スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
激動の2013年、さようなら(笑)。

つい先日こんな記事を書いたかと思えば、もう一年。本当に時の経つのは早いと、年を重ねるごとに感じます^^;

今年一年の中で、我が家にとって、最も衝撃的だったことといえば、やはりこれでしょう。以下、私的な想いです。

#まさかのプリスクール退園!?

昨年の今は全く予想だにしていなかったことでした。それよりか、幼稚園入園に合わせて退園していくお友達を見ては、「もったいない」とすら感じていたママ。けれども、Yuzyが日に日に成長するにつれ、その想いは変わっていきました。英語はただの言語と言いながらも、彼女の人生の柱かのような扱いをしてきた一年。何度も後ろ髪引かれるような思いをしながら、ついに退園となりました。けれども、普通幼稚園を選択したことは間違いでなかったと、今は自信を持って言えます。やはり少人数だったプリスクールとは、経験出来ることの幅が違い過ぎる!これ一言に尽きると思います。でも、幼稚園の選択がこれほどまでスムーズにいったのは、やはりプリスクールを体験していたからこそ。とにかく、今でも娘の英語の土台と集団生活の基礎を教えてくれたプリスクールに、ただただ感謝です。

#ホームスクールを開始するものの‥

プリ退園に伴い、突き付けられたのが、今後の英語との向き合い方。英会話教室は通うにしても絶対的な時間数が足りなさすぎる!でも、どう頑張ってもワーキングマザーが捻出できる英語時間は一日30分。なら、この30分は必ず英語に充てようとスタートしたのがホームスクールでした。最初はかなり順調だったものの、カリキュラムが複雑になるにつれ、娘も母もやる気が失せ、超低空飛行に。結局、背伸びはやめ、今単純に娘が楽しめるものを取り入れるスタイルに変更。しかし、最近は完全にお絵描き&塗り絵時間が押し、取り組みゼロの日も珍しくありません^^;

#英会話教室が良い起爆剤に!?

そんな絶不調かに見える親子英語ですが、英会話教室で学習したことの復習は、なんとなく上手い具合に進んでいます。やはりレッスンが楽しかったからなのか、家でも同じことをやりたがるのです。やはり、子どもにとって大事なのは、「楽しい」という気持ち。「できた」と言う満足感と共に大事にしていきたいと思います。

2014年は、娘にとって幼稚園入園という初めての本当の集団生活が始まる年。日本語はもちろん、社会のルールや、お友達との関係など、家庭では学べない沢山のことを学ぶことになると思います。まずは、この幼稚園生活が円滑に送れるよう、全力でサポートすること。英語は余裕があれば、入れていただけると幸せ♡と言ったとこでしょうか?^^;入園までの残り数ヶ月は、英語の種を蒔き続けながらも、その後の日本語環境に備えたいと思います(*^^*)

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
◆ バイリンガル育児 | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
No title
本当に激動の1年でしたね~^^
でもでも常に前進し続けるYuzyママさんの行動力に
いつも感動し刺激をいっぱい貰いました♪
Yuzyちゃんが楽しんでいる様子も微笑ましく
yunの小さい頃と重ね合わせてはニヤニヤして(笑)
これからまた楽しいですよー!
Yuzyママさんなら間違いない!未来は明るいです!

また来年もどうぞ宜しくお願いします☆
No title
去年は本当にお世話になりました!
今年もよろしくお願いいたします(*^O^*)
Re: No title
Carriexxxさん、

昨年は本当にありがとうございました。落ち込んだ時や、不安な時でも、Carriexxxさんから頂くコメントに、たくさん励まされました。

やはり、何と言ってもあのyunちゃんのママさんであるということ(笑)。きっと試行錯誤された部分もたくさんおありだと思うのですが、ブログから伝わって来る、常に前向きなメッセージに、たくさん勇気を頂いた一年でした。

今年はついに幼稚園!戸惑うことも多いかと思いますが、楽しい!というCarriexxxさんの一言で、なんだか嬉しくなってきました(*^^*)今年もどうぞよろしくお願いします。
Re: No title
sakurakuraさん、

こちらこそ、昨年はご訪問頂き、ありがとうございました。母のつぶやきだけで、何の発信力もないブログですか、今年も遊びに来ていただけたら、嬉しく思います(*^^*)

今年もよろしくお願いします。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。