スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
後半戦勝負の留学を選択したとしても・・・。

前回の記事「アカデミック・イングリッシュ、どうやって日本語環境の中で習得する!?」の続きです。

もし国内で習得を目指すなら、「一貫したフローと目標設定」を挙げた教授。そして、もう一つの選択として後半戦勝負の「留学」という手段があります。最近留学も低年齢化してきてしますが、ここは「大学留学」の場合。

ママの選択した大学留学とは、今や親子英語界からすると遅咲き(!?)の部類。もしもう一度人生やり直せるとしたらもっと早くから英語にしっかり触れられる道を選択するでしょう(断言!)。

ママの英語環境は、幼児期に両親が英語絵本を与えてくれたり、小学校には帰国子女が多かったりと、ゼロではないものの、現在の娘の環境と比べればほぼゼロに等しい状態。ただ、こんな小さな種でも、英語という言語に対する興味だけは、すくすく育った気がします。その結果の大学留学なのかもしれませんが、今考えると「興味」だけで臨むには敷居が高すぎた選択だったと感じています。幼児期からとは言わないまでも、ある程度この言語と向き合った上で留学に臨めば、もう少し余裕を持って学業をこなし、それ以外のことにも目が向けられたのではないかとちょっぴり後悔な部分もあります。

大学留学における言語習得は、決して目的ではなく、結果として付いてきたもの。やはりもう少しその国、その空間でしか出来ないことにチャレンジしたり、友人たちとも更に交流を深めたり、学校以外の時間をもう少し充実させたかったと言うのが本音。そういった意味では、単なる日常会話ではないアカデミックな英語力をある程度備えた上で留学生活に臨めれば、得られるものもまた違ったものになったのではないかと感じています。

娘が決して同じ道を辿るとは限りませんが、もしそういう選択肢があるとしたら、英語という言葉やその文化に対して、「もっと知りたい」と興味や学習意欲を駆り立てられる環境を早いうちから用意出来ることが理想です。早期教育云々ではなく、もしこういった環境が早い内から整えられれば、それだけ英語は特別なものではなく、日本語と同じ一つの言語として自然と受け入れられるのではないかと思うのです。非英語圏のヨーロッパ人が幼少期にテレビを見ながら英語を覚えたというのと同じ感覚・・・とでも言うのでしょうか。

もし後半戦勝負の留学という道を選んだとしても、この「アカデミック・イングリッシュ」は、早いうちから学べるのであればそれに越したことがないというの個人的な考えです。ただ、この「アカデミックな内容」は、日本語で理解出来なければ英語でも当然理解出来ないので、やはり母語で思考力を十分に育てることは必須。そう考えると日本の学校での役割は非常に大きいですね。

日本語・英語の両言語しっかりと育てていくことは、忙しい小中学生にとってなかなか至難の業ですが、まずはどこを目指し、そのためにはどのようなフローが必要か見極めていくことが大事だと考えいます。どう頑張ってもママは応援団長にしかなれないので、まずは「英語って楽しい!」と思える環境作りにコツコツ努めたいと思います。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
◆ バイリンガル育児 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。