スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
外国語学習にとって本当に大切なのは、10歳以降!?

プリスクールを退園してから丸1年が経ちました。

とにかくバイリンガルに育って欲しい。
バイリンガルが手に入るのであれば、その他は何も要らない。


本気でそんなことを思っていたのが娘が2歳のとき。
けれども、英語教育だけでなく教育そのものを考え始めたとき、残念ながら我が家の希望する環境とプリスクールには隔たりがあり、結局は後ろ髪引かれながらも退園。

今後の親子英語の方向性を完全に見失っているとき、名古屋市内で「おやこえいごくらぶ」を運営するせつこさんからコメントをいただきました。せつこさんは、英語教師歴30年という大ベテランの先生。娘さん、息子さんを素晴らしいバイリンガルへと導かれた先輩ママさんでもあります。

プリ退園3日後に綴った「泣きながらの英語学習、どうなんだろう!?」という記事に対して、こんなコメントを当時いただきました。

私自身は、色々なことを犠牲にしてまで、英語にガッツリ取り組むことをしない、という選択をしました。
インターに通学しつつ、家で日本語に取り組む、という形ならできたかと思いますが
日本の学校に行きながらでは、難しかったです。
目標設定を現実的なものにして、そこそこの取り組みをしておき、10代で伸ばしてあげる、というのが無理がないのかな、と今は思っています。



完全に親子英語の路頭に迷った母は、このコメントに大きなヒント・支えを頂きました。
娘の成長に合わせ、日本語にシフトしていってもいいのではないか・・・。
そんな勇気を頂いたと言っても過言ではありません。

あれから1年。
前回のポスト「幼児期の英語には過度な期待は禁物!?」でも記した通り、一度は戻った娘の発話が、また週2のプライベートで急降下。発話の伸長を求めるのなら、ノンネイティブでも時間を増やせばいいのではないか。

またこれからの英語環境について迷いが生じ始めてしまいました。
そして、やっぱりアドバイスを求めたのは、プロの英語教師のせつこ先生。
ご自身のブログで、「読者の方からの質問」という形でお答え下さいました。

「外国語学習にとって本当に大切なのは、10歳以降です。」

そうアドバイスをくださったせつこ先生。
ご自身の子育ての体験からも実証済みであるが故に、非常にぐっと来る言葉でした。

ついつい目先の結果にとらわれ、なかなか長期的な視点で考えられなくなっていた母。
どこかすでにバイリンガル育児をあきらめた感が常にありましたが、実はこれからなのだと、希望がちょっぴり湧いてきました^^

今はやりたいことが目一杯の我が家。
時間が足りなくて足りなくて仕方がない・・・そんな状態です。

やりたいことをしっかりやりながら、英語ももちろん置いておきたい。
ちょっぴり新たな道が開けてきた予感がして、安堵の夜を過ごしています(笑)。

せつこ先生、ありがとうございます(*^^*)

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらは毎日更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
◆ バイリンガル育児 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。