スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
盛り沢山だったホームスクール初日!!

今日から幼稚園のプレが始まりました。プリスクール時代は、3ヶ月泣き続けた輝かしい過去を持つYuzy(笑)。ちょっぴり成長したのか、今回は涙は見せず、無表情で園バスに乗り、満面の笑みで帰ってきました^^

さぁ、夜はママとのホームスクールの時間。
記念すべきDay1の備忘録です。

我が家の「1日25分おうち英語(ホームスクール)について」
◎使用教材⇒Starfall Pre-K
◎Starfall Pre-Kについて⇒記事「お馴染みStarfallでホームスクール!?」
◎始めた経緯⇒記事「2013年9月娘3歳1ヵ月、ホームスクール始めます。」


Gathering
一応ここでの役割はママが先生、Yuzyが生徒。生徒はもちろん1人ですが、「ホームスクール」感を出すために、『Attendane Board(出席ボード)』を作ってみました。"Who is preset today?""Who is absent today?"と出席と欠席の欄に分け、写真と名前の書かれたカードを貼ってもらいます。用意したカードは、パパ、ママ、Yuzy、両方のじぃじ、ばぁば、大ばぁばの8名。

This is our Attendance Board. It tells us who is at school today. There are two places for names. One is for the names of people who are here, or present; the other is for names of people who are not here, or absent. Let’s see who is present today! When I point to and read your name, please stand up.

Attendance Board

この出席ボードの目的は、「Print/Book Awareness」。話し言葉と書き言葉を結びつけること。自分の名前を認識できるようになることです。

Daily Meeting
この日は「手」を使ったアクティビティー。お馴染み“Open Them, Shut Them.”を動作を付けながら歌います。

Show me your hands. We use our hands to do many different things. Let’s learn a song about our hands.



そしてStarfall Pre-Kの最高の助っ人マン「Gingerbread Boy」登場!!生徒1人ではあまりにも寂しいので、Yuzyのクラスメートという設定(笑)。

I brought a special friend to school today. This is Gingerbread Boy. Let’s say hi to him! Gingerbread Boy says he can’t wait to meet you and learn your name! Let's tell Gingerbread Boy our names.

Yuzy、ママ、それぞれGingerbread Boyに自己紹介です。
gingerbread.jpg

Circle Time
Starfall Pre-Kカリキュラムによるとアルファベットを教えていくのがこの時間。Jolly Phonicsに出来るだけ忠実でありたいと思っている母は、ここでアルファベットを導入すべきか迷ったのですが、Yuzyはすでにプリで習ってきてしまったので、ここはカリキュラム通りに。ちなみにJolly Phonicsでは小文字でフォニックス読みを先に教え、アルファベットの名前、大文字は後から習います。

This is the alphabet. The alphabet is made of many letters. We use letters to write words. Each letter has a name.Do you know the “Alphabet Song”?




This is the letter A. Say, A. Can you find a letter that looks like A on our Classroom Alphabet Chart?


アルファベットカードでA,B,Cの文字を順番に見せながら、部屋に置いてあるアルファベットチャートで同じ文字が何処にあるか確認。その後、自分の名前のfirst letterもチャートで確認します。

Story Time
初日のストーリータイムは学校に初めて登校した日の物語。まず、本には人間同様「front」「back」があることを確認。

Yuzy has a front and a back. This is the front of Yuzy. Did you know that books have fronts and backs, too?

Someone writes the words of each book. That person is called an author. Say, author.The author of this book is (author’s name). Do you see pictures in the book? They are called illustrations. We call the person who made them an illustrator. Say, illustrator. The illustrator of this story is (illustrator’s name).

ついつい見逃しがちな「author」と「illustrator」の存在ですが、欧米ではこの時期からきちんと教えるということを初めて知りました。読み聞かせの前に、イラストを見ながら、どんなお話が書いてあるのか話し合い。イラスト/写真と自身の知識/経験をリンクさせるための活動です。

そしてこの日読んだのはこちら。

If You Take a Mouse to School (If You Give...)
If You Take a Mouse to School (If You Give...)


Exploration Time
“Open Them, Shut Them.”をもう一度歌い、もう一曲「手」に関する歌を振りを付けて歌いました。



We talked about our hands before. What are some things you can do with your hands? Here’s another song about something you can do with your hands, “If You’re Happy and You Know It.”.Our hands belong to us and only us! Today you will each make a special handprint.

「1日25分おうち英語」の最後はクラフトタイム。Creative Arts「動きを通して自分自身を表現する」というテーマのもと、ハンドプリントをしました。ハンドプリントの下には、ライティング練習を兼ねて、自分の名前を書いて出来上がり。

実際、このクラフトを行うまでにかかった時間は25分。クラフトは20分くらいで合計45分。あっという間の時間でしたが、やはり5分ごとのサイクルで様々なことをやっていくので、内容はとっても濃い印象。なかなか自分1人だと25分間同じことだけをだらだらやることが続いていたので、やはりこういった決められたカリキュラムを元に進めていくのは、とても効率が良く娘も飽きずによくついてきてくれ、ママは大満足の初日でした。

実際、準備にかかる時間はありますが、逆を言うと準備さえきちんと行えれば、後は品を出していき、スクリプト(マニュアル)を必要に応じて少しアレンジするだけなので、案外楽チン。本当にこれを続けることができれば、家での取り組みは上出来だとママは感じています。

さぁ、これから果たしてどれほどやっていけるでしょうか・・・。

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」スタートしました!


ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
 ホームスクールWeek1 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
こんにちは☆
Yuzyママさんらしい取り組みで
とても素敵だな~と思いました。

濃い内容で盛りだくさん!
Yuzyちゃん、楽しく集中して学べそうですね!
Re: こんにちは☆
> ふうみんさん、

お久しぶりです!
コメントありがとうございます。

実際、初めて1週間が経ちましたが、修正点が多くもう四苦八苦です^^;
少しでも楽しくやっていければいいのですが。

ふうみんさん宅のおうち英語は本当に充実されているので、これからもたくさん参考にさせてくださいね。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。