スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
職員会議で見えてきた語学習得への道

今日の職場でのミーティングは、「日本語学科の水準の底上げ」。特に英語圏からの学生の日本語力をどのようにUPさせるか。提案として挙がったのは、日本企業でのインターンシップ。今まで日本企業には、日本人学生しか送り込んでこなかったのを、日本語ノンネイティブも「日本企業へと放り込む」作戦^^驚いたのは、JLPT2級、時には1級を取得している学生でさえ、日本企業は敬遠するということ。語学習得には、その環境へと身を投げ出す自信と勇気が必要だと繰り返し訴えていたのは、6ヶ国語を操る我が上司です^^;

ミーティング終了後、アメリカ人のESL教授とこんな話になりました。「語学と数学は、教える先生がものをいう」。これは、彼が30年間教えてきた経験からの一言。「アメリカ人教授は、専門分野は詳しいけど、教え方を知らないのでは?」と言います。ESLで英語がゼロだった生徒を何人も海外大学院へと送りこんできた彼は、「先生の役目は、生徒と同じ体験をすること。自分も生徒となり、宿題もやり、勉強もする。もちろん、全く同じ立場には立てないけど、生徒を理解しようと努めること。そして、これくらいは分かるだろうなどと、絶対決めつけない。毎日が、初めてスタートした日のように、どんなに簡単な質問でも、100回説明したことでも、初めて説明したときと同じように説明する。

この言葉を聞いたとき、世の中の語学の先生がみんなこんなだったら、生徒側も自信を持って外国語を学んでいくことができるのではないかと思いました。Yuzyをこの先生の元へと送り込めば、彼女の英語力はぐんぐんUP!?

"I'm too expensive for that."(彼女にはボクは高すぎる)と即答でしたが(笑)。

「この前も、教えたでしょ?」

なんて、我が子にもう二度といってはいけないと決心した母です^^;

姉妹ブログ「モンテッソーリな時間」スタートしました!


ご訪問ありがとうございます。良かったら、ポチっとお願いします♩
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
◆ バイリンガル育児 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
"I'm too expensive for that."
はははーお高いんでしょうねー><
それでもこんな先生なら任せてみたい!

語学と数学かぁ・・・。
共に良い出会いがありますように^^
Re: No title
>Carriexxxさん、

ちょっと怖くて具体的な金額提示を求めることはできませんでした(笑)。
でも、任せてみたいですよね^^

語学と数学。
この先生によると、これは「できるかできないか」に分かれるとのことです。
本当に今後出会う先生も含めて、良い出会いに期待したいですよね^^

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。