スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
Academic Languageは段階を踏まないと育たない!?

夏休み期間中は、サマースクールではなく、プライベートレッスンを増やすことに決めた我が家。週末は思いっきり遊び、平日は週4でレッスンに通う予定です。

先日、夏のカリキュラムについてスクールより連絡がありました。フォニックスやサイトワードなど言語的な部分だけに焦点を当てた授業ではなく、毎週トピックを決め、教科横断型で学習できるようなカリキュラムを作成して頂いているとのこと。IBのカリキュラムを彷彿させるような、このテーマを教科の枠を超えて学習していく探求型学習スタイルに大きな魅力を感じているママ^^どんな風にレッスンが展開されていくのか、楽しみです。

けれども、同時に感じているのは、Academic Languageは段階を踏まないと育たないということ。もしあのままプリスクールにいれば、ある程度アカデミックな部分も日頃の積み重ねで消化することができたのかもしれませんが、現在の我が家のような限られた英語環境では、やはり日本語の知識の上に英語を持ってきた方が格段に効率が良いと感じています。

例えば、今回の夏のカリキュラムの一つにある"Matter(物質)"というトピック。プロの先生方は、3歳児にも分かるようあの手この手で興味を惹きつけて下さることは想像ができるものの、やはり日本語で知識があった方が、娘の中では消化不良を起こさず理解しやすいのではないかと感じています。

そういった意味では、我が家の現在のアプローチとしては「日本語で学び、英語で復習する」(笑)。

ちなみに"Matter(物質)"というトピックは、過去に家でもこんな提示をしたことがありました。元はと言えば、なぜアイスクリームが溶けるのか・・・。どうして冷凍庫に入れると固まるのか・・・。そんなYuzyのふとした疑問から始まったものでした^^
o0480036012957091813_201406251225289e9.jpg

日々の取り組みも日本語中心となり、非常に限られた英語環境の我が家ですが、それでもいつか外に出た時に適応できる下地が作れれば、それだけでも大きなプラスなのではないかと信じているママです(*^^*)

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらは毎日更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
◆ バイリンガル育児 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。