スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
「ホームスクール」と「ネイティブ神話」は全く関係ないのですが・・・(笑)。

今日は待ちに待った英会話教室。帰国クラスが始まって、3回目のレッスンですが、今の所すべて違う先生。でも、あれだけ人見知りだった娘が、初めて会った外国人の先生と40分マンツーマンで心開いてレッスンできていることに、ちょっぴり成長を感じます。

相変わらず"How old are you?"と聞かれ、"I'm fine."と答える始末(笑)。プリに1年間通ったなんて、とてもじゃないけどここ以外では言えません^^;

今日の先生は、副校長先生。とにかくテンポが良くて素晴らしいの一言。40分でも、しっかりと英語のシャワーを浴びたと感じられるレッスンでした。娘のことそっちのけで、先生に注目する母(笑)。テンポが良いと娘もよそ見する暇がないのです。あれだけアテンションスパンが短い彼女が、今日はしっかり集中していてビックリ。母のホームスクールも、もう一度見直す点がありありです^^;

敬老の日だった昨日は、日ごろお世話になりすぎている!?じぃじ、ばぁばに感謝の気持ちを込めて、『Grandparents Dayの取り組み+その他諸々』をしました。

備忘録です。

Langage Arts
まずは"Grandparents Day"とは何かということをYuzyに説明。感謝の気持ちを込めて、プレゼント作りをしようと言うと、どうやらBirthdayと混乱している様子^^;上手く説明できなかったのは、母の勉強&準備不足><

そして、この日の取り組みに合わせて用意しておいたこちらを一緒に読みました。

Nana Upstairs and Nana DownstairsNana Upstairs and Nana Downstairs
(2000/04/03)
Tomie dePaola

商品詳細を見る


ちょっぴり悲しい結末のお話ですが、だからこそじぃじ・ばぁばを大切にしなければならないという想いは伝わったはず。こちらは、Starfallの推薦図書です。

ちなみに和書では、以下をセレクト。

かたつむりぼうやとかめばあちゃんかたつむりぼうやとかめばあちゃん
(2013/06)
西平 あかね

商品詳細を見る


日ごろ、ばぁばと二人で公園に行ったり、買い物に行ったりすることの多いYuzy。自分たちと照らし合わせて聞いているようでした^^

そしてお馴染みStarfallのゲームより"It's Grandparents Day"。Zacと一緒にお手紙を書きました^^

Arts
じぃじ・ばぁばへのプレゼントは感謝状とマグネット!!日本語で名前を書いた(なぞった)ため、妙に書きにくそうだった印象^^;ひらがなって難しいですねぇ。本当は、ママのお気に入りサイト"Positively Splendid"にあるようなお洒落なギフトを作りたかったのですが、普通に冷蔵庫に貼るマグネットとなりました^^;
o0480024712685547565.jpg

この後は、通常の「ホームスクールカリキュラム」を一コマ。それは別記事でまたご紹介したいと思います。

台風の影響で一日中家で過ごしたこの日。夜になると、"Mom, look!"と相変わらず二語文(笑)。ベランダでYuzyが指していたものは、「The Moon!」

o0480036012685547606.jpg

写真では分かりづらいのですが、実際は雲がかかっていて若干欠けていたお月様。「なんでcircleじゃないの?」と言われ、上手く説明ができない母^^;この先が思いやられます(笑)。思わず、このチャートを日本語担当のパパに渡し、バトンタッチ。
o0480030012685547576.jpg

その後、ママとはYuzyお気に入りの"Oxford Read and Discover"シリーズで確認しました。

In the Sky (Oxford Read and Discover: Level 1)In the Sky (Oxford Read and Discover: Level 1)
(2012/12/14)
Oxford University Press

商品詳細を見る

ワード数毎に6段階に分かれているこのシリーズ。ステージ1であれば、平易な文章で書かれているため、Yuzyレベルでも理解できる部分もあるらしく、ノンフィクションといえども取っつきやすいようです。また、何よりも美しい写真が満載のこのシリーズは、見るだけでも楽しめます^^
o0480031912685547598.jpg

ベッドタイムストーリーは月繋がりで、十五夜に関するストーリーをセレクト。

おつきみ どろぼう (ワンダーおはなし絵本)おつきみ どろぼう (ワンダーおはなし絵本)
(2009/07/14)
ねぎし れいこ

商品詳細を見る


ねこまるせんせいの おつきみ (ワンダーおはなし絵本)ねこまるせんせいの おつきみ (ワンダーおはなし絵本)
(2012/08/21)
押川 理佐

商品詳細を見る


***

それにしても、今日のような先生にずっと習えたら、スピーキング・リスニングは確実に鍛えられそう。母でさえも早いと感じるスピードで、気付くとYuzyもレッスン後半には完全に先生のペースに乗せられていました^^

最近母の中ではネイティブ神話は消えかかっていましたが、ああいうレッスンを見てしまうと、やっぱりすごいなぁと。目指すは「テンポ良く+状況説明をしっかりと+前置詞を効果的に」でしょうか(笑)。とにかく宿題のプリントをリュックにしまう動作一つを取っても、「プリントは半分に折って、バッグのジッパーを開けて、折ったまま中に入れて、さあジッパーは閉めて」と言った具合に状況説明がすごい!すべて言葉にしている!!そして、聞き逃しがちな前置詞をしっかりと聞かせるように話しているのが印象的でした。

なんか、ホームスクールの備忘録よりも、今日のレッスンの記録を詳細に記した方がよかったのではないかと・・・(笑)。

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
 ホームスクールHoliday Plans | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
ネイティブ神話・・なんとなくわかります(笑)

うちもほとんどネイティブには接してませんが(5歳半までは私以外の誰にも触れてないし・・笑)これから先もネイティブにだけ、ということはないと思うしその必要もないと思いますが、ネイティブ0、というのはダメなのかもしれないな~となんとなく思います。
Re: No title
りゅうママさん、

我が家もプリスクールなどを経験して、ネイティブよりも補助の日本人の先生の方がニーズがわかっていたり、日本人ならではのきめ細やかさだったりと、かなりネイティブ神話は崩れかけていました^^;ただ、今回の英会話教室の先生は、ネイティブならではのテンポの良さで、ちょっぴり気持ちが揺らいでしまいました(笑)

息子さんは5歳半までママオンリーだったんですね。ママがプロの先生ならではの環境ですよね!我が家もママプラスたまにネイティブの環境が定着したらいいなと思っています(*^^*)

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。