スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
家庭での"Spoken Language Activities"を見直してみる。

前回の記事「リーディングの前にやらなければならないこと!?」で"Spoken Language"に触れることの重要性を書きました。

最近我が家で見直し始めたのは、この"Spoken Language Activities"について。これは、モンテッソーリ教師養成講座の言語教育分野にて、「言語を育てる」上で、前提となる部分です。話し言葉ですから、当然英語が日常で話されている環境にいればそれがベストなのですが、それが出来ない状況の場合は、やはり意図的に作り出すしかないのだと思います。

まず、我が家での家庭での試みとしての第一弾は、手っ取り早いけど、最もハードルが高い「語りかけ」。各家庭においても、方針が大きく異なるこの語りかけですが、我が家では出来る範囲で取り入れています。

先日、アメリカ人の上司からこんな話を聞きました。日本人の奥さんと5人の子どもがいる都内在住のアメリカ人の友人の話。子どもはすべてインターナショナルスクール。その友人も日本語があまりできないため、家庭での会話は英語。しかし、日本に居ながら子どもたちも日本語が不自由というのは、あまりにも残念ということで、家庭内の言語を日本語に切り替えたそうです。すると、子どもたちの日本語はみるみると上達!驚いたのは子どもたちだけでなく、アメリカ人のこのパパの日本語!家庭の言語が日本語に切り替わったため、何としても身につけなければならず、子どもたちと心の通った会話をしたい一心で猛勉強開始。そして1年後には、驚くほど流暢な日本語を手に入れたのです。先日、このパパがオフィスにいらしたのですが、間の取り方から何から日本人のようで、久しぶりにこれほど流暢に日本語を話す外国人を見ました。もちろん、日本人の奥さんがいらっしゃるという恵まれた環境の中での話ですが、それでも「言語習得のためには子ども何よりもの起爆剤」とおっしゃっていた事が印象的でした^^

ちょっとした表現が思いつかなかったり、自分では正しいと思って使っていたのが、まったく日本語英語だったりと、悪戦苦闘の日々・・・。こういった表現集は、自身の知っていると思っていた表現のチェック材料ともなるので、未だに重宝しています。

井原さんちの英語で子育て―超使いやすい!表現集の決定版井原さんちの英語で子育て―超使いやすい!表現集の決定版
(2004/07)
井原 香織

商品詳細を見る
ヘンリーおじさんの英語で子育てができる本―ネイティブが答える英語Q&Aヘンリーおじさんの英語で子育てができる本―ネイティブが答える英語Q&A
(2004/03)
ヘンリー ドレナン

商品詳細を見る
ヘンリーおじさんのハンディ版 英語子育て便利帳―ネイティブが教える英語子育て&子連れ旅行表現集ヘンリーおじさんのハンディ版 英語子育て便利帳―ネイティブが教える英語子育て&子連れ旅行表現集
(2005/11)
ヘンリー ドレナン

商品詳細を見る

特に井原さんちシリーズは、こちらの「子育て英語表現集 0-3歳向け & 3-6歳向け & 親子の会話、英語ならこうなる」でも過去に大変お世話になりました^^未だに洗濯物を干しながら、ポケットにiPhoneをしのばせ、聞き流ししたりしています(笑)。

語りかけに関しては、ママ自身何となく演じているようで、積極的に行う気力も力量も持ち合わせていなかったのですが、最近はロールプレイ感覚で楽しめるようになりました。言葉に詰まると、思いっきりそこだけ日本語(笑)。"What's the English word for ○○?"と疑問を投げかけておいて、一緒に調べてみるというやり方です。

次回は、我が家の"Spoken Language Activities"その2「読み聞かせ」について、綴ってみたいと思います。

***

受講中だったモンテッソーリ教師養成講座も無事修了。"Terrible Two(魔の2歳)"を迎えたとき、子育てに迷ったママが深く興味を持ち、また海外の教師養成講座であれば、ネイティブの子どもたちに母国語である英語をどのように習得させていくかということを細かく学べると思い、一念発起したカナダの通信講座でした。言語教育以外にも、「モンテッソーリ教育の概念、子どもの成長と発達、クラスのマネジメント、日常生活、音楽とアート、感覚教育、植物学、動物学、地理と歴史、数学教育」とモンテッソーリ教師としての心得と小学校入学前の子どもたちに必要な要素をバランス良く盛り込んだ11教科をなんとか修了することが出来ました。
subjects

この長い期間、チューターに2日に一度はお世話になり、まるでオンラインレッスンのようでしたが(笑)、今後これらの知識をどのように我が子に還元していくか・・・。新たな課題がまた一つ増えました^^;英語圏のカリキュラムということで、親子英語にも役立ちそうな部分は、これからまたこのブログでも紹介していきたいと思います(*^^*)
NAMC

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
◆ バイリンガル育児 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
ご無沙汰しております。毎日ブログ楽しくそしてとても参考になります。
モンテッソーリ教師養成講座も無事修了おめでとうございます!!勉強、仕事、家事、育児どれも大変なのにやり遂げられ素晴らしいです。
息子の通う保育園の先生が先日1年間休職してディプロマを取得されたのですが、関西地域で(私は関西在住です)取られたそうで、てっきり相模原でしか取得できないものだと思っておりました。それを聞き、再度受講を考えるようになりました。
姉妹ブログの方も記事楽しみにしております。
Re: No title
たまこさん、

コメントありがとうございます。そして祝福のメッセージ、ありがとうございます^^

一時は本当に修了できるか不安な日が続きましたが、なんとか終わらせる事ができました。勉強、仕事、家事、育児すべてが中途半端なため、なんとかこれも修了できたような気がします(笑)。

モンテッソーリ園では休職されながらディプロマ取得をされる先生もいらっしゃると聞いた事がありました。息子さんの通う先生もそうだったんですね。きっと通学のディプロマは通信よりも遥かに大変だと思いますが、たまこさんもいつかぜひぜひ頑張ってくださいね。

完全に放置の姉妹ブログ・・・。また復活できる日を目指して頑張ります^^;

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。