スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
子どもの興味を見逃さない!?

来月には4歳を迎えるYuzy。2歳の頃、1年間プリスクールに通っていたとは言え、やはり幼稚園に入園してからの経験の幅はプリ時代と比較できないほど広がっているのか、確実に興味の幅も広がってきました。

この頃彼女が一番興味を持っているのは「せみ」。毎日聞こえてくるせみの鳴き声を耳にすると、「せみってやさしい?」「せみは、にんげんをたべない?」などなど聞いてきます。そう、せみが好きで興味があるのではなく、せみが怖くて特性を知っておきたいらしいのです(笑)。

これに付随してか、最近は海の中にも興味を持つようになってきました。パパとの会話に耳を澄ませてみると、どうやら「サメとイルカの違い」を知りたいという3歳児。きっと、これも怖さからなのかもしれませんが、真剣にパパの説明を聞いていました^^;

こんな「怖いもの見たさ」的な要素も含め、幼稚園入園と共に広がってきた娘の興味。今までは行動範囲も家庭が中心だったのが、いきなり外へと環境は広がっていきます。それと同時に出てくるたくさんの疑問。

今までは読み聞かせというと、ほぼ彼女が選んで来た本を読み聞かせる場合が多かったのですが、最近は娘の興味に合わせてママから提案してみる場面も増えました。でも、ここのポイントは「娘の興味に合わせて」。ただ親が読んで欲しいと思うものを選ぶと、確実に却下されるのがお約束です(笑)。

「あれ、ママ、なんでわたしがしりたいことわかったの?」

と感謝されるくらいの絵本選びはなかなか至難の業ですが、案外パパとの会話に彼女の興味が隠されていることも多い我が家。聞いていないふりをしながら、ママは結構必死です(笑)。

この日セレクトしたStarfallシリーズのこちら。やはり、「サメとイルカの違い」の会話の後だったため、大ヒットでした^^

写真-167

CTP同様、やっぱりノンフィクションシリーズの決め手は字の少なさ(笑)。
写真-170

こういったシリーズは、ママが事前学習できるページがあるので、助かります。
写真-171

・・・とは言え、なかなか洋書の場合、子どものその時の興味に合った本を選ぶことは難しいのですが、吸収力が旺盛なこの時期だからこそ、書物は心の養分だと尚更感じます。知識を与えるのではなく、種をまく。いつか花咲かせる時が来るでしょうか・・・^^

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらは毎日更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
 リーディング | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。