スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
前回記事にしたこちらの素材。

Frozen Read-Along Storybook and CD
Frozen Read-Along Storybook and CD

翌日に届いてから、ずっとリピート中です。
正直、母の第一印象は「娘にはスピードが速すぎる」と感じたのですが、本人は案外気にしてない模様。
やはり映像を何度も観ていることが助けになっているのか、しっかり内容にも付いていけているようです。

途中、CDではなく、母の読みきかせを求められトライしてみましたが、全然ダメ。
全くお手本とは異なる読み聞かせに、ママ自身が嫌になりました。

この読み聞かせ。
職場の英語教授法専門の教授陣でも、意見が分かれています。

「ノンネイティブであろうと、ママの読み聞かせに勝るものはない。」
「ノンネイティブであるがゆえに、感情、抑揚、発音など難しい部分もあり、お手本の音声があるならそれを使って問題なし。」


確かに子どもの情緒面という点では、ママによる読み聞かせは素晴らしいのかもしれませんが、英語のインプットという面では、やはりモデル音声はネイティブであってほしいなぁと感じたりもします。これは、読む本によっても使い分けが必要かもしれないですね。

そして、この週末のプライベートレッスン。
ちょっぴり、驚いたことがありました。

あれほど、発話面での伸長が感じられなかったYuzyですが、この日は妙に積極的。
センテンスで答えることも多く、中にはこんな単語知ってたの?というような、場面も。
英語力そのものがどうというよりは、英語のスイッチが妙に入ったという感覚でしょうか。

前回書いた「ネイティブを活かしきれていない」印象から、この時は初めて「ネイティブの先生だからこそ、身についている英語の間の取り方だったり、なめらかさだったり、口語表現だったり・・・。」
随分、調子がいいなぁと感じました。

もしかして、これってかけ流し効果!?
こんな短絡的な発想はすべきでないのでしょうが、思い当たる部分がそれしかなく・・・^^;
しばらく続けてみたいと思います(笑)。

11102014.jpg
ハロウィンが終わり、英会話教室もクリスマス一色^^

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらは毎日更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
 リスニング | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
ついに「かけ流し」を本格的に導入ですか?
我が家は試みては中断、再開しては中断…です。スピーカーが気になって仕方がない様子で。(息子が)
今度取り組むなら、スピーカーをどこかに隠した状態でチャレンジしないといけないかもしれません(笑)

モンテッソーリ教育に惹かれながらも、英語育児も取り入れたい!という思いや方向性が似ているので、今後のさらなるYuzy家の挑戦に期待しています!(似ているって厚かましいですよね。失礼しました。そして、我が家の息子が年下な分、いつも参考にさせていただくばかりで申し訳ありません。)
Re: No title
本格的に導入と言えるほどでもないのですが、ちょっとした時間は、BGMとしてかけ流すのもいいのかなぁと感じるようになってきました^^ここまで、英語に触れる時間が短いと、かけ流しくらいはあってもいいよね!くらいのレベルです(笑)。

息子さんのスピーカーに気が向いてしまうというお話、すごく分かります。以前、バイリンガル教育を専門とする職場の教授にかけ流しについて聞いたところ、やはり低年齢の子どもであるほど、ただの機械音だと言われたことがあります。この時期は、やはりママの声に勝るものはないのでしょうね。

いやいや、我が家の方こそプロの英語の先生でいらっしゃるごんごんママさん宅に期待していますよ~。我が家は英語育児も諦められないながらも、やはり母語での取り組みは時間が足りないくらいなので、なんとかそんなところに英語のスパイスがちょっぴり加わればいいなぁと思っています^^

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。