スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
幼児期から高校入学までの一貫したフローを考えてみる。

長期的な視点で英語教育と向き合おうとするのであれば、やはり避けられないのは「アカデミック・イングリッシュ」の習得。もし、ネイティブの学年相応の取り組みを続けていくのであれば、小学生以降は「遊び場英語」を脱却し、「学習のための英語」を身に付けるべく方向にシフトしていかなければならないと感じています。だからこそ、英語圏の教科書やワークブックの活用しながら英語で教科学習を行う。このサイクルは必須なのかもしれません。

先日、過去に帰国子女保持教室でカリキュラム作成に関わっていた英国出身の教授とこんな話になりました。

「どのようにアカデミック・イングリッシュを日本語環境の中で習得するか。」

彼の答えは「一貫したフローと目標設定」とのこと。

この教授が考える日本語環境におけるフローの例としては・・・。

幼児期
●ゲームや歌などを通じて、推測をしながら英語を聞き取る耳をしっかり作る。
●考えて話す練習をする。
●文字に慣れ親しむ。

小学校低・中学年
●フォニックスの定着を図る。
●自分の意見を言えるようアウトプット練習。
●ヒアリング力とリーディング力を段階的にレベルアップさせる。

小学校中・高学年
●文章の組み立て、表現の学習に焦点を当てる。
●知的好奇心のレベルにあった素材で言語処理能力を高める。
●アウトプットの更なるレベルアップを図る。

中学生
●ライティング力を高める。
●語彙力、表現力の精度を高める。


また、各家庭の方針にもよるものの、その都度、英検など目標設定をしておくことも大事。そして、どの時期もこのフローの大前提にあるのは「リーディング」。これはとにかく早いうちに習慣化してしまうことが、国内にいながら英語力を上げる秘訣だと言います。

なかなか日本の学校に通いながら、これだけをこなすことは難しいと思いますが、まさしく帰国子女のお子さんたちが補習校で集中して学習するのと同じように、アカデミックな英語を身につけたいのであれば、これくらいのペースを保つことが理想なのかもしれないですね。

ただ、これはあくまでも学年相応の英語力を身に付けることを前提とした場合。もちろん高校留学や大学留学で一気に駆け上がるといった後半戦勝負の選択もあります。

次回、この後半戦勝負を選択したママ自身の体験も踏まえ、綴ってみたいと思います^^

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
◆ バイリンガル育児 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
参考になります!
日本における英語学習という環境と、アカデミック・イングリッシュの本質を突き詰めると、こうなるのでしょうね。とても参考になります。ありがとうございます。

高学年になるほど、できることが増えるし、子どもが学校に絡んでやらなければならないことも増えるので、そちらとの兼ね合いで両立がどんどん難しくなっていくのでしょうね。

私自身も留学で一気に、というタイプですが、これはしんどいし、意外と時間がかかるんですよね。
Re: 参考になります!
なおぱぱさん、

やはり言語は環境が作り出すということを考えると、日本語環境の中でアカデミックな英語を身に付けることは、なかなか難しいですよね。

仰るように、高学年となると、本当に両立は大変なんだろうなと思います。習い事が高学年止まりになるケースが多いことも頷けますよね。

なおぱぱさんも、やはり留学ではそう感じられましたか?私は、ある意味若かったから出来た無謀な挑戦だった気がしてます^^;

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。