スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
手間をかけた分だけ盛り上がるホームスクール!?

先週、初めて日本の幼稚園(未就園児教室)の運動会を体験した我が家。まるで、遊園地に来ているかの錯覚を起こすほど、本当に最初から最後まで楽しめる要素がたくさん詰まっていました。来園した子どもたちには風船を配り、人気キャラクターたちがお出迎え。運動会も、子どもたちの出番以外にも、体操の先生方の運動のパフォーマンス、先生方による寸劇などなど。帰りは園バスに乗る前には、ポップコーンのプレゼント。本当に先生方には感謝せずにはいられない運動会でした。

日々の親子英語の取り組みでは、もちろんこんな入念な準備は出来ませんが、でも子どもが楽しいと感じる要素を一つでも盛り込むことができれば、この25分という時間が違ったものになると感じています。やっぱり、3歳児のいる我が家にはこの「小道具」は必須です^^

Week3、Day3の記録です。

Gathering
まずは出席の確認から。あれれ、今日は新しい品がホワイトボードにお目見えです!

アルファベットチャートです。
o0480064012686570521_2013091711294026d.jpg

すると、YuzyのクラスメートのGingerbread Boyが一言!「あっ、ボクの名前のG/gがある!君の名前の最初の文字も教えて。」

I found the letter of my first name on the Alphabet Chart! My name begins with G. I want to know what letter your name begins with.


“The Alphabet Song.”に合わせながら、ママがそれぞれの文字を指していきます。「Gingerbread Boyの“Gg”を指したら、起立してね。」とYuzyが好きそうなアクティビティー開始^^

Let’s sing “The Alphabet Song.” I will point to each letter as we sing it. Stand up when we get to Gingerbread Boy’s letter, Gg.

すると、ここで3歳児から提案が!Gingerbread Boyの名前だけでなく、自分の名前、パパの名前、ママの名前とそれぞれ頭文字が来たときには、立ちたいと言うのです^^立ったり座ったり何度も繰り返し、これだけで大盛り上がり。

Jolly Phonicsを我が家では取り入れたいと決めてから、なるたけ大文字・アルファベットの名前は今は行わず、小文字だけに集中したいと思っているのですが、すでにこの“The Alphabet Song”は娘の18番になってしまっているので、ここは仕方ないとします(笑)。

そしていつもの通り、今日・明日の天気を確認してGatheringの時間は終了です。

Daily Meeting
ウォームアップとして、指示を聞いてストレッチ開始!!

• Stand straight.
• Stretch your right arm up toward the ceiling.
• Bend to the left.
• Stretch your left arm up.
• Bend to the right.
• Stand up straight.
• Stretch both arms up and cross them.
• Bend to the left, then bend to the right.


アテンションスパンがとてつもなく短い我が家の3歳児。やはり、教室とは違い自宅で行っているということから、ついつい色々なものに目が行きます。

「ママのお話が聞こえたら、1回拍手して。」こういいながら、こっちにアテンションを向けます。

Clap once if you can hear me.

続いて「ママのお話が聞こえたら、2回拍手して。」

Clap twice if you can hear me.

すると、"Clap three times."と全く予期してない方向に自分から走ろうとする3歳児。暴走は止められません^^;

さぁ、今日も秘密兵器登場(笑)。愛しのGingerbread Boyからのメッセージです。これも、Starfall Pre-K/Kinder専用会員用ページからダウンロードしてプリントしたものですが、テキストがエディットできるようになっています。なので、この日はスペシャル感を出すために、"Hi Yuzy,"と名前を加えて印刷^^

o0480064012686570547.jpg

Raise your hand if you remember the nursery rhymes welearned yesterday about rain.

前日に歌った“Rain, Rain, Go Away”を歌います。
0915.jpg

ここでのアクティビティーは単語を抜かして朗読し、当てはまる言葉をYuzyに答えさせるというもの。案外、普通に答えられていてビックリ。子どもはやっぱりリズムで覚えているんですね。この「ライミングワーズ」を意識させるという取り組みは、カリキュラムの様々な場面で見られます。

Listen to these two rhymes! I will say part of the rhyme and you say the missing word.

• Rain, Rain, Go Away,
Come again some other (day).
All the children want to play!

• It’s raining, it’s pouring
The old man is (snoring).
He went to bed
And he bumped his (head).
And he couldn’t get up in morning!



ちょうど雨の日だったこの日。窓の外を見ながらこの雨がどこからやって来るのかを確認。サイエンスの要素が含まれてきます。

Where does rain come from? (clouds) Many, many raindrops get together and that’s what makes a cloud. When there are so many raindrops in the cloud that it gets too heavy, the raindrops fall from the cloud to the ground. Then we have rain!

Yuzy・・・まったく母の説明は聞いていませんでした。確かに、こういった自分の口からは出て来ない説明は、台詞を読んでいるとしか理解されていない模様。やはり、マニュアルはあっても、「語りかけ」が必須と痛感。ちょっぴり反省した母。お馴染みのこちらで写真で確認です。


Sunny and RainySunny and Rainy
(2012/11/08)
不明

商品詳細を見る

HS5

Circle Time
今日は、「アルファベットのレター」以外にも「レター」が存在することを学習します。

These are three of the letters of the alphabet. We put letters like these together to make words. Can you think of another kind of letter?

もちろん、これだけでは彼女は無反応なので、「ほら、郵便屋さんがいつも持ってきてくれるでしょ?」など補足説明を付け加えると、どうやらなんとなく理解した様子。

そこで、レターの入った封筒が登場!!実物を見て「あ〜なるほど」と言ったような表情を浮かべる3歳児^^やはり実物に敵うものはないとまたまた実感しました。

Sometimes people send birthday cards in the mail. A birthday card comes in an envelope with your name on it. Have you ever received a letter or card in the mail?

HS2

今日のNursery Rhymesは、“A Tisket, A Tasket”
初めて聞いたこれらの単語。どうやら「バスケット(かご)と持ち手」という意味らしいです。

友達に届けようとした手紙の封筒を落としてしまい、ある男の子が拾って自分のポケットに入れてしまったという内容。今日は、このNursery Rhymesをドラマ化してしまおう!という取り組みです^^
Here’s a rhyme about someone who took a letter in an envelope to a friend, but something happened on the way. Listen to what happened!

6_20131017095956f1f.jpg

まずは詩を朗読。その後オーディオの詩の部分に合わせながら、「バスケットから封筒を落とす」「Yuzy/ママがそれを拾う」というロールプレーをやってみました(笑)。って、二人でやらなきゃいけないので、本当に大変なのですが。でも、やはりこうした立ったり座ったりのアクティビティーは幼児には大受け。何度もやらされ、気付くとこの Rhymesはかなり彼女の中で馴染んできた模様。

Story Time
お気に入り”Mr. Bunny’s Carrot Soup” を再読しました。そして、今日は登場人物のリストを作ります。

Did you notice all the characters, or actors, in this story are animals? Listen to this story again. When you hear a character or animal in the story, raise your hand. We will make a list.

そして"Mr. Bunny, Mr. Rat, Miss Pig, Mr. Duck, Miss Hen"とそれぞれの登場人物を確認したところで、これもドラマ化してしまおう!とママが提案。

This story would be fun to dramatize, but we will need some actors. Think about which character or animal in the story you would like to be. Think of the character you chose as you listen to the story again.

Miss Pigがピンクのドレスを着ているというだけで、"Miss Pig"コールが。どうやら、Yuzyはブタになりたいらしいです(笑)。

Exploration Time
Story Timeから引き続き、この日は”Mr. Bunny’s Carrot Soup” のキャラクターのパペットを作りました。この時間に子どもに作らせるということを知らず、実は母が事前に超特急で作ってしまっていた事態。でも、Miss Pigになりたがっている娘には、色塗りをしてもらいました。

HS4

そして念願のパペットショー。
それぞれの登場人物のパペット+ニンジンを手に持ちながらYuzyとロールプレー。これは思った以上の盛り上がり。やはりこのくらいの子には、こういったグッズがあるのとないのでは、子どもの集中力が違います。本気で演じきっている姿・・・今でもまぶたに焼きついています^^

7.jpg

***

この日のベッドタイムストーリーはこちら。

うさぎとかめ  世界名作ファンタジー〈57〉うさぎとかめ 世界名作ファンタジー〈57〉
(1999/06)
平田 昭吾

商品詳細を見る

ももたろう (世界名作ファンタジー)ももたろう (世界名作ファンタジー)
(1997/12)
平田 昭吾、大野 豊 他

商品詳細を見る


この頃は、まだまだ楽しく進められていたホームスクールですが、カリキュラムが進むにつれ、出来ないことが増え低空飛行が続いています。4歳用のカリキュラムのため、もともとできる部分だけ・・・といったスタンスで臨んではいたのですが、出来る部分が限られてきました(笑)。母、もう少し戦略を練る必要性がありそうです。

そういえば、最近1年ぶりのMimiちゃんブーム到来。ある日突然見なくなってしまったWKEのDVDでしたが、やはり簡単なものは心地が良いのか敢えて自分から指定をしてきます。きっと易しいものばかりを投入しても英語力の伸びは感じられないでしょうし、難しいものばかりだったら嫌になっちゃう。何事もやはりバランスでしょうか。

そう考えると、一番の課題は日本語と英語のバランスだったり・・・^^;

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

関連記事
 ホームスクールWeek3 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。