スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
たくさん経験をして世界を広げることの大切さ。

先日「開始から10分で終了したプライベートレッスン」と題して、まったくレッスンにならなかった日のことを書きましたが、その2日前にいつものアメリカ人女性のレッスンがありました。順番が前後していますが、今日はその日の記録です。

この時は、いつもの先生と言うこともあり、Yuzyはルンルン。また「お勉強」的要素と「お楽しみ」的要素が上手く交差するレッスンは、娘の満足感とモチベーションを上手に引き出し、ママの見た感じでは、とても楽しんでいるように見えました。といっても、子どもはいつどこで、態度急変となるか分からない・・・^^;あまりにも自分勝手な解釈はやようと心に誓う母です。

プライベートレッスン5回目の記録です。

Warm-up
• 導入:好きな食べ物、今日の天気、
• フォニックス:CVC単語の読み方の確認(big, ten, sat, fox, box, sad, dad, pup)
• 歌:Hello Song、NOP Song(ABC Songの替え歌)、Who Stole the Strawberry from the Strawberry Jar?(Who Stole the Cookies from the Cookie Jar?の替え歌)


Review
• サンドイッチの作り方・ピザの作り方(順序立てて話す (First, and then etc.,)、必要なものを伝える(I need ~))
• 比較級に慣れる、倍数表現を学ぶ(twice as warm, twice as long, twice as soft)
• 感情表現を学ぶ(sad, happy, tired, hot, cold, scared, hungry, sick)

Vocabulary and Homework Check
• スペリングチェック:snow, ice, hat
• 宿題:CVC単語の読み方チェック(snow, ice, hat, cold, socks)

Main Lesson
• レッスンテーマ:Winter Clothes
• 目的:(1)冬に身に付けるものの確認("put on", jacket, hat, scarf, gloves, pants, mittens, socks, blanket)(2)似ている語彙の使い分け(gloves-mittens, warm-hot)
• アクティビティー①:"Brrr!"の絵本を使って語彙復習
• アクティビティー②:ストーリーパズル<カエルの着せ替え>で語彙復習("put on ~", jacket, hat, scarf, gloves, pants, socks, blanket)
• アクティビティー③:冬に関する語彙を見つけよう(カードゲーム)

Songs
• "I can ~ + Jingle Bells" (I can run, I can jump, I can dance, I can sing)


• "I am cold song"(オリジナル)(First I need - , Then I need -)

Story Time
• "Oxford Reading Tree Songbirds Phonics: Level 5: No Milk Today "

Oxford Reading Tree: Stage 5: Songbirds: No Milk TodayOxford Reading Tree: Stage 5: Songbirds: No Milk Today
(2008/01/10)
Julia Donaldson、Clare Kirtley 他

商品詳細を見る


この日は、今まで当然のように使っていた単語1つ1つに先生が留意し、Yuzyに確認する作業がなされていました。

例えば、"mittens""gloves"。日本語では両方手袋ですが、一体どう違うかYuzyに確認。すると、案の定彼女の中では分かっていないようでした。また、"hot"と"cold"は使えても、"warm"は上手く使えていなかった彼女。先生がレッスンが始まるとき、暖房が暑すぎないかと確認すると"Are you hot?"と聞くと、"I'm okay."の答え。意味は分かっていても、自分からは出てこない単語が山ほどあるので、今回は"warm"のような自発的に出てこなかった語彙を、上手く引き出す練習をたくさん取り入れてくれました。

日ごろ、ついつい語彙を増やそうと、新たな言葉に多く触れさせたいという気持ちが働いてしまいますが、何度も何度も同じ言葉を色々な場面で使い、定着させていく。この作業なしには、自分の言葉として定着しないということに改めて気付かされました。

この日のテーマだった"Winter Clothes"は、洋服それぞれの名称は分かっても、着方の順番がめちゃくちゃだったりと、家でも復習の余地多々あり(笑)。ここでも1回目のレッスンで習った"First I need, then~"といった表現を使いながら、練習しました。復習はこの辺りでできそうです。
winter clothes

この日のStory TimeはORT: Stage 5: Songbirds: No Milk Todayより。あまりページ数が多いと、集中しないので、家でもどうしても低いStageばかりを読み聞かせていましたが、案外これくらいならいけるのだと確認。動物1つにしても泣き声を確認したり、どう役立っているか(牛→牛乳、羊→洋服など)を確認したりと、先生は1つの単語からいくらでも話を膨らますことが出来るので、家庭でも同じような試みを・・・と考えています。

この5回のレッスンを通じて感じたことは、Yuzyの経験の足りなさ。読み聞かせでも、先生の日ごろの質問でも、言語云々の問題ではなく、経験したことがないから分からないという場面が度々見られ、まずは「たくさんの経験をして、世界を広げていく」ことが大事だと痛感^^;英語の前に、やるべきことが山ほどあるYuzy家です(笑)。

Books for Today's Review
• 冬に身に付けるものの確認
Read at Home: More Level 1A: The Snowman (Read at Home Level 1a)Good Old Mum. Roderick Hunt, Gill Howell (Ort Patterned Stories)

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
 プライベートレッスン | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。