スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
アメリカ人教授が考える理想的な言語環境。

職場での会話。アメリカ人教授からこんなことを聞かれました。

"Do you speak English with your husband at home?"

子どもと英語で話すかと聞かれることはあっても、夫と英語で話すか?という質問は初めて。この教授、LA出身の元テレビ局プロデューサーということもあり、ちょっと風変わりなのです(笑)。一瞬冗談で聞かれているのかと思いきや、話は真面目な「バイリンガル教育話」に・・・。

彼の2人の息子さんは、両親が共に外国人であるにも関わらず、公立小学校へと通っています。両親は日本語はほとんど分かりません。結果、外では日本語、家では英語としっかり分けられ、宿題も両親が見ることが出来ないため、家庭教師を雇い、今ではクラスの中でも上位をキープ。

日本語・英語をほぼ同様に駆使する息子たちや、周りのバイリンガルに育った子どもたちを見て、彼が理想だと考えるのは「身につけたい言語を話す話者が、家庭内に2人いること。」彼の専門はメディアであり、決してバイリンガル教育などの専門家ではありませんが、自身の経験から感じることだと言います。

「子どもは相手の表情や行動、ジェスチャーと実際に話されている言葉を照らし合わせながら、推測し理解する。」

なので、話された言葉に対し、もう片方がどのように反応するかを見ることが大事なのではないかと言います。考えてみると、以前バイリンガル教育専門の教授から、「ただ、言葉のシャワーを浴びせるだけでなく、言葉と行動を組み合わせて示すことが大事」と、言われたことを思い出しました。

もちろん、この言葉と行動を組み合わせて示すことは、ママひとりでも出来ますが、実際これに対する反応までも英語で見せてあげられれば、手本となる話者が増える分、学べることも増えるのだと思いました。

とは言え、どう頑張っても夫婦の会話が英語になる日は来ないため(笑)、英語が行き来する環境をどのように用意するか、これが次の課題となりそうです。

この教授の話、まだ続きます。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
◆ バイリンガル育児 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。