スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
やっと1週間が終わったけど・・・。

通常は週に2回だけのプリスクールだけれど、慣らし保育期間ということで月〜金まで毎日あったこの1週間。Yuzyは本当に頑張りました。

最終日の朝、やはりもうまた一人置いていかれることを察知しているYuzy。「ビーカー、のんの」を永遠繰り返し、一体何を言っているのかが判明したのは、言い始めてから10分くらい経ってからのこと^^;「ベビーカー」に乗りさえすれば、いつものお散歩コースだと思っているらしく、なんとかプリスクールは回避しようと、1歳ながらに一生懸命です。

じぃじの車に乗っても、まったく落ち着かず、半泣き状態になりながら、プリスクールに到着。でも、なぜか到着すると、あきらめの境地なのか、自分から「おんり」と言い、車から降り、またまた先生に抱っこされ、ママに"See you"と告げてお別れをするYuzyでした。

またもやプリスクールから電話がかかってくるのでは?と、やっぱり落ち着かない時間。この日は近場で買い物を済ませ、ランチはばぁばとお気に入りの韓国料理。

少し早めに迎えに行くと、小雨も何のその、子どもたちは元気に園庭を走り回っていました!でも、そんな中、明らかに一人楽しめていない子を発見!Yuzyです。保育士のA先生の横にべったりとくっついて、「ママ、ママ」と繰り返しています。

七夕を週末に控えているということで、この日は年少、年中、年長さんのクラスも集まり、園長先生が自ら写真を撮っていました。でも、あの「ママ」を連発しているYuzyはほぼ泣き顔だったのではないかと・・・><あー、心が痛みます。

そして、お迎えの時間になり、ママを発見すると、「ママ!」とYuzyが走ってきました。A先生のお話だと、どうやら園庭に出ると、迎えの時間と勘違いしているらしく、ママを探してしまって寂しくなってしまっているとのこと。でも、園長先生からも「だいぶ、落ち着いてきましたね」というお言葉をいただいたので、ちょっと一安心です。この日は・・・。

◎サークルタイムは、他のお友達と一緒にアクティビティーに参加できた。
◎七夕の飾りをクラフト。
◎ランチもほぼ残さず食べれた。
◎最後だけちょっぴりぐずっていたが、それ以外はだいぶ慣れてきた様子。


との報告。

Yuzyとバス停まで色々と話しながら歩く道のり(といっても5分弱^^)は、ママにとって、最高に幸せな時間です。お話といっても、1歳児とのお話なので、ほとんどママの言ったことをリピートしているだけですが、それでも、ちょっと前までは寝ていただけの子が、もう自分でリュックを背負ってスクール通いをするだなんて、本当にビックリ。なんだかとっても感慨深いです。

でも、事態が急変したのは、この日の夜。今まで風邪もほとんど引いたことがないYuzyでしたが、39度近い高熱が出てしまいました。あまり熱を出したことがないだけに、本人もどうしていいのか分からない様子・・・。とりあえず、翌朝病院に行き、お薬を飲んだので、熱は下がったのですが・・・。まだ、鼻水で涙目になっている姿を見ると、とっても自己嫌悪のママです。

やっぱりスクールに入れるには早過ぎたのか?週末でスクールは休みだというのに、朝から連れて行かれるのでは?と警戒している姿を見ると、胸が張り裂けそうになります。なんだか、彼女の笑顔が奪われていく気がして・・・。普通に、ばぁばと2人で公園に行ったり、アンパンマンのDVDを観たり、好きなことだけをやっている生活の方がまだこの月齢には必要だったのかなぁ・・・などと、思ってしまったり。入園前に園長先生が、「子どもは適応力があるから大丈夫。問題は、親がこの状況に耐えられるか。」とおっしゃっていましたが、今はとにかくこの言葉だけを信じて、やっていこうと思います。

あー、来週からまた元気に通園できるかな?
Yuzyが一日も早く園生活を楽しめますように。



こんなつぶやきに今日もお付き合いいただき、ありがとうございます♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
 プリスクール(2歳0ヶ月~) | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。