スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
『青い光が見えたから 16歳のフィンランド留学記』を読んで。

相変わらず、ママの中でブームが続いているフィンランド教育。

なんとなく教育システムそのものの輪郭は浮き上がってきたものの、もう少し実態を覗いてみたくて、フィンランドの高校に留学された日本人女性の体験記を読んでみました。
青い光が見えたから 16歳のフィンランド留学記青い光が見えたから 16歳のフィンランド留学記
(2007/03/16)
高橋 絵里香

商品詳細を見る

いやぁ、久しぶりにこれほどまでに引き込まれる本に出会いました。1時間の通勤×3回で読破!(笑)電車の中だというのに、思わず涙がつたわってくる場面が幾度となくあり、フィンランドの教育はもちろん、教育そのものについて考えさせられる一冊でした。

フィンランドの教育。
一言で言い表すならば、「多様性を尊重する」ということでしょうか。

読書量が世界一と呼ばれるフィンランド人。彼らにとって読書の意味とは「他者の価値観に触れること」だそうです。自分との違いを認め、尊重する。彼らのコミュニケーション能力の高さの秘密はまさにここにあるのかもしれないですね。そして、英語がここまで堪能な理由もこの「多様性を尊重する」文化が創り出したものなのかもしれません。

そういった意味では親子英語の取り組みもまさしく多様性を尊重する入り口。英語のレッスンも絵本もDVDも自国のそれとは違ったもの。けれども、幼い頃からそういった環境に身を置くことによって、自然と他者との違いを尊重できる人に育っていくのかなぁなどと感じています。きっと、親子英語のような環境の中で育ってきた子どもたちは、大人になった時慌てて「グローバル人材育成」などとスローガンを掲げなくても、十分世界人となっているのかもしれないですね。

でも、世界人である前に、日本人であることを忘れずに・・・。
ママ自身への忠告でした(笑)。

***

今回の本を読み終えたと同時に、Amazonから発送メールが!
ついにフィンランドの英語教育に関する新刊が出ました。
楽しみ~^^

フィンランドの小学校英語教育 ——日本での小学校英語教科化後の姿を見据えてフィンランドの小学校英語教育 ——日本での小学校英語教科化後の姿を見据えて
(2014/01/22)
伊東 治己

商品詳細を見る


ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
 フィンランドの教育 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。