スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
英語の位置づけが変わってきた!?

最近、Yuzyの希望で以前通っていたプリスクールへと行って来ました。

・・・といっても、実際はお盆でスクールはお休み。園長先生、先生方、お友達は誰もいない中、園庭をじっと見つめる娘。当時は広い園庭と喜んだものの、やっぱりあれから1年経つと、とても小さく見えるから不思議です。

スクールを離れる最後の日。

「もし、このまま英語がなくなってしまったら、どうしよう。」

不安になったのを覚えています。

あれから1年。

なくなることはなかったけど、消えかかることは多々ありました(笑)。
それは、きっとこれからも同じだと思います。
でも、完全になくなることはないはず。

それは、娘にとっての英語は、プリ時代の「母語とは異なる言葉」という位置づけから、今では大好きな先生方、ママのお友達たちの住む「海外の言葉」という位置づけに切り替わってきているからです。


最近は、かつてのWKEや海外アニメという学習用に作り出してきた環境の中での英語より、たまたま点けていた旅番組などから聞こえてくる英語の方がすんなり馴染む様子の娘。

「アメリカのどうろってひろいんだね。」
「アメリカのひとは、かみのけのいろが、いろいろだね。」

などなど。

言葉より先に文化が目に入る様子。
でも、気づくとその興味津々の映像を見ながら、言葉も理解しようとしている様子。

日本に住んでいるのになぜ英語が必要だったか分からなかった時期から、世界に住んでいるから英語も必要な時期に、ちょっぴり差し掛かってきた気がしています。

英会話教室のサマースクールでは、「英語」を勉強するのではなく、物作りや実験など、五感を使った様々な体験をしている娘。アメリカ人の先生から受ける説明は、当然英語なのだと、この外国語が特別ではない感覚が少しずつ身についてきたようです。

英語を教えられると、なかなか発話には繋がらないけど。
好奇心をかき立てられると、完璧でなくても十分発話に繋がる。


そんな発見をした夏だった気がします。

世界にはもっともっと面白いことがたくさんあるはず!
ママも娘と共に、こんなスタンスで親子英語をゆっくり歩きたいと思います^^

***

先生からしっかり説明を聞き・・・。


「リサイクル」の学習では、古いクレヨンを再利用してこんなアートを作ってきました^^
1408182.jpg

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらは毎日更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
◆ バイリンガル育児 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
はじめまして
初めて訪問いたします
おもしろいアートですね。
可能であれば、やり方を教えていただけないでしょうか?
Re: はじめまして
じゅじゅママさん、

はじめまして。ご訪問ありがとうございます。

こちらのアート、面白いですよね!
作り方はいたって簡単です。

古くなったクレヨン、使用しないクレヨンを画用紙にのりで貼り(画用紙をボール紙に貼っておいた方が安定感があります)、日光の下に置いておくと、自然とクレヨンが解けてきます。娘が作ったときは、たまたま天気が悪く、途中ドライヤーの熱なども利用しましたが、数日太陽の光に浴びせておくと、このようなものが出来上がるようです。

ぜひ、トライしてみてくださいね。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。