スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
公立小学校の英語授業を通じて。

帰宅時によく一緒になるNZ出身の同僚。専門はTESOL(英語教授法)、英語教師歴15年。

先日、小6の娘さんの公立小学校の英語の授業に行って来たそうです。「どうだった?」と聞くと、言葉に詰まる彼。色を覚えたり、公園の遊具の名前、数を数えたり・・・点々バラバラで、正直なところ、目的が分からなかったと言います。

いくら英語初心者だとしても、興味に合ってない幼児用のレッスンは、小学生には有効でないと主張。それよりも、関心のあることを英語にする。例えばYouTubeの海外映像。シーンごとにブレイクダウンしながら、解説をしていく。そんな方法の方が遥かに効率的なのではないかと言います。

もっと言ってしまえば、彼の中で小学校からの英語が必要かどうかすら懐疑的。目的を見いだせないままの授業だとしたら、果たしてどれほどの効果があるのか。もちろん、この授業のお陰で英語に興味を持ったという子どもたちもいるでしょう。けれども、彼は、日本語が通じる隣の席の子と"I like~."のリピート練習をすることが、本当に今必要なのか分からないと言うのです。彼が大事だと考えるのは「目に見える目的を作ること」。海外旅行やサマースクールはもちろん、海外ドラマだったり、洋書だったり、とにかく英語が出来ることで楽しめる何かを見つけることが、習得への鍵だと言います。

自分自身のことを振り返っても、ママが英語に興味を持ち出したのは、通っていた小学校に外国人のクラスメイトがいたということ。帰国子女受け入れ校ということで、日本語が不自由なクラスメイトが数名いました。なら、自分が英語を覚えたら、一緒に遊べる?なんて気持ちで、貯金箱から英語の会話集を買った記憶は今でも新しいです。(結局、そのお友達たちがあっという間に日本語を話せるようになってしまったので、ママの英語の出番はありませんでしたが^^;)

日本語環境の中で生活していると、なかなか英語を必要とする目的も見出すことが難しく、普段の取り組みも果たしてどれほどの力になっているのか分からない。出口の見えないトンネルに、たまにずっしりと何かが重くのしかかる瞬間があります。

「今の取り組みを続けても、結果はすぐには分からない。やめたら、すぐにでも結果はは分かる。さあ、どっちを選ぶ?」

彼の口から放たれた優しすぎる一言(笑)。

きっとこれから幼稚園に通い、日本語環境にどっぷり浸かれば浸かるほど、英語を続ける理由が娘には分からなくなる時が来るでしょう。でも、やっぱり英語は広い広い世界の入口。細い一本道を歩くより、広いたくさんの道で多くの人と出会い、さまざまな体験をして欲しい。だから、やっぱりママは今日も楽しい何かを見つけたいと思います。

でも、ここで要注意。
ママ一人が楽しむのではなく、共に楽しむこと(笑)。
何かと一人先走る自分への忠告です^^;

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
◆ つぶやき | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
No title
始めまして。
大変興味深く拝読させて頂きました(^^)

英語を続けて役に立つのか?
親のエゴでないのか?
迷ったり悩んだりする事はありますが、
自分が楽しいと思えて、さらに親子で楽しんで、
続けていけたら世界が広がるかも・・・
楽しんで続けたいと思います!

ありがとうございました(*^_^*)
Re: No title
マリーさん、

はじめまして。ご訪問ありがとうございます。コメントいただけて、とても嬉しく思います^^

親のエゴではないか・・・。
これ、いつも戦っています(笑)。
明らかに娘の意思とは関係なく始めた英語育児だったので、ヒートアップすればするほど、エゴではないかと悩む瞬間が今まで何度もありました。でも、ママが楽しいと思う世界を見せてあげて、子どもも喜んでくれたら、それはエゴではないのではないかと、最近ちょっぴり考えが変わりました。

まずは「楽しむ」!
これが大前提ですよね。
我が家もこれを忘れず頑張りたいと思います。

また良かったらお気軽に遊びにいらしてくださいね。今後ともよろしくお願いします^^
初めまして!
はじめまして!
子供に関わる仕事をしている者です。

Yuzyママさんのブログはどのカテゴリもとても興味深かく、いろいろと勉強になります。
親子で英語教育へ取り組むというのは簡単なことではないと思います。
小さなことからコツコツとがんばっているYuzyママさん親子、ステキだなぁと思いました。
Yuzyママさんの教育に対する姿勢も素晴らしいです。


子供が小さい頃、モンテッソーリ教育を取り入れた保育園&幼稚園を一度見学したことがあります。
とても良い印象を受け入園を検討しましたが保育料金の高さに断念しました。
できれば行かせてあげたかったのですが。(涙)


バイリンガル教育は今も私の理想です。
バイリンガル教育を!と思っているわりには計画的に取り組むことができなかったことを後悔しています。
子供の成長はあっという間で下の娘は11歳になってしまいましたが・・・今からでも遅くないかなぁ??と思う日々です。

これからもバイリンガル教育、そしてYuzyママさん自身の勉強、がんばって下さい!
また遊びにきます。


Re: 初めまして!
Lilaさん、

はじめまして。ご訪問ありがとうございます。そしてコメントいただけて、とても嬉しいです。

子供に関わるお仕事ということで、私も早速ブログの方訪問させていただきました!Lilaさんの熱心な学習への姿勢に惹かれ、思わず過去ログを制覇しそうな勢いです(笑)。海外にいらっしゃるのですね。そして、英語学習へのその熱い姿勢。本当に頭が下がります。私自身も、日本人がマイノリティーの環境で勤務しているため、英語力がネックとなり悔しい思いを何度もしてきました。にも関わらず、母の英語向上の努力はほとんどせず・・・^^;反省です。

モンテッソーリ園は海外だとなおさら高いようですね。我が家も結局ご近所幼稚園に落ち着いてしまいましたが、家で母とゆるくやるモンテッソーリも良いものだと感じています(笑)。

バイリンガル育成なんておこがましすぎる目標ですが、まずは「楽しい」をモットーに細く長く続けていけたらいいなと思っています。また良かったらお気軽にコメント残してくださいね。これからも、ブログ拝見させていただきます^^

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。