スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
英語を教えるより、英語風味を味わわせる!?

昨日はYuzyの未就園児教室の運動会でした。

まるで遊園地を彷彿させる園内に、アニメキャラクターたちが登場!サプライズゲストたちに子どもたちもテンションUP!とにかく「団結」という言葉がぴったりの日本の幼稚園の運動会。とっても新鮮でした。終止笑顔で過ごす娘を見て、初めて幼稚園を選択したことを「これで良かった」と心底思えた瞬間でした。

そしてふと湧いて来た願望。
「この笑顔が一つでも多く見られますように。」

そう思うと、日本語環境だろうと英語環境だろうとこの際どっちでもいい!と思えてしまいました。娘の今の幸せにはもしかすると英語は必要ないのかもしれません。ただ、将来の幸せを考えると、必須ではないけれど、あっても決して邪魔にならない。そう考えると、やはりいつでも手の届く存在にしておきたい。けれども、笑顔を作り出すやり方でないと、意味がない・・・。少なくともこの幼児期は「楽しくないもの」だったら意味がないんですよね。

あれほど生き生きした娘の姿を見て、ちょっぴり今後の英語環境を考えさせられました。もしかしてこの時期は、英語そのものを教えることより、楽しいことを英語風味でも味わわせてあげることが大事なのではないか。与える方としては、この「英語風味」がなかなか難しいですが。

この模索、まだまだ続きそうです。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

関連記事
◆ つぶやき | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
そうですね
こんばんは、ユウパパです。
記事を読んでとっても共感しました!
私も同じようなことを日々考えていたので、ついコメントしてしまいました。
私もこどもの幸せに繋がる英語であってほしいと思います。
またお邪魔させていただきますね。
Re: そうですね
ユウパパさん、

コメントありがとうございます。
つい、英語が先行して、中身は後から・・・ということってありますよね。
「こどもの幸せに繋がる英語」、素敵な言葉ですね。
しっかりと胸に刻みたいと思います^^

また遊びに行かせてくださいね。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。