スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
やっぱりクラスの力は絶大!?

Yuzyがこの4月から通う学校では、幼稚園から英語が始まります。と言っても、幼稚園では週1時間。

昨年、学校見学に訪れた時のこと。

見せていただいた年長クラスでは、先生がエリック・カールの絵本を読み聞かせてくれていました。

それに続き、クラス全員で暗唱を始める園児たち。

続いて先生が、絵本の内容を子どもたちに質問し、次々に英語で答えていきます。

そのやりとりを、最初はじっと見ていたYuzy。家でも小さい頃から、親しんできたシリーズの絵本ですが、文字を読みたがっても、暗唱はするタイプではありません。そして、ママが朗読後、英語で質問しても、日本語で答えるか、軽くスルーをするのがいつものお決まり(笑)。

が、この時は違っていました。

クラスのお友達の輪に自分も入りたくて入りたくて、仕方がない様子。暗唱も英語で答えることも、みんなと一緒なら、どんどんやりたい!そんな雰囲気がじわじわと伝わってきました。

幼稚園、小学校に通い出すと、母語習得でさえも、家庭より教室の役割が大きいと言われる理由が、少し分かった気がしました。

現在の英会話教室はプライベートレッスンですが、同じレベルのお友達がいれば、グループの方が効果的と言われるのも、同じ理由からかもしれないですね。赤ちゃんが、パパとママの会話を聞きながら、言葉を習得するように、第三者として、周りの会話を聞くことって、実はとても大事なこと。こんな要素が、教室には詰まっているのだと思います。

インターを視野に入れた時期がありながらも、結局は日本の教育を選択した我が家。
まずは、母語を育てることを第一に、でも英語はやっぱり捨てられない。そんなスタンスになりつつあります。

今の娘には英語力よりも、日本に居ながらにして、外への興味を育んであげること。亀の歩みの我が家ですが、今年もマイペースに楽しみたいと思います(*^^*)

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらは毎日更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
◆ バイリンガル育児 | コメント(11) | トラックバック(0)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
本当にそうですね
Re: 4月からは学校に通うのですか?
鍵コメさん、

コメントありがとうございます(*^^*)

娘さん、日本語と英語を両方行う幼稚園に通われているんですね。幼稚園で英語もやってくれるなんて、理想的ですね!

紛らわしい書き方をしてしまいましたが、娘が4月より幼稚園を転園することになりました。私立の附属幼稚園のため、一貫校と言う意味で学校とくくってしまいました^^;

バイリンガル育成を長期的な目線で捉えたとき、やはり小学校高学年からの本格的なスタートが大事であることを考慮し、中学受験の回避の意味でも、我が家は早いうちから私学を選択する結果となりました。

姉妹ブログでは、アメンバー記事にて、そんな経緯も綴っていたのですが、親子英語ブログでは唐突過ぎましたね^^;

がっつり、日本の学校のシステムにはまりかけている我が家ですが、また娘さんの通われているバイリンガル幼稚園のことなど、良かったら教えてくださいね(*^^*)
Re: No title
コメントありがとうございます(*^^*)

幼児期からどんどんお友達の存在が重要になっていきますよね。親があの手この手を使っても全然ダメだったのが、お友達がいると嘘の如く、事が運びビックリです。

また良かったら遊びに来てくださいね。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: そうだったんですか。。。
鍵コメさん、

我が家も直前まで幼稚園受験を検討したこともなかったのですが、住んでいる地域が中学受験率が異様に高く、小学校の大事な時期に出来るだけ自分がやりたいことをやって欲しいという意味でも、今回の決断に至りました。

バイリンガル幼稚園、コンセプトとしても理想的ですよね。確かに子ども達は、自分にとって使いやすい言語を使うでしょうし、なかなか日本人の子ども同士で英語を話すというのは難しいのかもしれないのですね。ただ、英語が幼い頃から身近にあるということは、今後英語を学習していく上で素晴らしいアドバンテージだと思います。

こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします^^
Re: タイトルなし
鍵コメさん、

コメントありがとうございます。

きっとお子さんのタイプによって、小学校受験が向いている子、中学受験が向いている子など色々とあると思うのですが、共働きの我が家には、どちらにしても受験対策が必要となるこれらの受験は難しいと思い、ご縁があったらという気持ちで、特別な準備はせずに今回幼稚園受験をしました。幼児教室には通っていなかったものの、私がモンテッソーリ教育の教師の資格を取得後、家で細々と取り組みを行っていたため、結果としてはこれが実を結んだのかもしれません。やんちゃな娘はそんなお嬢様校ではありませんよ〜^^;

幼児期の大事な今だからこそ、色々と園選びには悩んでしまいますよね。素敵な園と出合いがあるといいですね。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: タイトルなし
鍵コメさん、

温かいお言葉ありがとうございます。娘は、プリを含めると2度目の転園なので、不安もあるのですが、本人は楽しみにしているようです^^;

Jolly Phonicsを取り入れられているんですね。素晴らしいアプローチのため、我が家も積極的に取り入れたいのですが、なかなか本格的な始動に至りません(^^;;

また、良かったらご家庭での取り組みの様子など、教えてくださいね。
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。