スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
収穫の多かったDay3。

ホームスクール3日目。今日は「なぞなぞ遊び(=riddle)」が登場します。こんな3歳児になぞなぞなんて?と思いましたが、案外キーワードだけ拾って答えている様子。けれどもポイントは、その語彙の定義がいかに分かりやすいか。良質な子ども用英英辞典はマストアイテムだと感じた時間でした。

Day3の記録です。

我が家の「1日25分おうち英語(ホームスクール)について」
◎使用教材⇒Starfall Pre-K
◎Starfall Pre-Kについて⇒記事「お馴染みStarfallでホームスクール!?」
◎始めた経緯⇒記事「2013年9月娘3歳1ヵ月、ホームスクール始めます。」


Gathering
Day3は出欠確認は、新たなMathの要素が入ってきます。それぞれ出席、欠席の欄に名前を貼った後、どちらの人数が多いか確認。

Let’s count the names of the children who are present, or here today. Now let’s count how many children are absent, or not here today. Which number is bigger?

ちなみに、"Which number is bigger?"という表現では分からなかったYuzy。普段"more"はよく使うものの、"bigger"という言い方はしたことがないため、分からなかったようです。その他にも"fewer, less, same"などなど、意識的にこういった数を表す語彙を使っていく必要があると感じました。

そしてこの後、ぴたっと静止する「Freeze Game」でウォーミングアップです。"Freeze"というこの単語。悲しい事件を彷彿させますが、幼児のうちからこのような形で使われているのだと初めて知った母。そんな複雑な気持ちとは裏腹に、音楽が流れている中で"freeze"というと喜んで止まります。こうして動きを付けながらだと、すんなり語彙が入っていくようです。

Let’s play “Freeze.” When you hear the music, you dance. When the music stops, freeze! Look at your name. When the music stops, I will say a name. If I say your name, unfreeze and bring your Name Card to the Attendance Board.

Daily Meeting
本日のメインイベント"Weather Cards"の登場です。なぞなぞ形式(=riddle)で、"sunny, windy, cold, snowy, cool"の定義を説明し、それぞれどのカードが当てはまるか選ばせます。coolが最後にあったため、辛うじて全問正解していましたが、なかなかこの定義を理解するのは難しそう。子どもにとって白黒ははっきりしても、灰色はなかなか理解できないのと同様、どうやら「寒い」「暑い」は分かっても中間は日本語でもまだ難しいのかもしれません。

o0480036012676750418.jpg

Do you know what a riddle is? A riddle is when you listen to clues, then try to think of an answer. Let’s play a game. I’ll read a riddle, then I will choose someone to find the Weather Card that shows the answer. Ready?
• It’s bright outside. It feels hot! It is a good day to play outside. What kind of weather is it? (sunny)
• Your hat blows off your head when you go outside! The trees sway back and forth. What kind of weather is it? (windy)
• You wear your coat, hat, and mittens. You drink hot chocolate to warm up! What kind of weather is it? (cold)
• You can’t go outside to play because you would get wet. If you have to go somewhere you need your umbrella. What kind of weather is it? (rainy)
• It is so cold flurries are falling from the sky. You need to wear your snow boots! What kind of weather is it? (snowy)
• You need a sweater or jacket. It’s not really cold but it’s not warm either! What kind of weather is it? (cool)

このアクティビティーの目的は聞いて推測することはもちろん、イラストを事前知識と実生活の体験と結びつけることで理解力を深めるということだそうです。また、天気がどのように変化していくかというサイエンスの部分も含まれています。

「今日の天気はどうだった?」とカードの中から選ばせ、このアクティビティーは終了。

Look at all these weather pictures. Can you find the picture that shows today’s weather?

Circle Time

Day1で学んだ"If You're Happy and You Know It."を流しながら、今日も感情表現を学びます。


まずは、前日の"happy"のおさらい。

We talked about things that make us feel happy. Do you remember some things that make us happy? We have other feelings like happy. Let’s learn about some of them.

この日学習した表現は"excited"と"silly"。実は、この表情のカードを見せ感情表現を学習していくということはプリでもやっていたことを見たことがあるのですが、ママ個人的な感想ではYuzyくらいの月齢ではあまり効果的でない気がしました。絵カードを見せ語彙を学習していくより、実体験もしくは読み聞かせの中でその都度どういった感情かを説明してあげる方がしっくりくる気がします。
o0480036012676773781.jpg

This person is excited. Say, excited. You feel excited when you get to do something special. I was excited because I was going to go to the movies. Here’s another feeling that is like happy. This person looks silly! Say, silly. I acted silly when I pretended to be a clown in the circus. Have you ever acted silly?

Story Time
今日は新たな絵本が登場!!その名も"The Gingerbread Boy"です。今日も"cover, top, bottom"の語彙を確認します。

o0480036012676781679.jpg

The name of this book is The Gingerbread Boy. Let’s look at the cover.
• Can you point to the top of the cover?
• Can you point to the bottom of the cover?


そして、"title, author, illustrator"も確認。

Another word for the name of a book is title. The title of this book is The Gingerbread Boy. The author, or person who wrote the story, is Brandi Chase. Indicate the author’s name. The illustrator, or person who drew the pictures, is Masako Styles.

そして読み聞かせを行い、その後、文中の単語についての説明をする予定でしたが、途中foxがGingerbread Boyを食べようとするシーンがあり、Reviewを行うことは不可能に(笑)。

参考までにここで紹介されている語彙の説明の仕方は、"A fawn is a baby deer. Can you find a picture of a fawn on this page?(子鹿は赤ちゃんの鹿さんだよ。このページのどこに子鹿がいるか分かるかな?)"と言ったように、ポイントアウトさせていくというもの。そういった意味でも、やっぱり子ども用英英辞典は必須です。

Exploration Time
この日の"Exploration Time"では、自分の顔と名前を書くアクティビティーをしようと思ったのですが、Gingerbread Boyを描くと言い張る娘。仕方なく、"My name is..."というテンプレートの用紙があるにも関わらず、恋するGingerbread Boyを描くことにしました。

o0480036012676375518.jpg

なんかこうやって描いてみると、Gingerbread Boyって3歳児にも描けてしまう単純なお顔(笑)。だからこそ、子どもたちに愛されるのでしょうか♡そして、"Gingerbread"をフォニックス読みして、思いっきり名前の最初の文字を"J"と書いています^^;

以上、Day3の備忘録でした。

記録自体はとっても長いですが、この日も実際に費やした時間は30分ほど。割と絵本に時間を割いているにも関わらず・・・です。Yuzyも次は何か?と待ち構えている感がするので、こちらもテンポよくやらねば、いつ飽きられるかとドキドキ(笑)。

いつも緊張と隣り合わせの母です^^;

ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
 ホームスクールWeek1 | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
No title
すごい、30分でこんなにも充実した時間が過ごせるんですね。私も時間がないとボヤいてばかりではなく、見習わなくては。。と、まずは本の説明(front, back, author, etc.)を真似っこしてみました。それだけでも、本への食いつきが違いました!また、たくさん真似させてください。
Re: No title
>ものぐさハハさん、

そうなんですよ。こうやって分刻みでやってみると、30分もあれば本当にたくさんのことが出来ちゃいます。このスタイルは、まさしく以前通ったMLSの授業スタイルなのですが、とにかく飽きやすい娘には効果抜群でした。けれども、その分、母の手際が悪いと、すごくイライラされます^^;

ハナコちゃん、食いついてくれたんですね!これからも、またご紹介できるよう、母も気合いを入れたいと思います^^;
はじめまして
いつも楽しく拝見しています。

初めはフォニックスについて調べていてYuzyママさんのページにたどり着きました(^-^)/

8月生まれの3歳児・女の子の母です。
Yuzyちゃんの方がちょっとお姉さんですね☆

うちもJolly Phonics Extraで楽しくフォニックスの学習をしているところです。
なので、Yuzyママさんの始められたフォニックスの学習、大変羨ましい~と思う気持ちと、さすがYuzyママさんだ!という気持ちが混ざってとにかく凄いなあ~と思ってます。是非様子を知りたいのでblogに載せて頂けると嬉しいです(^^)

さて、新しく始められたホームスクールについての質問があります。使用されているのは、Complete Homeschool Kit でしょうか?英語苦手ママにも取り組めそうな内容でしょうか??サンプルを見ると何となく行けそうですがどうでしょう?
Yuzyママさんが毎日の取り組みを記載されてるので非常に興味深く拝見しています。

うちの親子英語は私が苦手なので課題が山積みなのですが、Yuzyママさんのブログからはヒントをたくさん頂いています♪

長々と書き込み失礼しました。応援しています。
Re: はじめまして
>ミユさん

初めまして。ご訪問ありがとうございます。コメントいただけて、とても嬉しいです^ ^
同じ3歳のお嬢さんのママということで、ますます嬉しく思います(*^^*)

Jolly Phonics Extra革命的ですよね?(笑)最初は、イギリス発音だし、フォニックスだし、ということで、とても敷居が高かったのですが、実はとてもユーザーフレンドリーな教材だと感じています。トレーニングコースのことなど、レッスン後には記録を残したいと思いますので、良かったら参考になさってくださいね。

Starfall Pre-K 教材についてですが、我が家はもちろんお安い方のHomeschool Kitです^^;マニュアル等、自分で印刷しなければなりませんが、案外使い勝手良いように調整ができるので、オススメです。ホームスクールの記録を見ていただければ分かるかと思いますが、本当に用意するもの、手順、語りかけの言葉がすべて明記されていますので、英語初心者のママでも十分使用可能かと思います。我が家は時間の関係上、かなり省略しながら進めていますが、一応メインのアクティビティーは、可能な限り何らかの形で記録したいと考えていますので、良かったら参考になさってください。

また何か私でお答えできることがありましたら、いつでもコメント残してくださいね。今後とも、よろしくお願いします。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。