スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
スクールに求めるものが分かってきた!?

週1回40分というこの貧弱な英語環境を何とかしようとあがいた数ヶ月。実際に、見学に訪れたのはここ1ヶ月ほどでしたが、英会話教室のプライベートレッスン、プリのアフタースクール、帰国子女保持教室と見学をそれぞれするにつれ、これらのスクールに何を求めているのかが、少しずつ分かってきたような気がします。

最初は、プライベートがいいのか、グループがいいのかすら分からずスタートしたスクール探しでしたが、3歳3ヶ月という年齢では、なかなか近い年齢と経験を持つお友達を探すのは難しいということが分かりました。親子英語ブログを見ていると、すぐに見つかりそうな印象ですが、現実はそうでもなく、結局は不安要素が多かったプライベートという選択に。

実際、プライベートと言えども、そこの英会話教室で持っているカリキュラムを生徒一人でこなすものだったり、なかなかカリキュラムのリクエストとまでいかないお教室も多く、プライベートレッスンと一口に言っても、千差万別だということも分かりました。

かと思えば、最後に見学に訪れた帰国子女の保持教室は、グループレッスンと言えども、保護者の意見をなるべくレッスンに反映させようと努力してくださったり、本当にいろいろ。

結局、どんな形態であろうと、ママが理想とするのは「各家庭の英語環境や目的、今後の目標をしっかりと理解してくれるスクール」。教え方云々より、案外これが一番大事な部分だったのかなと感じました。

見学に訪れたのは3校のみでしたが、メールや電話での問い合わせも含めると10校以上は検討したでしょうか。どんなに素晴らしく見えるカリキュラムを保持していても、スクールのカラーが強すぎて、保護者の意見は全くの度外視というスクールは候補から外れ(笑)、結局残ったのが現在すでに通っている英会話教室でした。もちろん、英語教育の素人の保護者の意見に耳を傾けるより、長年に渡り培ったスクールのノウハウに従う方が、結果としては近道なのかもしれません。

が・・・親子英語と題している以上、そこは簡単にいかないところ(笑)。
やはり、我が子のニーズや興味に少しでも合ったやり方を模索し、常により良いものを求め試行錯誤を繰り返すのが、親子英語の醍醐味だと思うのです。

今思うと、現在通うスクールは、入学当初は、近さと安さが決め手だったのですが、プライベート切り替えに辺り、本当にスクールの多くの方にお世話になりました。具体的には、カリキュラム専任講師の方に仮のカリキュラムを作っていただいたり、いつもお世話をしてくださるスタッフの方はもちろん、学校長、スクールマネージャーの方々ともお話をさせていただいたり、講師20名以上を抱える中規模のスクールにも関わらず、こちらの想いを真剣に聞いてくださったことに、ただただ感謝するばかりです。

実際には、授業時間が10分長くなることと、内容が若干アカデミックなものも取り入れてもらうというだけで、ほとんど今までと変更はないのですが、これから幼稚園に上がり、出来ることが増えるにつれ、Languageのみではなく、MathやScience、そして時には外に出て課外授業を行うなど、英語圏のキンダー寄りなレッスンをその都度状況に応じて作り上げていくのはどうかという提案をいただきました。

こんなお話を伺い、ママの想像は膨らむ一方ですが・・・相手は所詮3歳児^^;

出来ることが限られているため、なかなか理想的なレッスンにはまだまだ時間が必要そうですが、まずはスクールで行ったことをベースに、家ではどのようなフォローが出来るか、一緒に考えながら今後のレッスンを「スクール+家庭のサポート」という形で作り上げていきたいと考えています。

ホームスクールでさえこれだけ難航しているのだから、スクールにだけ満足を求めるのは以ての外(笑)。あくまでも、相乗効果を狙って、ちょっとずつ前進できたらと思います^^;

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
◆ スクール | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。