyが一言。

「あのせんせい、なにじんなんだろう?にほんごもしゃべれるみたいけど。」

完全バイリンガルの先生が担当してくださった今回のレッスンは、4歳児には日本人と分からないほど、英語はもちろん、しぐさ、間の取り方まで欧米スタイルでした。

けれども、ママにはこの先生が日本人であると感じた点が一つ。
それは「定着を意識している」ということ。

この細かさは日本人の先生だからこそだなぁというのが、第一の感想。
現在何が分かり、何が分からず、どこが曖昧なのか。
このスクールでは目標設定が明確になされているため、この1年間、どこを補強しなければならないのか。
それを、一つ一つ、細かくチェックしながらの授業でした。

そんな先生の姿を拝見しながら思ったのは、如何に自分が娘の英語力を把握できていなかったかということ。

「リスニングはまぁまぁできる、スピーキングは苦手。」

その程度のことしか分からず、具体的な手立てを真剣に考えたことがありませんでした。

「自然に英語を習得して欲しい。」

幼児であれば大人のように苦労せずに、いとも簡単に習得できるとかつては考えていた母。けれども、実際そうならない娘を見ながらも、がむしゃらに頑張るのはこの時期の学習の仕方ではないと頑に心を閉ざしていた気がします。

「ノンネイティブにはノンネイティブの学び方がある。」

現在の英語環境は限られていること。
欲張ってすべてを欲しがらないこと。
ノンネイティブを意識した方法で、まず出来る部分を見つけて行くこと。


こんな気持ちにさせてくれたのが、今回のレッスンでした。

・・・と、色々と感じることが多かった日本人の先生のレッスン。
今まで体験したことがなかっただけに、ある意味衝撃的でした。

今後の親子英語を見直す機会となった日本人の先生との出会いに感謝して、もう少し自分の中で整理をしてみたいと思います。

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらは毎日更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
 帰国子女保持教室 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。