スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
ドメスティック路線のパパ、海外志向のママ!?

まとまった休みがなかった8月。週末は3連休を利用して、義実家へと帰省してきました。

親子英語ブログを拝見していてよく目にする「帰省時の取り組みの中断」。

「家を離れると、取り組みが中断されてしまう。どうしよう。」

日頃からゆるゆるの我が家は、そんな懸念は一㍉たりともなく、よく遊んだ3日間でした(笑)。

逆に日頃なかなかゆっくりと話ができない義両親や義兄と今後のYuzyの教育について話す機会もあり、そこで見えてきた親子英語に対する位置づけ。

我が家は、パパは大学も日本の大学、職場も日本企業という超ドメスティック路線。けれども、ママは高校を卒業し海外に渡ってからは、一時は非国民と呼ばれていたほどの海外志向(笑)。モンテッソーリ教育と出会い、母語の重要性に気づいてからは、若干路線変更気味なものの、日頃英語環境の中にいることもあり、やはり英語は捨てきれないという部分もあります。

親子英語的には、超が付くほど低レベルな我が家ですが、それでも惜しげもなく英語を疲労する4歳児に向かって、感激してくれるパパの家族。

「何が何でもこの英語はキープしないともったいない。」

そんな義家族からの応援もあり、ドメスティック派のパパも・・・。

「もちろんそうだよ。」

なんて、普段思ったこともないはずの返事をしていました(笑)。

インターという選択は決断できなかったけれども、日本の教育をしっかり受けながら、英語も並行してできるところまで身につけることには大賛成だというパパ。将来、Yuzyがかつてのママが選択したように海外へと行きたいというのであれば、それは本人の意思を尊重してあげたいと、普段あまり話し合ったことのないようなディスカッションが義実家で繰り広げられました^^;

一時は、親子英語を一人で頑張っている感じが否めなかったママですが、ちょっぴり肩の力を抜くと、案外周りも応援してくれているのだと感じることができて、嬉しかった一幕。

低空飛行が続いても、遥か彼方まで飛び続けようと誓った3連休でした^^

近所の2歳児ちゃんと枝拾いに夢中・・・^^;
09152014.jpg

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらは毎日更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
◆ つぶやき | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。