スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
おもちゃがないのが功を奏した!?

散々な結果で終わった前回のプライベートレッスンの体験。気を取り直して別のスクールのプライベート体験に行ってきました。

現在通う英会話教室は比較的新しく、見た目もとってもラグジュリアスなのに対し、今回体験に伺ったスクールはママ自身が小学生の頃通うことを検討したこともあるくらいの老舗スクール。雑居ビルの1室で開講されているスクールは、とにかく海外から取り寄せたテキストの山で、まるで昭和の古書店のよう(笑)。帰国子女のための老舗スクールとあり、3ヶ月ごとに海外からテキストを100冊単位で取り入れるそうです。

体験に行く前に、現在までの英語学習歴をかなり詳しく聞かれ、プリスクールではネイティブ教師オンリーの授業か?日本人の補佐もあったか?などなど、あまりの細かさにちょっと驚きました。また、今まで使用したテキストや現在の家での進め方の詳細も説明し、実際体験に伺うと、3歳児相手にかなり本格的な体験授業が用意されていてビックリ。

「名前」「年齢」「好きな食べ物」といった簡単な受け答えのチェックから入り、その後は語彙チェックを行い、名詞、動詞それぞれどれくらい知っているかを確認。そして、単数・複数、現在形・進行形などの使い分けがそれぞれ出来ているかなど、今までママが考えたこともない「文法」を切り口としたチェックも行われ、ちょっぴり面食らう母(笑)。

後半は、オーストラリアのキンダーのテキスト"Beginning to Read"を使用。絵を見て、「指定されたレターから始まるものを探す」「適当なイニシャルレターを探す」「イニシャルレターを書く」といったアクティビティーを行いました。英会話教室のテキストはまだまだ色塗りや運筆練習が主なため、まだ難しいのではないかと思ったのですが、現在書くことへの敏感期真っ最中のYuzyはルンルン^^
0141C-355x500_201311111615508a7.jpg
beginning to read

結局、歌もゲームもないまま、体験レッスンは終了^^;
前回はふざけまくった体験レッスンでしたが、今回は遊べるものが教室には一切なかったためか、お勉強色が強かったにも関わらず、案外集中していた娘でした。

初めて英語を習う子のクラスは3歳から設けられているこちらのスクールですが、特徴的なのは遊ぶスペースがまったくないこと。最初から机と椅子に座り、「学習スタイル」を身につけるようです。現在通うスクールとまったく正反対のアプローチのため、果たして今後娘がどれほど受け入れられるのか興味があります^^;

今回プライベートを体験したものの、この年齢にはやっぱりお友達が居た方がベターというアドバイスをいただき、次回は19にも分かれている帰国クラスの初級4歳~6歳用のクラスを体験させていただくことになりました。机に座っての60分授業。果たしてどこまで3歳児が受けいれられるでしょうか。

怖いもの見たさで覗いてきたいと思います(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
◆ スクール | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。