スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
言葉は生きている!?

幼稚園に入園して3ヶ月。日本語環境にどっぷり浸かっているせいか、日に日にYuzyの話す日本語は難易度が増していきます。言葉の表面的な部分だけでなく、思考力が付いてきているのを、彼女の言葉の端々で感じます。それに引き換え、英語の方はというと・・・。2歳のプリで培った表現を辛うじてキープしている程度でしょうか(笑)。

「スピーキングが伸び悩んでいる。」なんて口にしたこともありましたが、考えてみれば当たり前。言葉は生きているもの。会話をする相手がいて、初めて伸長するんですよね。週1回や2回の英会話教室のみでは、絶対的な時間数が足りないと、身を以て感じています。

この状況をどう打破するか・・・。
プリを辞めてから、ママが陥った負のスパイラルはここでした。
オンライン英会話を日課とするか、それとも母の語りかけを徹底するか、ワークを習慣づけるか、DVDをどんどん投入するか。

これらをすでに実行されている親子英語家庭の皆さん。
素晴らしい結果をすでに残されていることは、もう実証済み。
もしかすると、我が子でも、上手くいけば状況は好転するかもしれない。

でも、現実は・・・。
仕事から帰宅後、やはり娘と一緒に過ごしたい気持ちも強く、たった20分でもオンライン英会話は今の我が家には難しい状況。ママによる語りかけも、日本語でお互いお喋りしたい気持ちが先行。ワークもDVDも定期的に新しいものを投入するという母の意気込みが弱く、アンテナをまったく張れていない状況^^;

そんな状況の中で、ママが出した答えは、「長期的に言葉を育てる」ということでした。「ネイティブ相応」というフレーズに惑わされ、焦燥感で押しつぶされそうになった日々。まったく先が見えない道のりに、とにかく不安だらけだった気がします。

バイリンガル教育を意識し過ぎたあの時間は、とにかく娘に教え込もうという雰囲気が漂っていた我が家。決して、親は先生にはなれないのに、外国語というだけで、どこか教科書を開きながら学習するかのようなイメージだったあの頃。少なくとも幼児期の学び方ではなかったと、今強く感じています。

じゃあ、今、家庭で何ができるのか・・・。
なかなか難しい問題ですが、まずは地頭を育てること。母語をしっかり身につけ思考能力を養うことで、英語にもプラスに働く部分は今後大きいと考えています。

そして、発話力よりは理解力のキープに努めること。"Can you say that in English?"などと、強要は以ての外。自力読み、絵本の読み聞かせ、DVD視聴など、娘の望むやり方で、今まで培った英語を理解する力を保つことができれば、しばらくはそれでいいのかなと感じています。

そしてやっぱり、英語は体験的に習得させてあげたい!ママとの会話を通じて言語を学ぶのではなく、外国人の先生方や外国人のお友達。その文化に触れながら、言葉も習得できたらと言う気持ちは変わりません。

一朝一夕では習得できない外国語。長い道のりをゆっくりと、でも着実に。そんな"baby step"こそが、後に花開く大きな要素なのではないかと、感じている今日この頃です。

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」こちらは毎日更新中(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
◆ バイリンガル育児 | コメント(8) | トラックバック(0)
コメント
お久しぶりです
ご無沙汰しています。
日本語をしっかり育てようというYuzyママさんの考え方、とっても素晴らしいと思います。
最近、息子は週2で英語のプリ(未就園児対象のプリスクール)に通い始めました。たまたま良い出会いがあったので通うことに決めました。
ただ、息子自身が英語の方がちょっと入りやすすぎるタイプのようなので、母語をきちんと確立させて思考力ともに育ててあげたいという思いがあって幼稚園は日本語の幼稚園に行かせようと考えています。

幼稚園にあがったら、Yuzyちゃんのようにいま以上に息子も日本語にたくさん触れて会話もどんどん高度になってくるだろうなと思います。
私ももしかしたら息子の英語に関して焦燥感を感じる日がくるかもしれません。
その時には私もYuzyママさんのように、親の理想ではなく子供のことをきちんと見て、そのひとつひとつにしっかり向き合っていきたいと改めて思いました。

先輩ママさんのこういった葛藤も含めた経験談は、私にとってすごく心強いです!
これからも更新楽しみにしています。

今更ですが、ぜひYuzyママさんのブログをリンクさせてください☆よろしくお願いします:)
No title
Yuzyママさんが親子英語ブログを再開されてとても嬉しいです。

Yuzyちゃんも幼稚園生活が始まり、大きく成長されていることと思います。

記事の更新☆楽しみにしています。
これからも宜しくお願いします♪
Re: お久しぶりです
ケイさん、

ご無沙汰しています。こんな幽霊ブログにまた遊びに来ていただいて、嬉しいです^ ^

息子さん、プリに通われ始めたのですね!素敵な園との出会いであれば、尚更、素晴らしい選択だと思います。特に環境からの吸収精神が旺盛なこの時期、英語を身近なものにしておくことは、あとあと日本語の幼稚園に行かれても貯金にもなるし、やはり未就園児時代が大事だったなぁと心底感じます^^;

なかなか親の理想通りにならない子育てですが、焦らず長期的な視点で物事を判断していかなければならないと、今頃気付いたりしています(笑)。試行錯誤だらけの我が家ですが、また遊びに来てくださると嬉しいです。

ブログリンクの件、ありがとうございます♡こちらも貼らせていただければ、嬉しいです。
Re: No title
ふうみんさん、

大変ご無沙汰しています^^;また、遊びに来てくださり、とても嬉しいです。なかなか親子英語と言えるような取り組みがなく、長い間放置してしまいましたが、まだ見てくださる方がいて、すごく嬉しく思います。

色々悩んだ幼稚園選びでしたが、日に日に沢山のことを吸収しているようです。娘にも、お姉ちゃんのように優しい子になってもらいたいです(*^_^*)

また色々と参考にさせてください。いつも、ありがとうございます♡
こちらこそ
リンクの件ありがとうございます☆
こちらこそよろしくお願いします。
幽霊ブログどころか、過去の記事をさかのぼっていつも参考にさせて頂いているので、いつもとっても勉強になっています。

改めて、これからもどうぞよろしくお願いします:)
Re: こちらこそ
ケイさん、

温かいお言葉ありがとうございました^^

リンクの件もありがとうございます。早速貼らせていただきました。

今後ともどうぞよろしくお願いします♡
No title
こんばんは!
今日はこちらにコメントです(^-^)
思えば私自身も、英語を習得(完璧とは程遠いけど)したのも、まさに文化的要素に助けられてのことだったと思います。
異文化への憧れ、募る興味…等々があったから自分から勉強出来たのだと。
娘にも、異文化に触れたり憧れたり親しんだり…っていう機会を沢山作ってあげられたらいいな(^-^)
と思いつつ、今のところ、外国のお友達はゼロなんですけどね(^-^;
私もいろいろ模索中です(^o^;)


Re: No title
ちぃさん、

わ〜こちらまで足を運んでくださるとは!感激です(*^^*)

今後の英語に対するスタンスが上手く定まらず、ずっとこちらのブログは放置だったのですが、夏に向けて少しずつ始動を始めた我が家です。ちぃさんもご自身が英語という言語に造詣が深いからこそ、娘さんへの英語をどう関わっていくか・・・いろいろと考えるところはありますよね。

我が家の場合は今思うと、早期教育的なスタンスになりつつあった部分もあり、モンテッソーリ教育と出会ってからは「これではいけない!」と必死で軌道修正しているところです^^;やはり文化的要素は、語学習得には欠かせないのかもしれませんね。娘が自分からやりたいと思えるまで、親は種を蒔き続ける!ってところでしょうか。

また英語に関しても色々と情報交換させていただけたら嬉しいです^^

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。