スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
やっぱり「継続は力なり」?

来週からは幼稚園の夏期保育も始まり、ついに夏休みもそろそろ終了。サマースクール@英会話教室も、残すとこあと3回となりました。

1日50分、週5回のレッスンで果たして変わることがあるのか・・・全く予測も付かないままスタートしたサマースクールでしたが、様々な変化が見られました。

・・・といっても、これは母が感じる変化ではなく、スクールのメインの先生からフィードバック。

変化その1:発音。プリ時代のお釣りがまだ残っているのか、個々の発音はそれほど日本語に引きずられる印象はなかったYuzy。けれども今回、先生が劇的に変化したと思うのは、センテンスで話す際の発音。単語単語ではなく、よく耳にするセンテンスはしっかりと身体に染み付いた印象だとか。"I don't know."一言ですらも、状況によって強調する語が違ったり、覚えたフレーズを口にするのではなく、会話として成り立ち始めた印象を、発音から感じ取ったとのこと。

変化その2:発話量。相変わらず単語のみで答えることが多く、ママとしては決して大きな変化は見られない気がするのですが、先生曰く「質問することが増えた」というのが大きな成長だそうです。これは年齢的なこともあるのかもしれませんが、会話のキャッチボールを少しずつ楽しむことができるようになってきた気もします。

変化その3:先生の意識の変化。英会話教室で勤務する先生にとってのおしごとは、もちろん「英語を教える」ことであり、それが英語が母語でない子どもには、なおさら工夫が必要。けれども、この「ESLタイプ」の教え方ではなく、ネイティブの子たちと同じ感覚で教えることができるようになってきたとのこと。これが、先生曰く娘にとって何よりもの収穫であり、成長した点だとか。


・・・って、こんな風に連ねると、さぞかし大きな成長を遂げたと思われますが、これはあくまでも「超が付くほど下降路線」だったYuzyの1ヶ月前の英語に比較しての成長。親子英語的には、周りとは比較にならないほど低空飛行を続けている我が家です^^;

どちらにしても、9月になれば、またいつものスケジュールに戻ってしまう我が家。そろそろ、本格的にオンラインも検討すべきなのか・・・。それとも、やはり学期中は日本語に集中すべきなのか・・・。悩みは尽きません。

夏休み、遠出は出来なかったけれど、スクールでたくさんの楽しい体験をしたYuzy。ちょっぴり、また興味が広がったかな。残り3回、目一杯楽しみたいと思います♡

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらは毎日更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
 プライベートレッスン | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
Yuzyちゃん、濃い夏休みになったようですね♪

そうやって成長した部分を具体的に言ってもらえると嬉しいですね(*^^*)しかもネイティブの方ならではの見方というか、ネイティブの方だからこそ見える成長点といったかんじがします。

また幼稚園がはじまると日本語が強くなるかもしれませんが、夏休み中に大好きな先生と英語でお話する楽しさを知ったYuzyちゃんは大丈夫だと思います☆
Re: タイトルなし
rinrinさん、

果たして英会話教室のひとりサマースクールは吉と出るか凶と出るかとある意味運試しみたいな感じでしたが、それなりの成長は見られた一ヶ月でした。一番の収穫は、今まで週一でしか会うことの出来なかった先生と、仲良くなれたことだったかもしれません^^;

娘さんも、新たな道との出会いで、今後の成長が楽しみですね。常に良いものへのアンテナを張り巡らせているrinrinさん。これも母の愛だなぁと感じます。

幼稚園が始まると、また英語の入る余地があるのか不安ですが、細く長く続けられたらと思っています^^;

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。