スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
【Starfall Pre-K】Week 2: Look At You!

Week1のカリキュラムを終え、今週からWeek2に入ります。(といっても、ブログ記事更新は取り組みの日と思いっきりずれているのですが・・・^^;)

1週間終えてみての感想は、案外予想よりもスムーズだった気がします。これもすべてはGingerbread Boyのお陰。かつてのORTのKipperの如く、娘がキャラクターに恋をすると上手くいくようです^^

yuzy and ginger

Week2ではDaily Routineを続けて紹介すると共に、Day 3からはGingerbread Boyよりメッセージが毎日届きます。そして学習面でも、時計の役割や数の数え方、物語の設定や登場人物などWeek1よりも本格的な「学び」が入ってきます

Week2の学習内容と目的です。(このブログ上での記録もいつまで続くかは不明ですが^^;)

我が家の「1日25分おうち英語(ホームスクール)について」
◎使用教材⇒Starfall Pre-K
◎Starfall Pre-Kについて⇒記事「お馴染みStarfallでホームスクール!?」
◎始めた経緯⇒記事「2013年9月娘3歳1ヵ月、ホームスクール始めます。」


【Week2:学習内容】
☆本のコンセプト(cover, title, top, bottom, author and illustrator)
☆rhyming words(ライミングワード)の学習
☆順番に関する語彙(beginning, middle, end, first, next, last)
☆質問をする/質問に答える
☆時計を知ろう
☆形に関する語彙(triangles, squares, circles)
☆自分の名前の最初の一文字を見分ける
☆比べてみよう (compare and contrast)
☆"same"と"different"の違い、"how many"
☆物語の設定と登場人物

【Week1:目的】
★時計の役割
★物語を順序通りに読むことの大切さ
★数の数え方

ホームスクールを開始してみて約2週間。思うことは「知性を育てることの重要性」。そのためには、日ごろの様々な経験や体験が必須。なんだか、今まで意識したこともないことでしたが、強く感じました。Starfall Pre-Kカリキュラムは、あくまでも4歳児が身につけるべくカリキュラムであって、決して言語のカリキュラムではないこと。「もしお片づけをしなかったら、お部屋はどうなる?」「お友達におもちゃを貸してあげなかったら、その子はどんな気持ちになる?」といった道徳性を重んずるものから、「今日は男の子と女の子、どっちが多い?」「5人のGingerbread Boyにクッキーをあげるとしたら、いくつ必要?」といった算数的要素まで。当たり前のことですが、それを英語という言語で行うだけのことで、ベースはこの時期に身につけなければならないことを万遍なく学習していくーー結局は、その中身を理解できなければ、英語であろうと日本語であろうと、娘にとっては意味をなさないことなのだと感じました。そのために大事になってくるのは、日ごろの体験。

幼稚園のプレが始まりまだ2週間ですが、娘は大きく変わりつつあります。そして、プリよりも幼稚園が楽しいと言います。バスに乗って隣の園まで遊びに出かけたり、氷かきをしたり、お友達と日本語でたくさんお話ししたり。今まで、プリでは出来なかった体験をすでにたくさんしているようです。プリを退園することは、今後の英語学習においてマイナスとしか思えなかった母ですが、実は実体験を増やし日本語をしっかり育ててもらうことで、英語にもプラスになってくるのだなぁと少しずつ感じ始めています。

1日たった25分のホームスクールですが、考えさせられることの多い時間です。今週もたくさん、母と子で学びたいと思います^^

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
 ホームスクールWeek2 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。