スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
やっと1週間のカリキュラムが修了。

平日休みの今日は友人が我が家へ。学生時代、英語圏3カ国で過ごした彼女。7歳、5歳の女の子のママですが、英語育児はほぼゼロ。決して考えていない訳ではなく、まずは好きなものを自分で見つけ、その後英語でも体験させてあげたいと考えているようです。実際、7歳のお姉ちゃんは、ミュージカルが大好きに。ここで海外のミュージカルDVDを見せてあげたところ、お姉ちゃん大喜び。英語で歌い出したと言います。そしていつも日本語で見ていた海外ドラマでさえ、自ら英語に切り替えるようにもなっただとか。どうやら作戦は成功しつつあるようです^^

さて、我が家のホームスクール。
この日でやっとWeek1のカリキュラムが修了。1週間5日というカリキュラムですが、実際には7日間かけて修了しました。こうして中2日、調整できる日があると、プレッシャーもなく進められるのでいい具合です^^

では、Day5の記録。

我が家の「1日25分おうち英語(ホームスクール)について」
◎使用教材⇒Starfall Pre-K
◎Starfall Pre-Kについて⇒記事「お馴染みStarfallでホームスクール!?」
◎始めた経緯⇒記事「2013年9月娘3歳1ヵ月、ホームスクール始めます。」


Gathering
いつも通り、Attendance Boardの確認から。それぞれ、PresentとAbsentのメンバーを言わせ、それぞれ何人ずつか数えます。

そして、Weather Routine。今日は前日学習したWeather Songからスタート。

Remember the weather song we learned yesterday? Let’s sing it again!

そして今日はWeather Boardを新たに投入。本来であれば、もっと前に投入するべきだったようですが、どこのタイミングで出していいのか分からず、週の最後に登場^^;

o0480030812677163135.jpg

我が家の英語育児においてなくてはならない品!カードが手軽にはさめ、とっても優れもの!!一度に全体が見渡せるので、とても重宝しています。


Daily Standards Pocket ChartDaily Standards Pocket Chart
(2013/01/02)
Inc. Carson-Dellosa Publishing Company

商品詳細を見る


ただ、選ぶ天気はどうしても今の時期「sunny, cloudy, rainy」とワンパターンになるので、今日はYuzyにとって理解があやふやだった「foggyとcloudyの違い」に重点を置いてみました。

「foggyとcloudy」、この絵カードだけだとどっちがどっちだかよく分かりません。
o0480036012682641553.jpg

確かにキャラクターがついていると、子どもの食いつきはいいのですが、でも実際の理解が伴わなければ本末転倒。ということで、「キャラクターはなるべく避け、実物もしくは写真を」というモンテッソーリ教育に従い、ママは出来るだけ写真を付け加えています。

こんなとき、"Oxford Read and Discover"シリーズはなくてはならない存在。これは発売当初に一目惚れし、手を出さずにはいられなかった危険なシリーズ^^;

Sunny and Rainy
Sunny and Rainy
posted with amazlet at 13.09.13

Oxford Univ Pr (Sd)
売り上げランキング: 188,437


o0480036012682641571.jpg

手持ちの本でまかなえない時は、テーマ毎にストックしてある写真カードで補います。やっぱり、絵カードよりは3歳児にもイメージが湧きやすい!?(と願いたい^^;)
o0480036012682641521.jpg

ちなみに、これらのカードは以前もご紹介したMontessori Print Shopにて購入したもの。本来であれば、ラミネートして保管しておくべきなのでしょうが、ずぼらな母はただ厚紙に印刷しただけの状態です^^;
o0480036012682641533.jpg

そして今日の天気、明日の天気の予想をして、Gatheringの時間は終了。

Do you think the weather will be the same or different tomorrow?

Daily Meeting
Day3に描いた自分の絵をみんなの前で発表するというアクティビティー。きっと、こういった部分からキンダーの"Show and Tell"につながっていくのだなと実感しました。「My name is Yuzy. This is a picture of me.」と一言、描いた絵を持って前に出て発表するだけなのですが、やらせてみると若干緊張気味のYuzy(笑)。描いた絵の持ち方から分からない様子。

でも、このスキルは大人になってからも大事なスキルなので、自信を持って取り組めるようにぜひなっていただきたい(笑)。ここでは、4単語以上の完全な文章で話すことを練習する「Sentences & Structure」のスキルを養う目的だそうです。

Circle Time
Day2からの引き続き、Nursery Rhymes"Mary Had a Little Lamb."です。この本のcover, titleを確認した後、一緒に歌詞を確認・・・のつもりが。

「じぶんでよめる」と一点張り^^;
読むというよりは歌っていました。そして、どこで間違えたか途中"〜♩Mary had a ひつじ♩〜”と(笑)。

o0480060912679533366.jpg

そして一緒に歌った後は、「What Animal Would You Bring to School?(学校に動物を持ってくるなら?)」の時間。Day2ではパンダと答えていたYuzyですが、以下のリストを見せたところ、どうでも良さそうな顔で"sheep"と一言(笑)。

o0480036012679521955.jpg

今回は時間の都合上、Starfall Pre-Kキット内のものをダウンロードしましたが、ストックのミニチュアを使えば良かったと後悔。実際触覚を楽しめるミニチュアは娘の大のお気に入り♡相変わらず、ミニチュアを使った「実体認識袋 (=Mystery Bag)」は、この25分の時間が終わった後、続いています。

サファリ ワイルド チューブサファリ ワイルド チューブ
()
サファリ

商品詳細を見る


Here is the list of animals that might be fun to bring to school. Let’s pretend you can bring one of these animals to school. Let’s make up a new song!

と替え歌ソング登場。

Yuzy Had a Little Sheep

Yuzy had a little sheep
Little sheep, little sheep

Yuzy had a little sheep
And she brought the sheep to school!


とオリジナルとあまり代わり映えしない歌ですが、自分の名前が入って若干嬉しそうな3歳児。(でも、little sheepって結局オリジナルのlamb!?って歌ってから気付く母^^;)

Story Time
Day1のこちらの本を再度読み聞かせ。ストーリーが少し把握できているからか、1度目よりは真剣に聞いていました。1回目の反応がそれほど良くなくても、2回目だと妙に食いつきが良かったりと、子どもの心は分かりません(笑)。

今回も「front cover, author, and illustrator」を確認した後、語彙の説明を交えながら読み聞かせ。

If You Take a Mouse to School (If You Give...)
If You Take a Mouse to School (If You Give...)


Exploration Time

特にこれといった指定がなかったため、今回は英会話教室の宿題をやることに。まだ書く方はお絵描き程度でいいと思っているので、それほど母自身気合いが入らなかったのですが、本人は喜んでやっていました。

o0480064012679521815.jpg

以上、読むのも疲れるDay5の記録でした^^;

1週間通して気付いたことは、日に日にYuzyの期待値が上がっていること^^「きょうは、なにやるの?」「つぎ、なにするの?」ひっきりなしに聞いてきます。期待値だけじゃなくて、英語力も比例してくれるといいんですがねぇ(笑)。「印刷が面倒」などと思わずに、次週も充実した親子の時間を目指して、またもやコピー機フル活動の夜です^^;

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
 ホームスクールWeek1 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。