スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
英語力だけではなく、その先にあるものを掴む。

職場で、海外の大学のProvostをお招きし、お話を聞く機会がありました。日本に毎回来て思うのは、国民が非常に成熟しているということ。けれども、一つだけ残念だと感じるのは、他のアジア諸国に比べると、英語力が追付かないことだと言います。

日本国内の英語教育の改革も進められてはいるものの、これから未来を担っていく子ども達に体験して欲しいのが「英語の環境にどっぷり浸かること」だそうです。日本国内のインターナショナルスクール等ではなく、朝から晩まで英語のみの環境に身を置くということ。そう、留学です。

決して長期でなくても、英語のみの環境で暮らすとはどういうことか。そして英語力だけではなく、その先にあるものをしっかり掴んで欲しいと仰います。

実は、ママが最近、母語をしっかり育てたい、日本という自分の取り巻く環境をしっかりと理解して欲しいと思う背景には、この「海外」という存在があるからなのかもしれません。決して長期の留学でなくても、人生のどこかで、日本の外から日本という国を見て来て欲しい。そしてしっかりと日本のことを伝えられるようになって欲しい。そんな漠然とした想いが芽生えています。

ママ自身、留学を通じて得たものは・・・「違いを受け入れる力」。もちろん英語力も多少は身についたかもしれません。でも、これはわざわざアメリカの大学まで行かなくても、日本でも同等もしくはそれ以上の英語力を身に付けることもできると感じています。でも、「違い」を肌で感じるには、日本を飛び出してこそ感じられるもの。生まれて20年常識だと思っていたことが、一日にして崩れるあの衝撃は、日本ではなかなか体験できないある意味とても貴重な経験(笑)。

今、娘が日々を通じて触れている英語とは、まさしくこの世界と対面するためのもの。英会話教室では外国人の先生と触れ合い、家庭では英語の絵本と触れ合う。いつか海外に出たときに、少しでもあの衝撃が和らぐよう、そんな事前準備なのかもしれません^^:

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらは毎日更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
◆ バイリンガル育児 | コメント(6) | トラックバック(0)
コメント
留学ですか~
子供が小さなうちにぜひ親子海外留学をしたいという希望がありますが、仕事があるとそれもなかなか難しそうです。

「留学」って、英語などの語学力を磨くこと以上のことがあると思います。海外に出て初めて気づくことって本当に多いですよね。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
そうですね。とても共感しながら読ませて頂きました。
自分の育ってきた環境での常識がいかに外国に出たときに通用しないのか、またそれらの違いを感じた上で色々な視野から物事を見ることが出来る力ってとても大事になってきますよね。
(私の初めてのホームステイ先はユタ州のモルモン教のお宅でそれはとても衝撃でした!)

英語圏からのみならず、アジアの国とかのマーケットで教育を受けないながらも生活するために独学で生き抜くための英語や日本語をマスターしている子たちの力強さとかたくましさとかそういうものも是非触れてほしいなぁと思います。

子どもには本と色々経験して欲しいですよね!
Re: 留学ですか~
ごんごんママさん、

私も親子留学に憧れています!けれども、何か結果を形で残すとなると、やっぱり自分一人で行動できるようになってからかなぁなどと、最近思ったりもしています。

留学の意義って、実は語学習得以外のところに多くあったりしますよね。やはり経験は何事にもかえられないと思うので、いつか本人が望めば、外から日本と言う国を見てきて欲しいなと思います。
Re: タイトルなし
鍵コメさん、

はじめまして。ご訪問ありがとうございます。

ご質問の件ですが、メールにてお送りさせていただきますね。

また遊びに来ていただけたら嬉しいです。今後ともどうぞよろしくお願いします^^
Re: No title
りかママさん、

ご訪問ありがとうございます^^

いつ海外へ出るかの時期にもよるのかもしれませんが、10代最後に初めて経験したアメリカでの生活は私にはかなり衝撃的でした。でも、数年後に帰国した際、日本の生活がある意味またすごく衝撃的だったのですが^^;りかママさんは、最初がユタのご家庭だったんですね!今でも職場のユタ出身の教授には驚かされっぱなしなので、その衝撃の大きさは・・・想像がつきます(笑)。

そうですね。ついつい英語圏ばかりに目がいってしまいますが、世界中のそういった側面を見て感じ取ることもすごく大事ですよね。常識を越えて色々と見て感じる心を養ってもらいたいと思います^^

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。