スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
大事なのは自分自身でいること!?

職場の同僚(日本人)とランチ中、彼女の最近の研究テーマの話になりました。彼女の専門は英語教授法。大学の公開講座で社会人に英語を教えています。

初心者の学習者であるほど、「文法」だったり「発音」だったりと英語に対して身構えてしまい、なかなか発話へつなげることが難しいと感じた彼女。

色々とリサーチを行なった結果、彼女が有効だと感じた方法は「英語学習者から脱却する」ということだといいます。

「英語学習者」という仮面は、英語を学ぶときには必要ないのだと言うのです。

彼女の担当する授業では、受講生に「英語学習者」として授業に参加するのではなく、「なりたい職業」として参加してもらうようです。例えば、パン作りが趣味の人だったら、「パン職人」となる。

なかなか発話に繋がらなかった受講生たちも、英語学習者という仮面を脱ぎ捨て、なりたい自分になった瞬間、急に饒舌になるといいます。

この話を聞いて、最近の娘の英会話教室での一コマを思い出しました。大好きな先生のはずなのに、最近は彼女との会話がそれほどはずまなかった娘。なぜなら、その先生は「英語学習」として定着させるために、毎回同じ質問を繰り返し、娘に何度も発話を試みていたのです。

けれども、最近初めてレッスンを体験した先生は、初めてということもあってか、「英語学習」というよりも、本当に自分自身の興味から娘に質問をしている様子。今までとまったく違うタイプの質問を娘も新鮮と感じたのか、一生懸命答えようと試みていました。

英語を学ぼうと気負うのではなく、これはあくまでも異文化体験。そこには、当然母語以外の言葉がある訳で、でも完璧なんて目指さなくていい。とにかく言いたいことを伝える努力をする。そんな姿勢が大事なのではないかという話を、カレーうどんをすすりながらしました(笑)。

まず大事なのは自分自身でいること!

大人にとってはなかなか難しいことですが、これができると案外言葉は後から付いてくるのかもしれません。親子英語を進めるに辺り、大きな気付きをもらったランチ時間でした(*^_^*)

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらは毎日更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
◆ バイリンガル育児 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。